海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 日本茶カクテルとフレンチの可能性 ミクソロジストと...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月23日

日本茶カクテルとフレンチの可能性 ミクソロジストと星付きシェフを招いたイベントがパリで開催【ジャポニスム2018】


日本茶カクテルとフレンチの可能性 ミクソロジストと星付きシェフを招いたイベントがパリで開催【ジャポニスム...

IMG_1737.jpg


2019年2月まで、フランスにおいて日仏友好160年を記念した「ジャポニスム 2018:響きあう魂」が行われています。パリを中心としたフランス国内でさまざまな日本イベントが行われ、伝統文化からポップカルチャーまで、日本を知るきっかけにあふれています。


その一環の公式企画「日本の食と文化を学ぶ」シリーズとして、日本茶の持つ魅力と可能性をフランスにおいてより広く深く知ってもらうことを目的とした「日本茶レクチャー・ペアリング試飲会」が、11月19日にパリの料理学校コルドンブルーで開かれました。

IMG_1740.jpg


今回の日本茶レクチャー・ペアリング試飲会では2部構成で行われました。第1部は「日本茶大使によるレクチャーと試飲」、第2部は「日本茶カクテルとフランス料理のペアリング」です。


第1部を担当したのが、フランスで日本茶の普及活動を精力的に行っている、日本茶大使である飯森リカさん。お茶の歴史や種類と試飲を合わせて、お茶というものを総合的に理解します。煎茶、番茶、玉露、抹茶の違いなど、日本茶の基礎となる講義の他に、「茶」は英語では「Tea(ティー)」、フランス語では「Thé(テ)」ですが、どういう経緯でその呼ばれているのかという豆知識も教えてもらいました。


IMG_1736.jpg


「茶」の語源は中国の広東語「チャ」と福建語「テー」だそうで、広東語経由で広がった地域が「チャ」をベースとした呼び方で、福建語経由で広がった地域が「テー」をベースとした呼び方になったそうです! お茶に詳しい人なら当然の知識なのかもしれませんが、私は知らなかったため目から鱗が落ちました。


ちなみにヨーロッパは概ね福建を経由して海路でお茶が広がったため、概ね「ティー(英語)」「テ(フランス語)」「テ(イタリア語)」「テ(スペイン語)」になっていますが、ポルトガルだけは「シャ」。それはポルトガルは植民地をマカオ(広東)を経由してお茶が運ばれたため、広東語系の呼び方なんだそうです! いろいろとつながっているんですね。


IMG_1735.jpg


お茶の基礎を理解したら、第2部では日本茶の可能性を探るべく、日本茶カクテルとフランス料理のペアリングを試しました。4杯のカクテルと3皿のコースです。カクテルを担当するがスピリッツ&シェアリング株式会社の代表取締役社長を務める南雲主于三さん。料理を担当するのがレストランESのシェフである本城昂結稀さんと、同店でシェフパティシエを任されている井高真理子さんです。


IMG_1771.jpg


南雲さんは日本で今注目されているミクソロジスト(さまざまな食材を混ぜてオリジナルカクテルを作り出す人)。自身のイマジネーションを具現化したカクテルを提供するバーも、東京でいくつか経営しています。本城さんが営むレストランESは、パリ市内7区にあり、開業1年目にしてミシュラン一つ星に輝いたお店。それぞれの世界で先頭集団を走る方々のコラボで出されるメニューが、おいしくないわけがありません。


IMG_1770.jpg


まず食前酒として出された煎茶と玉露のカクテル「Beyond the Nature」。水出しで甘みを出した煎茶をベースに、煎茶をジンに漬け込み煎茶の味にボリュームを、玉露をベルモットに漬け込みフルーティーさを加えたそうです。大葉を青さのアクセントに、香り付けにレモンを用いています。


IMG_1747.jpg


特に印象的だったのが、グラスから香る超熟のコニャック。コニャックを少量だけグラスに注ぎスワリングすることで、グラスに香りが閉じ込められているそうです。そしてグラスを鼻腔に近づけた途端、コニャックの芳醇な香りがふわりと漂い、その後にカクテル自体の香りがやってくるという、緻密な計算に基づいて作られています。


2杯目の煎茶のカクテル「Sencha Gin Tonic」は、煎茶を漬け込んだジン(ビーフイーター)をトニックウォーターで割ったもの。煎茶のカテキン(渋み)とテアニン(うま味)が、ユズのピールと大葉にバランス良く合ったカクテルです。料理はホタテのカルパッチョとウニ、ベルガモット、シソです。ウニとホタテの甘さ、そして少しの塩気をカクテルがさわやかに包んでくれます。ジンの銘柄によって味わいが変わってくるそうで、南雲さんによると、ぴったりの相性を探すのもこのカクテルの楽しみとのことでした。


IMG_1761.jpg


3杯目はほうじ茶のカクテル「Resonance」。深煎りのほうじ茶に30年熟成のシェリー、ベリーフレーバーのあるベトナムのカカオニブを漬け込み、ポートワインを少量加えてあります。40年熟成のコニャック、ダニエルブージュ トヴューで事前にグラスをスワリングし、果物香とランシオ香をグラスに閉じ込めてあるそうです。そこに静かにカクテルを注ぐことで、カクテル本来の香りが分けられ重層的なカクテルになるといいます。


合わせた料理はリドヴォー(仔牛の胸腺肉)のソテー、シャントレル(ホウキタケ)、ジロール(アンズタケ)、キノコのエマルジョン。ほうじ茶系は料理に合わせやすいそうで、カカオの香ばしさとキノコの森の風味がとても合い、キノコのエマルジョンとからめられたリードボーが溶け合います。


IMG_E1767.jpg


4杯目はデザートです。ココナッツのエスプーマ(泡状ムース)とココナッツのクリーム、パッチョンフルーツのシャーベットとジュレ(ゼリー)、マンゴーとマスカルポーネのクリーム、カカオのシュトロイゼル(そぼろ状のトッピング)に、抹茶のカクテル「Nouvelle Vague」を合わせました。


抹茶はデザートとの相性がとても良く、チョコレートやミルクなどと合わせることが多いそうですが、今回はパッションフルーツとのペアリングを楽しみました。南雲さんによれば、抹茶が持っている可能性は大きく、果物と抹茶の組み合わせが新しい波になればとの思いからカクテルを「Nouvelle Vague」と名付けています。バニラをアクセントに、甘みとココナッツウォーターのさっぱりした味わいが共存し合い、料理と喧嘩しません。


IMG_E1776.jpg


南雲さんは2年前からお茶の新しい価値観に注目しており、お茶の新しい面を伝えられればといいます。ティーペアリングは年々知られてきていて、日本茶に限らず、中国茶などは魚介との相性が良いそうです。日本茶の場合も、煎茶、ほうじ茶、抹茶という、それぞれの3種類の特徴を生かして料理にも合わせられます。


日本茶のフランスへの輸出も年々増加しています。昨年の輸出量は前年比で60%増を記録しました。これから、ますますフランス国内で注目度が上がっていきそうですね。


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術
2018年11月23日
« 前の記事「『ファンタビ2』舞台はパリ! ギャラリー・ラファイエットにハリポタ公式ショップがオープン」へ
»次の記事「SPAC「マハーバーラタ」パリ公演から感じる静岡県の芸術文化にかける意気込み【ジャポニスム2018】」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    ノートルダム大聖堂前にツリーが立ちました クリスマス当日の大聖堂の様子は?
    2018年末のシャンゼリゼ通りの様子と「黄色いベスト」デモの影響
    都市「東京」はどのように創作物と影響しあってきたのか パリで「MANGA⇔TOKYO」展スタート【ジャポニスム2018】
    SPAC「マハーバーラタ」パリ公演から感じる静岡県の芸術文化にかける意気込み【ジャポニスム2018】
    日本茶カクテルとフレンチの可能性 ミクソロジストと星付きシェフを招いたイベントがパリで開催【ジャポニスム2018】
    『ファンタビ2』舞台はパリ! ギャラリー・ラファイエットにハリポタ公式ショップがオープン
    ギャラリー・ラファエット&プランタン パリ2大百貨店の2018年クリスマスシーズン始まる
    華やかなアールヌーボーの世界 リュクサンブール美術館の「アルフォンス・ミュシャ」展
    1年前の同じ月に投稿された記事
    パリ・ロンドン間を走るユーロスターで海中VR体験をしてみよう
    シャンゼリゼ通りのクリスマス・イルミネーション始まる、今年は異変も
    アドベントカレンダーを買ってクリスマスまでの日数を楽しもう!
    順に解説、パリの新シェアサイクル「ゴービー・バイク」の使い方
    ノートルダム大聖堂で期間限定のプロジェクションマッピングが始まる
    パリの最高級ホテル「ル・ムーリス」で秋田県産品の展示会が開催

    フランス ツアー最安値


    2018/12/9更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集