海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 芸術と身近に触れられるということ、パリでニュイ・ブ...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 2日

芸術と身近に触れられるということ、パリでニュイ・ブランシュ開催


芸術と身近に触れられるということ、パリでニュイ・ブランシュ開催

KY1_8834.jpg


今週土曜にパリでニュイ・ブランシュ(白夜祭)と呼ばれるイベントが行われました。2002年に始まった同イベントでは、日没とともに美術館などが一般公開され、市内各所では様々な芸術作品の展示や関連イベントが開催されます。都市と芸術を一体化させ、皆で気軽に芸術を親しもうという催しです。またニュイ・ブランシュに合わせて、市内各所で独自のアートイベントが行われることもあります。


今回は昼間に市内13区で行われたストリート・アートのイベントを、夜はパリ市庁舎、ポンピドゥー・センター、コンシェルジュリーに設けられたニュイ・ブランシュの作品展示を見学してきました。


DSC_2014.jpg


地下鉄ナシオナル駅から徒歩すぐの会場で開かれたZDEYによるインスタレーション。幼稚園の建物がZDEYの世界観に塗られていました。ZDEYのトレードマークとも言える、真っ黒のキャラクターもいます。会場で音楽をかけていたDJのお兄さんもノリノリでした! 


DSC_2023.jpg


パリの南西に位置する13区はストリートアートの中心地です。ストリートアートというと、当局の許可を得ないで描かれた違法なグラフィティを想像しがちですが、13区にある高層マンションの壁面などには、合法的にそれらストリートアートが描かれています。


KY1_8828.jpg


日没後からはニュイ・ブランシュが開始。セーヌ川沿いの道路などは、多くの人で溢れました。パリ市庁舎前広場にはStéphane Thidetのアートワークが、セーヌ川を挟んだシテ島側コンシェルジュリー前にはPierre Delavieの作品が掛かります。市庁舎からほど近いポンピドゥーセンターでは、ビートルズのアルバムジャケットで有名なアビーロードの横断歩道を、Les Nivauxが表現しました。


KY1_8840.jpg


ニュイ・ブランシュもそうですが、パリは生活と芸術の距離が近いです。美術館が無料になる行事も多く、アートと触れたいと思った時に、すぐ手の届くところに作品があります。芸術は衣食住と直結しておらず、私たちが生きていく上で、必ずしも必要なものではありません。無くそうと思えば、すぐ無くなってしまいます。だからこそ古典、現代問わずアートと触れ合いやすくする仕組みを、行政のような大きな機関が積極的に作り出していくことが、より大切になっていくのではないでしょうか。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2016年10月 2日
« 前の記事「今年は一時テロ騒動も! 9月の風物詩「ヨーロッパ文化遺産の日」」へ
»次の記事「フランスで急に歯が痛くなった時の対処法」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    ステラ・マッカートニーさんも来場 ギャラリー・ラファイエットのサステナブル・プロジェクト「Go for Good」
    香取慎吾さんの展覧会がルーブルで開催 内覧会など現地の様子は?
    モンマルトルで体感する日本の生の芸術「アール・ブリュット ジャポネⅡ」展
    エッフェル塔が日本をテーマに 皇太子さまによる点灯式が開催
    【ボザール×ルピシア】ルピシア・パリ店で日仏交流160年記念の限定お茶セットはいかが?
    旅行中にパスポートの盗難・紛失にあったらどうすべきか? 手順と注意点まとめ
    ルーブル美術館に隣接、便利なカルーゼル・デュ・ルーブルの使い方
    パリで話題、街角にある小用専用トイレ「ユリトロトワール」とは?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランス人はお墓参りに何の花をお供えする?
    2015年は10月25日に夏時間から冬時間に変わります
    マドレーヌ寺院の食堂で地元の人とお値打ちランチを
    パリの街を清掃する日本人団体「グリーンバード」
    パリ・ヴォージュ広場で阿波踊りが開催

    フランス ツアー最安値


    2018/9/25更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集