海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 『おおかみこどもの雨と雪』パリ上映に細田守監督が登...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月20日

『おおかみこどもの雨と雪』パリ上映に細田守監督が登壇、ファンと交流楽しむ【ジャポニスム2018】


『おおかみこどもの雨と雪』パリ上映に細田守監督が登壇、ファンと交流楽しむ【ジャポニスム2018】

PYK_8058.jpg


今月のパリは多くの日本の映画関係者が、日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の映画イベント「日本映画の100年」を飾るべく来仏しています。「日本映画の100年」とは、日仏の専門家が共同で119本を選び、1920年代から2018年までの日本映画の100年を巡る企画です。初日は戦前の無声映画『雄呂血』 で幕開けし、現在は第2部-Ⅱ「日本映画再発見 知られざる傑作映画特集」と第3部「現代監督特集」が開かれています。


そのような中、2月12日にはアニメ『おおかみこどもの雨と雪』がパリ日本文化会館で上映され、同作品でメガホンを取った細田守監督がアフタートークに登壇しました。

PYK_8012.jpg


『おおかみこどもの雨と雪』は2012年に公開されたアニメ映画です。「おおかみおとこ」と出会った19歳の女子大学生"花"は、おおかみおとこと恋に落ち、その後二人の間に"雪"と"雨"という二人の「おおかみこども」が誕生します。その、おおかみおとことの恋、そして人間とおおかみおとこの「ハーフ」である雪と雨の母親になった花、そして子どもたちの自立を描いた物語です。


じつは私、この作品がとても苦手です。特に映画館など、公共の場所で見るのがつらいです。苦手というのは、素晴らしい作品であるため私自身の感情にとても訴えかけてきて、できることなら誰にも邪魔されず一人で鑑賞したいからです。


人間とおおかみという二つの世界で揺れる、おおかみおとこと花、子どもたち。私見ですが「人間」と「おおかみ」二つの世界は、そのまま今私が住むフランスと日本ということにも投影できます。また私が今まで取材でお話をうかがう機会のあった、両親それぞれが違った文化背景を持つ子どもたち、またはそういう環境で子育てをしてきた親たちにも置き換えられます。彼ら、彼女らがどんなことを考え、悩んできたか、作品を見ながら私の心に押し寄せてきます。


多文化間での結婚・子育てという形だけでなく、同じ国や文化圏であったとしても、相容れない壁を感じるような集団、状況はいくらでも存在します。画面内で葛藤する花やおおかみおとこ、そして子どもたちの状況が、それらと重なり合り、どうしても感情が高ぶってしまいます。


それくらい私にとっては苦手な(好きな)作品なのですが、映画本編だけでなく細田監督によるアフタートークも大いに盛り上がりました。


PYK_8025.jpg


観客からは、なぜ細田作品はファンタジーを用いたり、動物などが登場するのかという質問が飛びました。それに対して細田監督は「人間のことを描くときに、超自然的なことを挟むことによって、人間の皮がむけて本質が見えてくる。だからファンタジーを通して描いている」と言います。


また物語の中で、雨と雪が自分の将来をそれぞれ選択するシーンがあります(同作における、とても素晴らしい描写部分の一つです)。これに対しては「選択を悩む瞬間というのが人生にはある。人生で立ち止まる瞬間で自分とは何かということが見えてくる。選んだ方向によって、自分はこいうことだと分かることがある」と細田監督は観客に伝えました。


PYK_8001.jpg


細田監督のアフタートークが行われたこの日は、平日夜にも関わらず多くの人が会場であるパリ日本文化会館を訪れて、細田監督との対話を楽しみました。こういう制作者とファンが身近に交流できるイベントがたくさん行われていることが、まさに今回の「ジャポニスム2018」の良いところです。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2019年2月20日
« 前の記事「百貨店裏側の歴史遺産を探検できるプランタン店内ガイドツアーが楽しい」へ
»次の記事「『シン・ゴジラ』樋口真嗣監督のパリ上映トークに会場沸く【ジャポニスム2018】」 へ
おすすめ記事
パリ特派員 新着記事
9月13日にパリで大規模スト 地下鉄10路線が終日運休しバスなども減便へ
パリのポンピドゥー・センターのショップがリニューアル 美術館限定グッズを探そう
パリから列車で1時間 シャルトルにあるSNS映えスポット「ピカシェットの家」
ナヴィゴ併用でのパリ・シャルトル間の移動方法【パリから日帰り圏内】
シャルトル大聖堂でお坊さんが読経を披露、桜井市との友好都市で真言宗の僧侶ら
パリの新スポット「パリ解放博物館」でレジスタンス運動と地下施設を見学しよう
アンジェリーナのモンブラン付き!ギャラリー・ラファイエットの新ショッピングサービスがお得
第二次大戦「パリの解放」75年記念パレードが8月25日に開催される
1年前の同じ月に投稿された記事
とにかく楽しい体験型のパリ「国際農業見本市」へ行こう
長大なパレードが市内を進む、パリ中華街で祝う春節
パリ市庁舎で浦沢直樹さんの個展が開催中(2018年3月31日まで)
今週は雪のパリ、雪の日は仕事を休めるのか? 弁護士に聞く

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集