海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 都市「東京」はどのように創作物と影響しあってきたの...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月29日

都市「東京」はどのように創作物と影響しあってきたのか パリで「MANGA⇔TOKYO」展スタート【ジャポニスム2018】


都市「東京」はどのように創作物と影響しあってきたのか パリで「MANGA⇔TOKYO」展スタート【ジャポ...

IMG_1907.jpg


パリ市内ラ・ヴィレットにあるグランダールで、11月29日から12月30日まで「MANGA⇔TOKYO」展が開かれています。日本の漫画、アニメ、ゲーム、特撮作品において、東京はさまざまなイマジネーションを膨らませる源泉でした。それら「東京」と作品について関係を、重層的に展示したのが同企画展です。また「聖地巡礼」など、アニメやゲームを観光資源とするツーリズムの可能性についても焦点を当てています。


初日前日に報道関係者向けに観覧日が設けられたので行ってみました。

KriefMangaTokyoP-009.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


同展に入ると、まず東京の大きなジオラマが出迎えてくれます。東京というという都市は、さまざまな創作の中で多様な形で舞台になりました。時には怪獣によって大規模に壊され、時には市井の何気ない一コマや恋愛の舞台になりました。


KriefMangaTokyoP-002.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


順路に沿って歩いていくと、まずは「破壊と復興の反復」をテーマにしたギャラリーが現れます。日本列島という地理的環境、木造をベースとした建築など、東京という都市は自然災害または戦争をはじめとした人災ではとても壊れやすく、また何度も再生してきた都市でした。『ゴジラ』や『AKIRA』をはじめとした創作物の中でも同様です。それら現実およびフィクション両方において「破壊と復興の反復」に関連した作品が紹介されています。


KriefMangaTokyoP-019.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


KriefMangaTokyoP-028.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


次の「東京の日常」のギャラリーでは、破壊と復興の間に息づく、東京の人々の生活をテーマにした作品が、江戸時代から現代まで、順を追って紹介されています。『さくらん』『がんばれゴエモン』『るろうに剣心』『サクラ大戦』『シティーハンター』『セーラームーン』『君の名は。』など、その当時または過去の社会背景をヒントにした創作物を展示。現実の都市とその歴史が、フィクションの源になっていることを説明しています。


KriefMangaTokyoP-033.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


KriefMangaTokyoP-034.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


KriefMangaTokyoP-026.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


多くの作品に登場してきた東京タワーの模型も展示されています。


KriefMangaTokyoP-021.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


最後の「キャラクターvs.都市」のテーマでは、現実の都市空間に存在するキャラクターに焦点を当てています。商品やサービスの販売促進、企業・公共機関・自治体のマスコットなどを紹介。そして一部地域と関連付けられることにより、観光資源になっているケースも解説しています。コーワの「ケロちゃん」、佐藤製薬の「サトちゃん」から始まり、ボーカル音源のキャラクター「初音ミク」、メディア上のアイドル『ラブライブ!』などがあります。


KriefMangaTokyoP-039.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


KriefMangaTokyoP-018.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette

KriefMangaTokyoP-016.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


コンビニの展示もありますし、特に私が驚いたのはJRの車内を模したVRの列車。座席に座って車窓から外の景色を眺めていると、本当に都内にいるようです。


KriefMangaTokyoP-014.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


KriefMangaTokyoP-038.jpg

copyright : Nicolas Krief La Villette


「MANGA⇔TOKYO」展は、東京という現実および歴史がどのように創作物と重なり、相互に影響し合ってきたかを順を追って理解できます。かゆいところにも手が届くような展開で各展示がされており、今回の記事で紹介したのは、ほんの一部。大人も子どもも、それぞれの視点で楽しめる企画展です。



【データ】
Grande Halle de La Villette(ラ・ヴィレット グランダール)
住所:Parc de la Villette - 211 avenue Jean Jaurès 75019 Paris
開館時間:10〜19時(金・土曜は〜20時)
休み:無休
最寄り駅:地下鉄5号線Porte de Pantin


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2018年11月29日
« 前の記事「SPAC「マハーバーラタ」パリ公演から感じる静岡県の芸術文化にかける意気込み【ジャポニスム2018】」へ
»次の記事「2018年末のシャンゼリゼ通りの様子と「黄色いベスト」デモの影響」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    ノートルダム大聖堂前にツリーが立ちました クリスマス当日の大聖堂の様子は?
    2018年末のシャンゼリゼ通りの様子と「黄色いベスト」デモの影響
    都市「東京」はどのように創作物と影響しあってきたのか パリで「MANGA⇔TOKYO」展スタート【ジャポニスム2018】
    SPAC「マハーバーラタ」パリ公演から感じる静岡県の芸術文化にかける意気込み【ジャポニスム2018】
    日本茶カクテルとフレンチの可能性 ミクソロジストと星付きシェフを招いたイベントがパリで開催【ジャポニスム2018】
    『ファンタビ2』舞台はパリ! ギャラリー・ラファイエットにハリポタ公式ショップがオープン
    ギャラリー・ラファエット&プランタン パリ2大百貨店の2018年クリスマスシーズン始まる
    華やかなアールヌーボーの世界 リュクサンブール美術館の「アルフォンス・ミュシャ」展
    1年前の同じ月に投稿された記事
    パリ・ロンドン間を走るユーロスターで海中VR体験をしてみよう
    シャンゼリゼ通りのクリスマス・イルミネーション始まる、今年は異変も
    アドベントカレンダーを買ってクリスマスまでの日数を楽しもう!
    順に解説、パリの新シェアサイクル「ゴービー・バイク」の使い方
    ノートルダム大聖堂で期間限定のプロジェクションマッピングが始まる
    パリの最高級ホテル「ル・ムーリス」で秋田県産品の展示会が開催

    フランス ツアー最安値


    2018/12/10更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集