海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 順に解説、パリの新シェアサイクル「ゴービー・バイク...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月14日

順に解説、パリの新シェアサイクル「ゴービー・バイク」の使い方


メール プリント もっと見る

順に解説、パリの新シェアサイクル「ゴービー・バイク」の使い方

IMG_3471.jpg

市民と観光客の足と頻繁に利用されているパリのシェアサイクル「ヴェリブ」。そのシェアサイクル事情に、今年10月から香港の企業によるシェアサイクル「GooBee.Bike(ゴービー・バイク)」 が参入し、パリ市内におけるシェアサイクルの選択肢が増えました。


このシェアサイクルの良いところは、ヴェリブのようにステーション(駐輪場)に返さず、道端に乗り捨て可能できるという点。そのためステーションが満車で、目的地周辺に着いたのに自転車をなかなか返却できないということがありません。また目的地でそのまま乗り捨てできるため、行きたいところまでピンポイントで自転車を使えます。今回はそのゴービー・バイクの使い方を説明していきます。

gobee1.jpg


ゴービー・バイクの利用にはスマホへの専用アプリのダウンロードが必要です。ダウンロードしたらアプリを開きアカウント登録します。アカウントはフェイスブック経由または携帯の電話番号を使っての登録が必要です。フェイスブックのアカウントを持っていない人もいるかもしれないため、今回は電話番号を使って登録してみます。


まず「Continue with phone number(電話番語で登録を続ける)」をタップ。次にログイン画面に変わります。まだアカウントを作っていませんので、画面下部にある「Sign up(登録)」を選びます。


「Phone number(電話番号)」にスマホの電話番号を入れます。「+」と数字があるのは国番号です。日本の携帯電話の番号の場合は「+81」、フランスの場合は「+33」を選びます。他国の携帯番号の場合は、それぞれの国の番号を選びます。その後は電話番号を入れていきます。


例えば「01-2345-6789」という番号があるとします。記載欄にはすでに頭の「0」が記入されていますから、「0」以降の「23456789」を入力します。「Send PIN(PINコードを送る)」をクリックすると、記入した番号宛に数字のPIN(識別)コードが届きます。その数字を「Enter PIN(PINコードを入力)」に入れ、「I have read and accepted the Terms & Conditions......(利用規約に同意する)」の欄にチェックを。「Create Account(アカウントを作る)」を押せば、アカウントが作成されます。


アカウントが作成できログインしたら、まず地図を見てみましょう。パリのどこに自転車が置いてあるか表示されています。ステーションがあるわけではないため、自転車の位置は、時間とともに乗り捨てられた場所で変わります。


gobee3.jpg


レンタルにはまずお金が必要です。「My Wallet(財布)」の欄で、アプリに一定の金額をチャージします。支払いは「My Wallet(財布)」にある「My Payment Methods(支払い方法)」から「Add a new card(新しいカードを加える)」へ行き、そこにクレジットカード情報を登録します。またApple Payなどにも対応しています。


gobee2.jpg


チャージするには、「Top Up Now(今チャージする)」をタップ。次に「Select an amount for riding credit(入金額を選ぶ)」の画面が出てきます。「5ユーロ」「10ユーロ」「20ユーロ」という選択肢から、前払いしたい額を選びます。初回のみ、それら金額に加えてデポジットとして15ユーロが必要となります。つまり「5ユーロ」を選んだ場合、その5ユーロとデポジットの15ユーロで、合計20ユーロかかります。


入金が終われば、いよいよレンタルです。アプリの地図を頼りに最寄りの自転車まで行き、ハンドルまたはサドルの下に付いているQRコードを読み取ります。


IMG_3485.jpg


読み取るにはアプリ地図内の下方にある「Unlock(ロックを外す)」をクリック。カメラをQRコードにかざし、自転車に付いているコードを読み取り、自転車にかけられているロックを外します。上手く読み込めない場合は、「Unlock bike manually(手動でロックを外す)」を選び、QRコード下に書かれている数字を入力します。周囲が暗い場合は「Use Flashlight(フラッシュを使う)」を選ぶと、カメラのフラッシュが作動します。


KY1_3429.jpg


読み込みが終わると自転車自体のロックが解かれ、後輪部分にある鍵を外せるようになります。


IMG_3507.jpg


鍵を外しサドルの高さを調節したら自転車に乗りましょう。現時点の料金は90分で0.50ユーロです。目的地へ付いたら道端へ自転車を駐輪し、自転車の鍵をかければ返却完了。とても便利です。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 交通・鉄道・航空 通信・携帯・インターネット
2017年11月14日
« 前の記事「ノートルダム大聖堂で期間限定のプロジェクションマッピングが始まる」へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    順に解説、パリの新シェアサイクル「ゴービー・バイク」の使い方
    ノートルダム大聖堂で期間限定のプロジェクションマッピングが始まる
    パリの最高級ホテル「ル・ムーリス」で秋田県産品の展示会が開催
    フランス人にみそはどう受けるのか? パリで秋田県イベント
    パリでサロン・デュ・ショコラ2017が開催中!
    順に解説、フランス国鉄(SNCF)オンライン切符購入方法
    パリの主要ターミナル駅、リヨン駅を徹底紹介!
    順に解説、パリ市内公共トイレの全設置場所と使い方まとめ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    買い物と一緒に楽しめる! プランタンのクリスマス装飾
    2016年〜2017年パリのクリスマスマーケット一覧
    冬の風物詩ギャラリー・ラファイエットのクリスマス装飾始まる
    初日は長蛇の列、パリに期間限定のジブリショップが営業中!

    フランス ツアー最安値


    2017/11/20更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省プレスカード所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちらまで。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @disqus_18Vbi7ykrM

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集