海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 美術館フォンダシオン ルイ・ヴィトンが英国所蔵作品...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月27日

美術館フォンダシオン ルイ・ヴィトンが英国所蔵作品を中心とした印象派展を開催中


美術館フォンダシオン ルイ・ヴィトンが英国所蔵作品を中心とした印象派展を開催中

Vue_dinstallation_de_lexposition_La_Collection_Cou.jpg

Vue d'installation de l'exposition La Collection Courtauld : le parti de impressionnisme, du 20 février au 17 juin 2019, à la Fondation Louis Vuitton. © Fondation Louis Vuitton / Marc Domage


パリ西部にある美術館フォンダシオン ルイ・ヴィトンでは、イギリス人実業家サミュエル・コートールド(1876-1947)が収集したコレクションを展示する企画展「コートールド・ギャラリーコレクション 印象派への視点」が2019年6月17日まで開かれています。コートールドはエッセクス州で絹織物業を営んでいた人物で、コートールド美術研究所やコートールド美術館の設立に尽力するなど美術にとても造詣の深い人物でした。


今回の展示では19世紀終わりから20世紀初頭の画家であるマネ、スーラ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンなど110点が展示されています。ロンドンのコートールド美術館が改修工事に入ったため、その期間を利用しての企画展になりました。同美術館から約60点を迎え、加えて国内外の公立および私立美術館の作品を加え展示されています。

Edouard_Manet_Un_bar_aux_Folies-Bergre_1882__The_Courtauld_Gallery_London_Samuel_Courtauld_Trust.jpg

Edouard Manet. Un bar aux Folies-Bergère, 1882. © The Courtauld Gallery, London (Samuel Courtauld Trust)


会場に入るとまず出迎えてくれるのがマネの「フォリー・ベルジェール劇場のバー」。有名ですので詳細は知らなくてもどこか写真で見たことがある人も多いかもしれません。他にはマネの「草上の昼食」など。


douard_Manet_Le_Djeuner_sur_lherbe_vers_1863__The_Courtauld_Gallery_London_Samuel_Courtauld_Trust.jpg

Édouard Manet. Le Déjeuner sur l'herbe, vers 1863. © The Courtauld Gallery, London (Samuel Courtauld Trust)


ゴッホの「耳を切った自画像」「糸杉のある小麦畑」「カード遊びをする人々」も目を引きます。


Vincent_van_Gogh_Autoportrait__loreille_bande_1889__The_Courtauld_Gallery_London_Samuel_Courtauld_Trust.jpg


Vincent van Gogh. Autoportrait à l'oreille bandée, 1889. © The Courtauld Gallery, London (Samuel Courtauld Trust)


Vincent_van_Gogh_Champ_de_bl_avec_des_cyprs_1889__.jpg

Vincent van Gogh. Champ de blé avec des cyprès, 1889. © Acquis grâce au Courtauld Fund, 1923 The National Gallery, London Photo : © The National Gallery, London


モネの『サン・ラザール駅』やピサロの「ロードシップ・レイン駅、ダリッジ」も。


Claude_Monet_La_Gare_Saint-Lazare_1877__The_National_Gallery_London_Achat_1982_Photo__The_National_Gallery_London.jpg

Claude Monet. La Gare Saint-Lazare, 1877. © The National Gallery, London, Achat 1982 Photo: © The National Gallery, London


印象派が好きな人は十分に楽しめますし、「印象派はよく知らない」という人には鑑賞の入口として、とても充実した企画展になっています。なお同館では、現代アートの特別展「ザ・コレクション 絵画への視点 新たなセレクション 」も今年8月26日まで行われています。


Exposition_La_Collection_Courtauld__le_parti_de_im.jpg

Exposition La Collection Courtauld : le parti de impressionnisme, du 20 février au 17 juin 2019, à la Fondation Louis Vuitton. © Fondation Louis Vuitton / Jean Picon / SAYWHO


【データ】
Fondation Louis Vuitton(フォンダシオン ルイ・ヴィトン)
住所:8 Avenue du Mahatma Gandhi 75116 Paris
電話:01 40 69 96 00
営業時間:11時〜20時(金曜は〜21時、毎月第一金曜〜23時、土・日曜は10時〜)、スクールホリデー期間中は10~20時 (毎月第一金曜は~23時)で休館日なし
定休日:火曜
最寄り駅:地下鉄1号線Les Sablons
料金:一般16ユーロ


「コートールド・ギャラリーコレクション 印象派への視点」
会期:2019年2月20日~6月17日


「ザ・コレクション 絵画への視点 新たなセレクション」
会期:2019年2月20日~8月26日


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2019年3月27日
« 前の記事「シャルル・ド・ゴール空港中央部のホテルエリア「ロワシーポール」はどんなところ?」へ
»次の記事「草間彌生などフォンダシオン ルイ・ヴィトンが提案する「ザ・コレクション 絵画への視点 新たなセレクション...」 へ
パリ特派員 新着記事
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
ワクチン接種証明提出で日本入国後の待機日数が14日間から10日間へ緩和【2021年10月1日〜】
10月に日仏郵便局のコラボ切手が発売、グレンダイザー限定切手も仏で同時リリース【日本郵便×ラ・ポスト】
パリ含む首都圏などでショッピングモール入場の衛生パス提示が不要に【2021年9月8日〜】
1年前の同じ月に投稿された記事
4〜6月に行われる仏国鉄SNCF大規模ストライキの詳細まとめ
パリ郊外ラ・デファンスのショッピングモール「レ・キャトル・タン」で福島PRイベントが開催
いつもと違うお土産に春限定のイースターチョコレートを探そう
日本の実験的音楽&アートを紹介するイベント「Japan Tribute」がパリで開催

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集