海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 関係者オンリーのカンヌ映画祭を観光客としてどう楽し...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月 3日

関係者オンリーのカンヌ映画祭を観光客としてどう楽しむか?


関係者オンリーのカンヌ映画祭を観光客としてどう楽しむか?

KY1_4953.jpg


5月17日から28日まで、今年も仏南部カンヌ市で世界3大映画祭の1つカンヌ国際映画祭(第70回)が開かれます。同映画祭は、映画関係者およびメディア向けの閉じられたイベントであるため、登録証なしの一般参加はできません。そのため観光客は会場となるパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレには入れませんが、周囲では映画祭に関連した催しも開かれ、映画祭の雰囲気は味わえます。

KY1_4901.jpg


映画祭は初日の夜に行われる開幕式から始まり、2017年のオープニング作品はフランスの映画監督アルノー・デプレシャンの『レ・ファントム・ディスマエル』に決まりました。


カンヌ映画祭で上映される映画は、部門ごとにカテゴリー分けされています。映画祭の中心的存在であり最優秀賞パルムドールを競うのがコンペティション部門です。2017年の審査委員長はスペインの映画監督ペドロ・アルモドバル。日本からは河瀬直美監督の『光』が同部門にノミネートされています。


KY1_4903.jpg


コンペティション部門の他には、ある視点部門(2017年は黒沢清監督『散歩する侵略者』がノミネート)、短編部門(15分以内)、シネフォンダシヨン部門(学生作品)といったカテゴリーがあり、加えてスペシャルスクリーニング(特別招待)やコンペティション外(アウト・オブ・コンペティション)作品などが並びます。つまり、一口に「カンヌ国際映画祭」といってもさまざまな部門に分かれます。映画の興行宣伝で「カンヌ上映作品」という文言が並ぶことがありますが、カンヌ映画祭のどのカテゴリーでの上映かによって、かなり変わってきます。


映画祭の期間中に限らず定番なのが、パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ敷地内にある有名映画監督の手形。そして映画祭期間中は、パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレの隣マセビーチで「シネマ・ドゥ・ラ・プラージュ」が開催されます。毎晩21時から開かれ、座席数の範囲内で誰でも自由に鑑賞可能です。監督や俳優が登壇することもあります。


【2017年上映プログラム】
5月18日:ペドロ・アルモドバル『オール・アバウト・マイ・マザー』
5月19日:アラン・パーカー『ダウンタウン物語』
5月20日:ジョン・バダム『サタデー・ナイト・フィーバー』
5月21日:コンサート(雨天の場合は22日)
5月22日:マイケル・ベイ『バッドボーイズ』
5月23日:コスタ・ガブラス『ミッシング』
5月24日:ヒュー・ハドソン『炎のランナー』
5月25日:シネ・コンサート(トニー・ガトリフ:雨天の場合は26日)
5月26日:アンリ・ベルヌイユ『ダンケルク』
5月27日:ドゥ二・ヴィルヌーブ『Un 32 août sur terre』


一般にアクセスできる範囲でのパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレのレッドカーペット近くは、映画祭が始まる前からイスや脚立などですでに陣取られており、現地数日間の滞在で良い場所を確保することは難しいでしょう。


KY1_4757.jpg


ビーチ沿いには高級ホテルが立ち並んでいます。そこでは映画祭の合間に映画関係者が休憩していることも多いです。ホテル内のカフェなどは誰でも利用できるため、お目当の監督や俳優に偶然会えるかもしれません。また街中ですれ違うことや、映画祭直前および期間中にエールフランスが運行しているパリ・ニース間のフライトにも、有名人が乗っていることは多いです。


KY1_4751.jpg


映画祭の期間中、カンヌ市内のホテルは高騰します(ホテルによりますが通常期の4、5倍の値段)。電車で40分のニースまで行けば値段は落ち着くため、移動が苦ではないならここに宿をとっても良いですし、アンティーブなどニースとカンヌの間にいくつかあるビーチリゾートも、ゆっくり過ごせておすすめです。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2017年5月 3日
« 前の記事「仏大統領選始まる、第1回投票の結果と今後の注意」へ
»次の記事「今週末ついに新大統領決定へ! 街歩きの注意と今までのおさらい」 へ
おすすめ記事
パリ特派員 新着記事
【簡単便利!】パリでの現地通販にAmazonロッカーを使ってみました
2018年大晦日の凱旋門年越しイベントはデモに注意
ベルサイユ宮殿限定コラボグッズを「クール・ド・マルブル」の新ショップで探そう
凱旋門の年越しイベントと大晦日のパリ無料公共交通機関
今年から始まったチュイルリー公園のクリスマスマーケットへ行こう!
「ジャン・ポール・エヴァン」2018年のビュッシュ・ド・ノエルをエヴァンさんに聞く
ギャラリーラファイエットの「グラスウォーク」で巨大クリスマスツリーと一緒に写真を撮ろう
ノートルダム大聖堂前にツリーが立ちました クリスマス当日の大聖堂の様子は?
1年前の同じ月に投稿された記事
サッカー「ユーロ2016」が開幕! スタジアムとテロの危険性
2016年おいしいバゲットを出すパン屋はどこか?
今年も6月にパリで日本の祭り「GRAND MATSURI」が開催へ
シャンゼリゼ、5月から毎月第1日曜が歩行者天国に

フランス ツアー最安値


2019/1/17更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集