海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > シャンゼリゼの新ランドマーク「ギャラリー・ラファイ...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月14日

シャンゼリゼの新ランドマーク「ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店」は最新のコンセプトでいっぱい!


シャンゼリゼの新ランドマーク「ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店」は最新のコンセプトでいっぱい!

Galeries Lafayette Champs-Elysées - Façade_1 (c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti - avril 2019.jpg

(c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti


パリを代表する通りといえばシャンゼリゼ通り。凱旋門があるエトワール広場からコンコルド広場につながる通りは、いつも多くの観光客であふれています。そのシャンゼリゼ通りに3月28日、ギャラリー・ラファイエットが地上2階、地下1階の店舗として新しく開店しました。


先日同店を訪れて、館内を巡ってみました。

Galeries Lafayette Champs-Elysées - tunnel d'entrée - (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


今回ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店としてオープンしたのは、1930年代に建てられたアール・デコ建築。これをデンマークの建築家ビャルケ・インゲルス(ビャルケ・インゲルス・グループ:BIG)が担当し21世紀の百貨店として改装されました。


まず特徴的なのが入口です。シャンゼリゼの喧騒から入口のトンネルをくぐると、地上階中央のアトリウムへ到達します。そこから1階へはアール・デコの大階段が続きます。大階段は以前からの構造の踏襲です。また今回の改装において、BIGはファサードやガラスドームなどアール・デコの構造を存分に活かしています。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Escalier Art Déco (c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti - avril 2019.jpg

(c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti


2階から1階へ下る階段は、前方に大きなガラス窓が広がり、シャンゼリゼ通りの活気と自然光を大きく館内へ取り込んでいます。その先には館内カフェ「Citron」が浮かぶようにシャンゼリゼ通りに面しています。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Escalier Podium (c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti - avril 2019.jpg

(c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti


館内の調度品についてもすべてBIGによるデザインです。例えば、中央アトリウムを囲むように設置されたリング。商品棚と建物に統一感を出させています。ビャルケ・インゲルスにとってギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店は初めて小売店を扱ったプロジェクトになりました。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Boîtes de verre - mars 2019 (c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti.jpg

(c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti


それでは館内を順に紹介してきましょう。


地下1階はフードコートが入っています。ル・ショコラ・アラン・デュカス、ピエール・マルコリーニ、ストレー、ア・ラ・メール・ド・ファミーユ、カスピア・デリ、ル・コントワール・ベロ、リトル・ジアオ、リビエラといった店舗がそろいます。中央にはテーブルが設置され、イートインスペースが設けられています。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Food Court_1 (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


地上階はウェルカムスペースとしての役割と共に、奥に化粧品や香水などのフロアを併設しています。オープン時の現在はシャネルのプレゼンテーションで飾られています。


1階は新進のブランドやデザイナーを扱ったフロアです。レザーグッズやアクセサリー、スニーカー、デニムなどのコーナーもあり、一部に上述したカフェ「Citron」があります。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Mode_1 (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Sneakers (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


2階はラグジュアリーブランドがそろいました。他ではなかなか見つけることができないデザイナー物も並びます。よりハイブランドのレザーグッズ、ジュエリー、靴などを取り扱います。50席あるレストラン「Oursin」は今年7月に今後オープン予定です。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Soulier_1 (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


シャンゼリゼという場所柄、価格帯は高めのハイブランドを中心にそろえており、陳列の仕方も従来の百貨店と異なり、よりセレクトショップをイメージした店内になっています。


【データ】
Galeries Lafayette Champs Elysées(ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店)
住所:60 avenue des Champs-Elysées 75008 Paris
営業時間:10時30分〜24時(日曜は〜21時)
定休日:無
最寄り駅:地下鉄1、9号線Franklin D. Roosevelt


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2019年4月14日
« 前の記事「各国のビールが集まるパリのビールイベント「Planète Bière」へ行ってみた」へ
»次の記事「ノートルダム大聖堂で火災、呆然と立ちすくむパリ市民の前で尖塔焼け落ちる」 へ
おすすめ記事
パリ特派員 新着記事
ゴッホの名画を光と音のデジタルアートで鑑賞できるアトリエ・デ・ルミエール『Van Gogh, la nuit étoilée』
パリ日本文化会館内に店を構える「おにぎりバー」の絶品おにぎり
スターシェフの料理を手軽に楽しめるパリの美食イベント「テイスト・オブ・パリ」
パリのプランタンで自分だけの限定ウェディングドレスを購入してみよう
今年のカンヌ国際映画祭はどんな様子だったのか?現地の様子をちらりと紹介
フランスのビール「1664」期間限定バーが今年も営業中
カンヌにお坊さん歩く 富田克也監督『典座 -TENZO-』上演
IKEAがパリ中心部に出店 フランス限定コラボグッズも販売
1年前の同じ月に投稿された記事
少し知識でフランス旅行の楽しさ倍増、ギャラリー・ラファイエットのチーズ&ワイン講座
パリでインスタ映えする景色はココ! オペラ地区のおすすめスポット3選
【2018年4〜6月スト】仏ベルギー・オランダ・ドイツ間タリスへの影響と、返金および予約変更の仕方まとめ
【2018年4〜6月スト】仏英間ユーロスターへの影響と返金および予約変更の仕方まとめ
天気が良い日は押さえたい、パリど真ん中BHVのルーフトップバー「ル・ペルショワール・マレ」
気軽にパリコレ気分、ギャラリー・ラファイエットのファッションショーは誰でも参加が可能
おやつも食事もOK、 パリでフランス人が作る「たい焼き」を食べよう!
最新情報片手にパリ散策を!地球の歩き方MOOK『パリ ランキング&マル得テクニック』

[an error occurred while processing this directive]

フランス ツアー最安値


2019/6/18更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集