海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 百貨店裏側の歴史遺産を探検できるプランタン店内ガイ...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月30日

百貨店裏側の歴史遺産を探検できるプランタン店内ガイドツアーが楽しい


百貨店裏側の歴史遺産を探検できるプランタン店内ガイドツアーが楽しい

PYK_7886.jpg


歴史建造物が多く残るパリ。外側は古くても一歩建物内に入ると、現代的に改装されている建物は多いです。パリを代表する百貨店プランタン・オスマン本店もその一つ。外観はアール・デコの装飾が施された昔ながらの建物ですが、内部はとてもモダンです。


ただそのプランタン、お客さんが立ち入れない扉の向こう側には、昔の遺構が残っています。それら歴史遺産を見学できるガイドツアーが始まりました。ツアー開始に先立ち、現地報道陣向けに体験ツアーと取材の機会をいただいたので、行ってきました。

PYK_7891.jpg


当日はまずプランタン・メンズ館の地上階で待ち合わせ。1865年に創業者ジュール・ジャリュゾにより始まったプランタンの成り立ちの説明を受けます。現在メンズ館として使われている建物が、オスマン本店の最初の建物です。


PYK_7896.jpg


解説を一通り受けた後は、エレベーターで最上階プランタン・デュ・グーがある8階まで登ります。屋上はレストランとテラスがあり、エッフェル塔やマドレーヌ寺院、凱旋門の頭などを見渡せるパリの絶景スポットです。


PYK_7883.jpg


プランタン・メンズ館として使われている建物は、じつは1881年に火事に見舞われました。その再建を任されたのが、鉄骨とガラスを用いたアバンギャルドの建築家ポール・セディーユでした。当時鉄骨は、ギュスターブ・エッフェルが先鞭をつけたように、石造り変わるものとして建築素材に使われ始めていました。


内装も時代と共に、百貨店はその時の流行を取り入れていきます。その一つが電気でした。プランタン・オスマン本店はパリで一番最初に電灯を導入した店です。現在、メンズ館地下1階に入るレストラン「Bellota-Bellota」がある場所に、かつての電気設備がありました。


PYK_7898.jpg


売り場の奥、普段はお客さんが入れない百貨店の奥に広がる地下通路も見学できます。通路の分かれ道には、迷わないよう表示が描かれています。現在のものもありますし、昔に描かれた表示もあります。さらに、ここから地下水路に降りる道もあるそうですが、残念ながら見学はできません。


PYK_7903.jpg


プランタンを立ち上げたジャリュゾでしたが、巨額の投資していた砂糖産業が不況になり、プランタンを後継のギュスターブ・ラギオニに渡します。ラギオニは店舗の拡大を決め、現在メンズ館の横の本館として使われている建物を建築家ジョルジュ・ウイボを用いて建てました。本館の建物で注目してほしいのが、オスマン通りに面したロトンド(円柱の建物)に飾られた4体の女性像。それぞれの出で立ちが四季を表しています。


IMG_3523.jpg


本館に進みます。入口部分(係員が荷物チェックをしている場所)は、現在立ち入りはできませんが、階段が螺旋状に階上へ伸びています。床はプランタンのシンボルである花模様のモザイクです。


PYK_7907.jpg


PYK_7906.jpg


4本あるロトンドですが、天井にもモザイク画が描かれています。それらは現在、6階のウェディングドレス売り場やヘアサロンから眺めることができます。


PYK_7909.jpg


ハイライトは同じく本館6階にあるクーポール(丸天井)。天井を彩るアール・デコ様式のステンドグラスは1911年にガラス職人ブリエールによって作られました。


PYK_7911.jpg


じつはこのステンドグラス、1944年に空襲による被害を避けるため、取り外され一時倉庫に保管されました。その際に、ステンドグラスをバラして、再設置するための目印として書き込まれた数字が今も残ります。ツアーではそれも確認できます。


PYK_7917.jpg


現在ステンドグラスは、人工的に照明を当てることによって昼夜、輝きを楽しめるようになりました。クーポールの下はレストランですので、食事もできます。


IMG_3533.jpg


という感じで、ざっとプランタンの裏側を紹介してみました。


見学ツアーはプランタンと提携する歴史遺産ツアーを専門とする会社Cultival により2月2日からスタート。英語やフランス語など各国語で催行されます。もちろん、これらブログに上げた他にも見所はあり。ショッピングだけではない歴史的建造物としてのプランタンを楽しんでみてください。


【データ】
Printemps Paris Haussmann(プランタン・オスマン本店)
住所:64 boulevard Haussmann 75009 Paris
営業時間:9時30分〜20時(日曜は11〜19時)
定休日:無休
最寄り駅:地下鉄3、9号線Havre - Caumartin


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2019年1月30日
« 前の記事「パリ13区の区役所で開かれたクマのぬいぐるみパーティーに行ってきました」へ
»次の記事「『おおかみこどもの雨と雪』パリ上映に細田守監督が登壇、ファンと交流楽しむ【ジャポニスム2018】」 へ
パリ特派員 新着記事
コロナ入国待機で公共交通機関使えないので羽田空港まで自転車で行ってみた
ワクチン証明提出で待機10日に短縮、フランスから日本への入国最新レポート【2021年10月9日】
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
1年前の同じ月に投稿された記事
セーヌ川の増水と公共交通機関への影響について
パリにいたら参加したい2018年前半の注目イベント
食材セレクトショップ「ラ・メゾン・プリソン」でこだわりの産品を探そう
フランスの美味を集めたプランタンの食品館「プランタン・デュ・グー」がオープン

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集