海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > パリから鉄道で最速30分以内、日帰りできるチーズの...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月20日

パリから鉄道で最速30分以内、日帰りできるチーズの町「モー」


パリから鉄道で最速30分以内、日帰りできるチーズの町「モー」

IMG_4327.jpg


フランスのチーズに少し詳しい人なら「ブリー・ド・モー」というチーズをご存知かもしれません。「ブリー」というのは表面が真っ白になっている白カビのチーズの種類で、「モー」というのが地名。つまりブリー・ド・モーは「モー」の「ブリー」チーズという意味です。


チーズの産地というと、パリから遠い山の方といったようなイメージをぼんやりと持っている人もいるかもしれませんが、モーの町はパリを含むイル・ド・フランス地域圏にあります。パリ東駅からだとノンストップでモーまで行く列車で30分以内、各駅停車でも40分以内で到着します。そのモーの町へ行ってきました。

IMG_4309.jpg


モーへ行くのにパリ側で起点になるのがパリ東駅です。ここからパリ市内と郊外をつなぐトランシリアンP線(Transilien P)に乗ります。 P線はパリ東駅から主にパリ郊外東側に伸びている路線です。モーへ行くためにはシャトー・ティエリ(Château Thierry)行きに乗ります。


シャトー・ティエリの途中にあるモー(Meaux)までしか行かない便もあり、こちらは「Meaux」と表示されているので分かりやすいです。とにかく、どちらかに乗りましょう。各駅停車だとパリ東駅からモーは5駅目です。


IMG_4311.jpg


モーの駅に着いたら、まずモーの市場地区に向かってみます。まず駅前の道を直進すると蛇行するマルヌ川にぶつかります。ここで大きめの橋が1本かかっていますが、その橋を渡らず(渡っても着きますが、スマホの地図アプリなどがなく、分かりやすく行きたいなら渡らず)川沿いに東(つまり進行方向はずっと真っ直ぐ)に進むとマルシェ橋(Pont du Marché)が右手に見えます。


IMG_4312.jpg


マルシェ橋を通り川を渡って対岸に行くとモーの市場地区に着きます。モー市の公式サイト によれば、マルシェは土曜の1日中開いていると書かれています。しかし午後過ぎになると、ほぼ後片付けに入りますので、可能であれば午前を目安に訪れることをおすすめします。


市場地区とマルヌ川を挟んで逆側(つまりマルシェ橋を渡る前の対岸の地区)には13〜14世紀のサン・ティティエンヌ大聖堂とル・ノートルが設計した旧司教館庭園があります。大聖堂は駅からも見えるため、それを目印に進めば着きます。


IMG_4314.jpg


モーへ行ったら、せっかくだからブリー・ド・モーのチーズを買いたいという人も多いはず。手軽に買えるのがサン・ティティエンヌ大聖堂に隣接する観光局内のショップです。ここでは冷蔵庫内にすでに小分けされたブリー・ド・モーが売られています。


モー市内のチーズ屋でも買うことができます。教会近くから東に伸びるモーの目抜き通りであるジェネラル・ルクレール通りを下っていくと、通りの東端近くにチーズ専門店「La fromagère 」(日本語に訳すと、そのまま「チーズ屋」)があります。


IMG_4325.jpg


ここだと、ほしい分量(グラム)を伝えて切り売りしてもらえます。どれくらいの重さでどれくらいの大きさのチーズ片になるのか分からない場合は、「これくらい」と手でチーズの円周の目安を伝えれば、その大きさに切ってくれます。


町中にマルシェが立っている場合は、そこで買ってもいいですね。


IMG_4327.jpg


モーには地ビールの醸造所「ブラッスリー・ド・モー(Brasserie de Meaux) 」もあります。ビールは観光局のショップにも置いてありますし、上記のチーズ屋にも売っています。ホテルに帰って、ビールを飲みながらチーズをつまんでも良いかもしれませんね。


さて、市場、大聖堂、庭園、チーズ、地ビールと、いろいろと紹介してきましたが、それら含めて、もしかしたら「モーはパリ近郊のスポットでは上位に入る観光地なのでは! 」と感じる人も多いかもしれません。モーは歴史ある町ではあるのですが、よくあるパリ郊外の雰囲気(大都市近郊の町にありがちな少し雰囲気が擦れて重い感じ)が漂っていますし、チーズに興味がある人以外は必ず訪れたい場所(例えば、街並みが感動するほどきれい、など)ではありません。


総括すると、ベルサイユなどパリ近郊の日帰り有名スポットをすべて訪れて、ちょっと変わった場所に行ってみたいという人向けの町です。


IMG_4322.jpg


【データ】
Cathédrale Saint-Etienne - Meaux(サン・ティティエンヌ大聖堂)
住所:Rue Saint-Etienne 77100 Meaux
時間:9〜12時、14〜18時(10〜3月は10時〜、〜17時)
定休日:無
入場料:無
最寄り駅:Gare de Meaux


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2019年3月20日
« 前の記事「パリ百貨店食品館「プランタン・デュ・グー」が今月1周年、特別イベントと限定商品も」へ
»次の記事「【Printemps×Louis Vuitton】パリのプランタンにヴィトン専用フロアが5月5日まで限定...」 へ
パリ特派員 新着記事
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
ワクチン接種証明提出で日本入国後の待機日数が14日間から10日間へ緩和【2021年10月1日〜】
10月に日仏郵便局のコラボ切手が発売、グレンダイザー限定切手も仏で同時リリース【日本郵便×ラ・ポスト】
1年前の同じ月に投稿された記事
4〜6月に行われる仏国鉄SNCF大規模ストライキの詳細まとめ
パリ郊外ラ・デファンスのショッピングモール「レ・キャトル・タン」で福島PRイベントが開催
いつもと違うお土産に春限定のイースターチョコレートを探そう
日本の実験的音楽&アートを紹介するイベント「Japan Tribute」がパリで開催

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集