海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > ロワールにあるウドン市でうどんを食べるイベントが開...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月12日

ロワールにあるウドン市でうどんを食べるイベントが開かれる


ロワールにあるウドン市でうどんを食べるイベントが開かれる

KY1_8611.jpg


9月10日と11日の週末に、フランス西部にあるウドン市で「うどん」を食べるという、語呂合わせ的なイベントが行われました。発案者はJALパック・パリ支店。そこに香川県などが加わり、今回の企画が開かれました。

ウドン市はナントとアンジェという都市の間にある、ロワール川沿いの小さな町です。市内には大きな塔が付属した中世の城「ウドン城」があり、その構内が会場になりました。


KY1_8595.jpg


このウドン市、じつは歴史が古く、古代ケルト人が移住してきた時代までさかのぼれます。周囲には古代ローマ時代に造られた道も残っています。


ウドン市役所によれば、ローマ人による支配の後、ウドンは宗教的に重要な町になったそうです。またロワール川の海運を利用し商業が栄えました。一時、ロワールの各都市はノルマン人(バイキング)の襲撃を受け占領されていましたが、ブルターニュ王アラン1世の孫アラン・バルベトルトにより解放されます。その後、11世紀になって初めてウドンという地名が歴史に現れたということです。


KY1_8649.jpg


イベント会場内にはパリ市内シャンゼリゼ通り近くにある、うどん屋「喜心」がうどんを販売した他、香川県が県の観光ブースを設営したり、地元産品を売る店が並びました。来場者の多くは地元住民ですが、ナントなど近隣の都市に住んでいる日仏ファミリーなども訪れていました。


KY1_8617.jpg


このようなイベントがなければ、おそらく訪れることがなかったウドン市。いざ来てみると、ゆっくりした時間が流れる素敵な場所でした。ナントやアンジェへ行く機会があり、少し時間に余裕があれば、香川県民以外もぜひ立ち寄ってみてください。




【データ】
Château médieval d'oudon(ウドン城)
住所:11 Rue du Pont Levis 44521 Oudon
営業時間:14〜18時(土・日曜は10〜12時30分、14〜18時30分:7月6日〜8月31日は毎日10〜19時)
定休日:無
入場料:7.30ユーロ
最寄り駅:TER Oudon

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2016年9月12日
« 前の記事「紅茶と緑茶の専門店「ルピシア・パリ店」が今年で3周年に」へ
»次の記事「今年は一時テロ騒動も! 9月の風物詩「ヨーロッパ文化遺産の日」」 へ
おすすめ記事
パリ特派員 新着記事
【写真で順に解説】パリ地下鉄、切符の買い方まとめ(タッチパネル式)
全仏像が海外初展示、ギメ東洋美術館で見る「古都奈良の祈り」展【ジャポニスム2018】
もし私がパリのお土産BOXを3000円で作るなら【ギャラリー・ラファイエット編】
Foujitaの各年代作品を一覧できる「藤田嗣治」展がパリ日本文化会館で開催【ジャポニスム2018】
【簡単便利!】パリでの現地通販にAmazonロッカーを使ってみました
2018年大晦日の凱旋門年越しイベントはデモに注意
ベルサイユ宮殿限定コラボグッズを「クール・ド・マルブル」の新ショップで探そう
凱旋門の年越しイベントと大晦日のパリ無料公共交通機関
1年前の同じ月に投稿された記事
今年はどこ行く? 文化施設が無料開放! ヨーロッパ文化遺産の日
海外でも使える国民健康保険! ただし注意も必要
今年一番おいしいパン屋はどこか? 2015年バゲットコンクール

フランス ツアー最安値


2019/1/24更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集