海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > パリで話題、街角にある小用専用トイレ「ユリトロトワ...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月30日

パリで話題、街角にある小用専用トイレ「ユリトロトワール」とは?


パリで話題、街角にある小用専用トイレ「ユリトロトワール」とは?

Uritrottoir rue de la Blèterie.jpg

(c) Faltazi


パリの街中には無料で使える全自動洗浄機能付きのトイレ「サニゼット」がありますが(使い方は以前のブログで紹介 しました)、最近は少し変わったタイプのトイレも広がっています。男性向けの小用に特化したユリトロトワールです。

scheme04.jpg

(c) Faltazi


ボックス側面に出っ張っているU字型の部分が便器になっており、立って用を足します。小便はボックス内の乾燥素材に吸収されて処理。中の乾燥素材は定期的に交換されます。乾燥素材はそのまま捨てるのではなく、1年ほど置いて堆肥にされ、上部にある花壇の土壌として戻されます。ユリトロトワールのカタログによると、乾燥素材の交換頻度はユリトロトワールの型と容量により135〜270回に1回だそうです。


IMG_7121.jpg

(c) Faltazi


ユリトロトワールの優れているところは、設置に際して水回りの工事がいらないところ。パリは歴史的な街並みが広がり、社会インフラも昔の規格のまま。最新のものに作りかえられないところは多いです。ユリトロトワールなら、今までトイレを作りたかったけれどスペースや配管の問題で作れなかったところにも、簡単に置くことができます。


uritrottoir02.jpg

(c) FALTAZI


パリは週末の夜にもなると、気軽に使えるトイレの少なさも手伝って、結構な頻度で立ちションをしている男性(時には座りションをしている女性も)がいます。ユリトロトワールは、そういう立ちション公害への対策にもなります。ユリトロトワールを販売するFaltazi社の担当者に問い合わせたところ、「本当にトイレが少ないパリで、ユリトロトワールはそれらトイレを補うためのもの」と説明してくれました。


そして排泄物が、堆肥として上部にある花壇の肥料に変わることも、1つの循環型システムを形成できています。


scheme03.jpg

(c) Faltazi


一方で、シンプルな構造ゆえに目隠しも何もなく、用を足しているところが丸わかりということが、ユリトロトワールに対して批判的な反応にもつながりました。今夏、パリ中心部の高級住宅地サンルイ島の路上に、分かりやすく置かれたユリトロトワールは、住民からの不満が出ました(反発を受けすでに移動)。ユリトロトワールの担当者は「残念ながら、この実験的設置は結果的に論争になり、賢明な選択ではなかった」と言います。


ただし、このように行政がユリトロトワールを分かりやすく設置したことは、本来の使い方ではなかったようです。ユリトロトワールの担当者によると「ユリトロトワールは夜中の立ちションと戦うために着想されたもの。いつも汚れている場所や目につきにくい場所に、動かしやすく、隠して設置しやすい製品」だそうです。


Uritrottoir rue Montaudouine.jpg

(c) Faltazi


実際、私もユリトロトワールを使ってみたのですが、人目が気にならないなら大丈夫かな、という感じでしょうか。ユリトロトワールの担当者も「ユリトロトワールは、広場の中央や人通りが多い通りに置くことを想定しておらず、そのようなところに置いてしまったら、恥ずかしさの問題はある」と述べています。


加えて、今回の設置論争から発展したもので、男性のトイレ対策にはなるけれど、ユリトロトワールは女性のトイレ対策の解消には貢献していないという意見もありました。


IMG_6933.jpg

(c) Faltazi


ユリトロトワールは現在パリに数カ所設置されています。緊急の場合に備えて、こういう形のトイレがあるということも覚えておいてもいいかもしれませんね。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院 見所・観光・定番スポット
2018年8月30日
« 前の記事「フランスのご当地キャラ、アステリックスの世界に浸れる遊園地「パルク・アステリックス」へ行こう」へ
»次の記事「ルーブル美術館に隣接、便利なカルーゼル・デュ・ルーブルの使い方」 へ
パリ特派員 新着記事
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
ワクチン接種証明提出で日本入国後の待機日数が14日間から10日間へ緩和【2021年10月1日〜】
10月に日仏郵便局のコラボ切手が発売、グレンダイザー限定切手も仏で同時リリース【日本郵便×ラ・ポスト】
1年前の同じ月に投稿された記事
ギャラリー・ラファイエットで「iceRoll」のポップアップストアが期間限定オープン中
パリ名門美術学校とコラボ、ルピシアから発売される限定デザインのお茶
スーパー好きは要チェック! Franprixの新コンセプトショップ「Franprix Noé」

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集