海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 今週は雪のパリ、雪の日は仕事を休めるのか? 弁護士...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月 7日

今週は雪のパリ、雪の日は仕事を休めるのか? 弁護士に聞く


今週は雪のパリ、雪の日は仕事を休めるのか? 弁護士に聞く

PYK_0103.jpg


昨日から降り出した雪で、今朝のパリは一面銀世界になりました。パリは東京と同じように一年に数回は雪が降りますが、残ることはなく数日で消えてしまいます。それだけに都市機能は雪に弱く、雪が降ってしまうとバスをはじめ一部公共交通機関が麻痺します。


そこで困る(喜んでいる?)のが職場へ行けない会社員。雪の日のフランスは天気を理由に欠勤する人が多く出ますが、果たして彼らの理由(言い訳)は法的に正しいのでしょうか? 仏パリジャン紙 がこんな記事を出していました。

PYK_0113-thumb-730xauto-331089.jpg


「雪は仕事へ行かない正当な理由になるのか?」

「いいえ、雪は職場に出ない良い理由にはなりません」


仏パリジャン紙上でコメントした弁護士によれば「雇用者は被雇用者の家と職場の道程に責任はなく、そこは被雇用者が手はずを整えるところ。唯一根拠ある欠勤は、病気が理由の場合。天候がどうであれ、被雇用者は職場に出なければならない」と述べます。そして「どうしても差し障りが出るような重大なケースの場合は、処罰の恐れを避けるいくつかのステップを踏むべき」と紙面で忠告します。


PYK_0114.jpg


そのステップとは「欠席または遅れる際は、被雇用者は雇用者に連絡を入れねばならない。雪による交通渋滞、雨氷で駐車場の車が動かないなど、被雇用者はまず上司にできるだけ早く知らせる。これらアドバイスは係争を避けるためのもので、やり取りは証拠として保存するのが良い」だそうです。


PYK_0106.jpg


「何かあったらすぐに連絡」は常識のような気はしますが......。こんな記事が載りつつも、今週のパリは雪を理由にした欠勤が増えそうです。


PYK_0099.jpg

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2018年2月 7日
« 前の記事「セーヌ川の増水と公共交通機関への影響について」へ
»次の記事「パリ市庁舎で浦沢直樹さんの個展が開催中(2018年3月31日まで)」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    キリン「富士山麓」試飲会がギャラリー・ラファイエットで開催 マスターブレンダーの田中城太さんも参加
    パリで「日本映画の100年」スタート 無声映画『雄呂血』上映で弁士・坂本頼光さんらに拍手喝采【ジャポニスム2018】
    10月30日から1カ月間パリのリヨン駅で駅弁を販売へ 試食会に行ってきました【ジャポニスム2018】
    皇室コレクションがパリでお披露目 プティ・パレの「若冲」展【ジャポニスム2018】
    ステラ・マッカートニーさんも来場 ギャラリー・ラファイエットのサステナブル・プロジェクト「Go for Good」
    香取慎吾さんの展覧会がルーブルで開催 内覧会など現地の様子は?【ジャポニスム2018】
    モンマルトルで体感する日本の生の芸術「アール・ブリュット ジャポネⅡ」展【ジャポニスム2018】
    エッフェル塔が日本をテーマに 皇太子さまによる点灯式が開催【ジャポニスム2018】
    1年前の同じ月に投稿された記事
    招かざる客......日本はゴキブリ、パリはネズミ!
    パリの新顔キューブ型チョコレート「CHOCO²」
    リヨン駅とオステルリッツ駅をつなぐ無人バスに乗ろう
    パリのプランタン・メンズ館が大リニューアルオープン

    フランス ツアー最安値


    2018/10/18更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集