海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > もし私がパリのお土産BOXを3000円で作るなら【...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月21日

もし私がパリのお土産BOXを3000円で作るなら【ギャラリー・ラファイエット編】


もし私がパリのお土産BOXを3000円で作るなら【ギャラリー・ラファイエット編】

PYK_7800.jpg


海外旅行のお土産って、いざ探すと何かを買っていいか迷いますよね。以前自分が買って使ったもの、食べたものであれあば想像できますが、初めて触れるものばかりだと、荷物と予算に制限があるなか「果たしてこれを選択肢に入れるべきなのだろうか」と考えてしまいます。


そこで「もし私がパリのお土産BOXを3000円で作るなら」というテーマで、お土産を選んでみました。3000円はこの記事を書いている時点の為替で25ユーロくらい。そこで約25ユーロ分を「義理のバラマキ土産ではなく、3000円分を1つのセットとして仲の良い友達に買っていく」という形です。


今回お土産を選ぶ場所はギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店。同店の担当者さんに「お土産を25ユーロ分買いたいんですけど......」と頼んでアドバイスをもらいつつ、店内を探してみました(同じようにプランタン・オスマン本店で探した記事はこちら )。

Facade_HSM_International_La Parisienne_2018_HD.jpg


■少し贅沢なお茶の時間を過ごしたい人向け


マグカップとお茶とチョコレートのセットです。これ一つでお茶の時間が完結します。


・ラ・ココット・パリのマグカップ:12.90ユーロ
・ル・ショコラ・アラン・デュカスのタブレット(フランス限定フレーバー):10ユーロ
・レ・ドゥ・マルモットのハーブティー:4.90ユーロ


合計:27.80ユーロ


PYK_7788.jpg


PYK_7823.jpg


PYK_7831.jpg


予算をさらに超えてしまいますが、お茶を定番ブランドのマリアージュ・フレールやダマン・フレールにしてもいいかもしれませんね。ラ・ココット・パリのマグカップは、こちらも予算が膨らみますがマリー・アントワネットがデザインされたもの(14.90ユーロ)もあります。


■お菓子の詰め合わせ


フランスにはおいしいスイーツがいっぱいあります。そこで甘いものを中心にピックアップしてみました。


・ヴァローナのアーモンドチョコレート3種類セット:14.30ユーロ
・ショコラ・デ・フランセのタブレット(小):3ユーロ
・塩バターキャラメル:3.40ユーロ
・クレマン・フォジエのマロンクリーム:2.60ユーロ
・アニス・ド・フラヴィニーのキャンディー:2.60ユーロ


合計:25.90ユーロ


PYK_7813.jpg


PYK_7817.jpg


PYK_7819.jpg


PYK_7834.jpg


PYK_7836.jpg


■フランスっぽさ全開の組み合わせ


とにかく「典型的なフランス」というのが好きな人向け。どれも定番商品です。


・『星の王子さま』マグカップ:11.90ユーロ
・フランス柄のマルセイユ石けん:12.90ユーロ
・エッフェル塔キーホルダー:1ユーロ


合計25.80ユーロ


PYK_7803.jpg


PYK_7807.jpg


PYK_7810.jpg


エッフェル塔のキーホルダーには、イニシャルで選べるアルファベット付きのもの(4.90ユーロ)もあり、旅行者に人気があるそうです。エッフェル塔のみのキーホルダーをこちらに代えても良いですね。


PYK_7811.jpg


少しコンセプトから外れますが、塩もフランスらしい商品です。ゲランドの塩が有名ですが、フランス西部の島、ノーワール・ムーティエの塩(4.50ユーロ)は穴場でおすすめですよ。


PYK_7827.jpg


■1点だけでを約25ユーロで選ぶと......


他には、1点だけで約25ユーロの商品を紹介します。


まずラ・ココット・パリのエスプレッソカップとお皿。コーヒー好きの人に喜ばれるはずです。ラ・ココット・パリは小物入れ用のバッグ(25.90ユーロ)や、トートバッグ(25.90ユーロ)も25ユーロ前後であります。


PYK_7794.jpg


PYK_7787.jpg


まだ日本で知られていないパリっぽいお土産だと、BIRDIEのトートバッグ(25ユーロ)や小物入れ(15ユーロ)はどうでしょうか。BIRDIEは2人のフランス人クリエーターによって立ち上げられたブランドです。


PYK_7796.jpg


最後に豆知識。ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店では本館6階の土産物売り場で買った商品なら、免税対象品として衣類などと合算できます。グルメ館の方が食品の品数は豊富ですが、こちらは衣類などと合算できません。もし本館6階にも同じ商品があるなら、本館で買って免税手続きをした方がお得です。


【データ】
Galeries Lafayette Paris Haussmann(ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店)
住所:40 Boulevard Haussmann 75009 Paris
営業時間(本館・紳士館):9時〜20時30分(日曜は11〜20時)
営業時間(グルメ・メゾン館):8時30分〜21時30分(日曜は11〜20時)
定休日:無休
最寄り駅:地下鉄7、9号線Chaussée d'Antin La Fayette


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2019年1月21日
« 前の記事「Foujitaの各年代作品を一覧できる「藤田嗣治」展がパリ日本文化会館で開催【ジャポニスム2018】」へ
»次の記事「全仏像が海外初展示、ギメ東洋美術館で見る「古都奈良の祈り」展【ジャポニスム2018】」 へ
パリ特派員 新着記事
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
ワクチン接種証明提出で日本入国後の待機日数が14日間から10日間へ緩和【2021年10月1日〜】
10月に日仏郵便局のコラボ切手が発売、グレンダイザー限定切手も仏で同時リリース【日本郵便×ラ・ポスト】
1年前の同じ月に投稿された記事
セーヌ川の増水と公共交通機関への影響について
パリにいたら参加したい2018年前半の注目イベント
食材セレクトショップ「ラ・メゾン・プリソン」でこだわりの産品を探そう
フランスの美味を集めたプランタンの食品館「プランタン・デュ・グー」がオープン

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集