海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > パリ散策ではアラビアン・スイーツも忘れずにチェック...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月25日

パリ散策ではアラビアン・スイーツも忘れずにチェック!


パリ散策ではアラビアン・スイーツも忘れずにチェック!

IMG_5430.jpg


フランスにはさまざま民族・宗教の人が暮らしています。特に大都市であるパリは顕著。アフリカおよび中東との交流の歴史は長く、街中には文化としてそれらの国々の食べ物が溶け込んでいます。なかでも縁が深いのが、アルジェリア、チュニジア、モロッコといった北アフリカにあるイスラム教の国々(通称:マグレブ)です。


これら地域は、かつてフランスの保護国だったこともあり、それら国々にオリジンを持つフランス人は、たくさんいます。ゆえにフランスの中に根付く彼らの文化は、すでにフランス文化の一部となっています。


それらマグレブの文化を手っ取り早く体験できるのが、何と言っても食事! タジンやクスクスといった料理は、日本でもフランス化したマグレブ名物として認知が広がっていますが、スイーツももちろんあります。パティスリー「Laouz」は、そんなアルジェリアン・スイーツを楽しめるお店です。


IMG_5432.jpg

同店は現在、市内に3店舗を展開しており、そのうちの1店舗が市内5区、カルチェ・ラタンにある昔ながらの商店街、ムフタール通りに最近オープンしました。イートインスペースもあり、サロン・ド・テとしても使えます。


マグレブ・スイーツは、フランスの伝統的なものと比べると、大きさは小ぶり。その分、1つあたりの値段も安いため、いくつか種類を選んでお茶に合わせてみましょう。もし初めてマグレブ・スイーツを試すならミントティーをぜひ。ミントティーはマグレブ諸国では定番のお茶です。甘くなった口の中をお茶で爽やかにしてくれます。


IMG_5427.jpg


もしイスラムの文化に興味が湧いたら、サロン・ド・テと一緒に近くにあるモスク「グランド・モスケ・ド・パリ 」を訪れてはいかがでしょうか。このモスクは、第一次大戦のときにフランスのために戦い命を落としたイスラム教徒兵士たちのために、フランス政府などの援助で建てられました。


KY1_8420.jpg


敷地内には礼拝施設のほか、レストランやサロン・ド・テ、ハマム、工芸品店が併設されています(モスクは非イスラム教徒の場合は入館料有り、レストランなどは入場無料)。イスラム教徒でなくても、だれでも利用できます。日本だと、なかなかイスラム文化を体験できる機会はありません。実際に触れてみると、日本でのイメージと異なっていることも多いです。観光客も多く気軽に入れますので、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。良いパリの思い出になるはずです。




【データ】
ラウズ(Laouz)
住所:111 Rue Mouffetard 75005 Paris
営業時間:11〜20時(土・日曜は9時〜)
定休日:月曜
最寄り駅:地下鉄7号線Censier - Daubenton

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術
2017年3月25日
« 前の記事「パリでのインドビザ申請方法」へ
»次の記事「百貨店「ギャラリー・ラファイエット」が期間限定でアフリカに」 へ
パリ特派員 新着記事
コロナ入国待機で公共交通機関使えないので羽田空港まで自転車で行ってみた
ワクチン証明提出で待機10日に短縮、フランスから日本への入国最新レポート【2021年10月9日】
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
1年前の同じ月に投稿された記事
【パリ1日観光】基本の巡り方、これだけ押さえれば間違いなし!
大人も子供も楽しめるパリ国際農業見本市
要チェック! パリ2大アウトレットモールの使い分け方
パリ・リヨン駅で始まった駅弁販売! 現地はこんな感じ

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集