海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > モネの庭に睡蓮はいつ咲く? 2018年版ジヴェルニ...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月29日

モネの庭に睡蓮はいつ咲く? 2018年版ジヴェルニー訪問まとめ


モネの庭に睡蓮はいつ咲く? 2018年版ジヴェルニー訪問まとめ

19.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


ジヴェルニーにあるモネの家と庭を目当として、これからの季節にフランスを訪れる人もいるかもしれません。モネの家と庭があるクロード・モネ財団は、2018年は3月28日から10月1日まで開館しており、特に7月前後は庭園の睡蓮の開花シーズンにあたります。これから訪れる睡蓮のシーズンを前に、モネの家と庭を、今年の情報を入れておさらいしてみます。

13.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


ジヴェルニーまでの行き方は、過去の「地球の歩き方」の記事 にもあるように、パリ・サン・ラザール駅がパリの出発点。ルーアン方面の列車に乗りヴェルノン駅で下車。同駅で路線バスに乗り換えジヴェルニーへ向かいます。バス停はヴェルノン駅舎を出て進行方向の右側前方。バスの切符は運転手から直接購入できます。駅前にプチトランも止まっていますので、こちらに乗ってもジヴェルニーまで行けます。


モネの家と庭の入場チケットは現地窓口またはインターネットで購入可能(Digitick/Ticketmaster/Fnac) です。窓口は並んでいることも多いため、訪れることが決まっている人は事前購入が便利です。ちなみにジヴェルニーには、モネの家と庭の他に、ジヴェルニー印象派美術館、聖ラドゴンド教会(奥の墓場にはモネの墓あり)があります。ジヴェルニー印象派美術館 では、2018年7月15日まで「ジャポニスム&印象派」展が開かれています。


さて、チケットを買って中に入ったら、まずショップに出ます。広いスペースに土産物がたくさん積んでありますが、じつはここ、モネの代表作『睡蓮』の大アトリエだった場所。このショップを抜けると、お待ちかねの庭が広がっています。


1.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


庭を少し歩くと、さっそく見えてくるのがモネの家。各部屋はパステルカラーで明るく塗られ、セザンヌ、ルノワールなどモネの友人たちの絵画や、浮世絵のコレクションが壁にかけられています。今は博物館として使われるモネの家ですが、耳を澄ますと当時の生活の音が聞こえてくるようです。


28.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


35.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


モネの家の前にはクロ・ノルマンディー(ノルマンディーの囲い庭)が広がります。クロード・モネ財団の公式サイトによれば、ジヴェルニーに移り住んだモネは、カラフルな夢の庭を実現するため、クロ・ノルマンディーの手入れを決して止めなかったそうです。元から植わっていたツゲと、妻アリスともめながらもトウヒを切り、現在のような金属製のアーチをすえました。


12.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


クロ・ノルマンディーを抜けた後、道路下を潜る地下道を通って、いよいよ睡蓮がある水の庭に達します。庭にある池と周囲を流れる小川は、エプト川の支流リュ川から水を引き込んだもの。池に浮かぶ橋は、クロード・モネ財団の公式サイトによれば、おそらくモネは浮世絵からヒントを得て日本風の橋を作ったのではないか、とのことです。


25.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


24.jpg

Fondation Claude Monet, Giverny / Droits réservés


モネの庭自体は、王侯貴族の城のように広くはありません。しかし、ふとベンチに腰掛けて見渡せば、庭の細部がさまざまな表情を訪問者に与え、その懐の広さを知らせてくれます。


日本でモネの作品を鑑賞したときは、どこか遠い作品のように感じてしまう人も多いかもしれません。日本にいれば日本らしい緑と陽の光があるように、フランスにいればフランスらしい明るさがこの庭に降り注いでいます。この庭で足を止めて花々を眺めていると、モネの作品ははるか遠いところからひねり出されたものではなく、この場所で描かれるべくして描かれたのだと実感できるはずです。


【データ】
Fondation Claude Monet(クロード・モネ財団)
住所:84 rue Claude Monet 27620 Giverny
営業時間:9時30分〜18時
定休日:無
最寄り駅:SNCF Gare de Vernon - Giverny


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年5月29日
« 前の記事「普段のパリを感じられる、ベルシー公園から国立図書館までを散策してみよう」へ
»次の記事「予約必須、スマホで押さえるノートルダム大聖堂の塔の登り方まとめ」 へ
おすすめ記事
パリ特派員 新着記事
パリのマレ地区にフランス国立美術館のグッズが集まった公式ショップが期間限定で営業中
パリに新潟・三条の高級箸「MARUNAO PARIS」オープン、こだわりの木工カトラリーがずらり
パリの百貨店、プランタンのクリスマス装飾スタート 2019年のゲストはキアラ・フェラーニさん
パリで犯罪に合わないために実践したい対策と行動10項目【スリ防止】
パリでサロン・デュ・ショコラ始まる フィリップ・コンティチー二など見所いっぱい
ダビンチ特別展がパリのルーブル美術館で開催中、必須のオンライン予約方法まとめ【順に解説】
トップフレンチと日本酒を楽しめる店、獺祭ジョエル・ロブションで「獺祭の会」開かれる
パリのエッフェル塔でキンコン西野亮廣さんの「光る絵本展」が開催
1年前の同じ月に投稿された記事
第70回カンヌ国際映画祭が開幕、盛り上がる現地とその規模は?
新大統領はマクロン氏に! ルーブル前で集会が開かれた理由
今週末ついに新大統領決定へ! 街歩きの注意と今までのおさらい
関係者オンリーのカンヌ映画祭を観光客としてどう楽しむか?

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集