海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > フランス旅行のお金の持ち方と効果的な防犯対策

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月26日

フランス旅行のお金の持ち方と効果的な防犯対策


メール プリント もっと見る

フランス旅行のお金の持ち方と効果的な防犯対策

IMG_7504.jpg


フランス旅行に行く際に、現地で使うお金をどのような手段で持っていけばいいのか、迷う人は多いです。そこで今回はフランス(主にパリ)の場合をまとめてみました。


まず町歩きの際のお金は、クレジットカードをメインにして、それを補足する形で現金を持ちましょう。フランスはカード社会で、どの店でもほぼクレジットカードに対応しています。地元の人も皆カードで支払っています。現金を持ち歩かないということで、スリに遭遇した際にも、被害を最小限に抑えられます。カード払いであれば小銭も増えないため、財布もかさばらず便利です。

KY1_2862.jpg


どのカードブランドが使えるのか

フランスでカードブランドとしては、Visa、Masterはどこでも、Amexは時々受け付けていないところあり、JCBも対応範囲は弱め、Dinersはさらに限定的といった感覚でしょうか。VisaかMasterをメインとして1枚、そしてスリにあったり、なくしたときに備えて、他のカードをもう1枚持っていれば大丈夫でしょう。キャッシングに対応しているカードも1枚あると、何かしらの原因で手元の現金がすべてなくなった緊急時に、現地のATMでお金を引き出せます。


レストランは割り勘でもカード払い可

何人かでレストランで食事した際に、それぞれ食べた分の金額で会計したいことがあります。その際は、それぞれの金額を別会計でカード払いにすることができます(フランス人もよくしています)。例えば、4人で合計100ユーロになった食事代があったとして、1人25ユーロずつ、それぞれの4枚のカードで支払うこともできますし、1人は15ユーロ、別の人は30ユーロと、バラバラの金額でカード払いをしつつ、合計100ユーロとして店に渡すこともできます。


どんな時に現金を使うのか

カフェやバーで少額しか頼まないとき(コーヒー1杯など)は、カード払いにできず、店よっては「10ユーロからカード払い可」といったような制限を設けているところがあります。中級以上のホテルに泊まる際も、何か心地よいサービを受けた際に、チップとして渡すための小額紙幣を用意しておいた方が良いです。


一方で、大手スーパーマーケットなどは、1ユーロからでもカード払いが可能です。公共交通機関の券売機での切符の購入も、クレジットカードが使えます。レストランでチップを払いたいと思ったときは、現金以外にも、食事代の金額に上乗せしてカードを切ってもらうことが可能です。


IMG_7497.jpg


日本で現金を両替する際の注意

日本の銀行などで、あらかじめ円からユーロに現金を両替しておく人も多いはずです。その際に注意したいのは、特に街中の小売店の場合は、50ユーロを超える金額のお札(100ユーロ札や200ユーロ札)は、偽札対策もあり受け取らないことがよくあるということ。したがって最大で50ユーロ札でそろえて両替しておけば、現地でスムーズに支払いができます。もし日本の銀行に、どうしても50ユーロだけでは用意できないと言われた際は、最大でも100ユーロにしましょう。


ただし、既述したように街歩きの際にはスリ対策のため、大金は財布に入れず(何か特別、現金を使う予定があるなら別ですが)、そのような金額を超える場合はカード払いとして対応した方が、万が一の時に被害が少額で済みます。実際、私も普段はすべてカード払いですし、財布の現金は、万が一の際に使う際の50ユーロ以下くらいの金額しか入っていません。


IMG_7492.jpg


ATM利用時の注意

キャッシング機能を使い、街中のATMでユーロ紙幣を下ろすこともあると思います。その際には、暗証番号を打つ手を、もう一方の手で隠し、後ろなどからのぞき見されないように対策をしましょう。複数で行動する際は、1人がATMの操作をしている間は、他の人も同じようにATM側を向くのではなく、反対側を向いて(つまり道路側を向いて)、近くにだれか不審な行動をする人がいないか、グループ内の人がATM操作が終わるまで注意しましょう。また銀行が開いている時間であれば、路上のATMではなく、銀行内のATMを使うという手もあります(その際も注意は怠らずに)。


スリ対策は万全に

日本にいると感じませんが、日本人はとても日本人っぽいファッションをしているため、街中では目立ちます。日本人だけでなく、アメリカ人もアメリカ人っぽい格好、といった具合にフランスに住んでいる人かどうかは、服装で判別できることは多いです。お金の持ち方は万が一の際の被害の大きさに直結します。観光客はスリにとって絶好のターゲットですので、念には念を入れて、安全対策は万全にしたいですね。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 お題 生活・習慣・マナー
2017年9月26日
« 前の記事「日本とフランスの時差とサマータイムはこれで大丈夫!」へ
»次の記事「順に解説、エッフェル塔のオンラインチケット購入方法」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    ローコストTGV「Ouigo」の一部がついにパリ市内発着に
    仏国民的歌手ジョニー・アリディさんの大規模追悼がパリで開催
    パリ・ロンドン間を走るユーロスターで海中VR体験をしてみよう
    シャンゼリゼ通りのクリスマス・イルミネーション始まる、今年は異変も
    アドベントカレンダーを買ってクリスマスまでの日数を楽しもう!
    順に解説、パリの新シェアサイクル「ゴービー・バイク」の使い方
    ノートルダム大聖堂で期間限定のプロジェクションマッピングが始まる
    パリの最高級ホテル「ル・ムーリス」で秋田県産品の展示会が開催
    1年前の同じ月に投稿された記事
    今年は一時テロ騒動も! 9月の風物詩「ヨーロッパ文化遺産の日」
    ロワールにあるウドン市でうどんを食べるイベントが開かれる
    紅茶と緑茶の専門店「ルピシア・パリ店」が今年で3周年に
    夏が終わりパリはすでにクリスマス支度へ

    フランス ツアー最安値


    2017/12/15更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省プレスカード所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちらまで。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集