海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 【期間限定】巨大トランポリンで遊べるパリのギャラリ...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月19日

【期間限定】巨大トランポリンで遊べるパリのギャラリー・ラファイエットがとにかく楽しい


【期間限定】巨大トランポリンで遊べるパリのギャラリー・ラファイエットがとにかく楽しい

PBL_1659.jpg


デパートなのに買い物せずに帰ってしまいそう。それくらい楽しいのがパリの百貨店ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店で今春行われているイベント「FUNORAMA(フノラマ)」です。


以前の記事「館内が丸ごとエンタメ施設!今春のギャラリー・ラファイエットで楽しめるイベント5選」 で概要は一度お伝えしているのですが、フノラマの第2期「タイム2(4月8日〜5月26日)」がスタートしたので、館内エンタメを存分に体験してきました。

gl garden 15 avril 2019 castex cedric-6.jpg


クーポール直下のトランポリン「フナレア」


特に注目なのが本館クーポール(丸天井)下に、中に浮くように設置されたトランポリンのような「Funaréa(フナレア)」です。最初にこの企画を同店の担当者から聞いた時は「これを企画した人すごいですね!」と思いました。発想はとても斬新。しかも無料です。(体験時間は月〜土曜10〜20時、日曜11時30分〜19時30分)


PBL_1646.jpg


私も実際に体験してみると、すごく楽しい。豪奢な装飾に飾られた歴史的建造物の中で今までにない体験ができます。楽し過ぎるので、年甲斐もなく調子に乗って飛び跳ねてしまったのですが、そうしたらクラクラと酔って少し気持ち悪くなってしまいました。でも子供だったらもっと楽しめるはずです。


300㎡の館内緑地スペース「ル・ジャルダン」


飛び跳ねると疲れますよね。その際は同じく本館2階に期間限定(4月15日〜28日)で開いている庭園「ル・ジャルダン」にて休憩はいかがでしょうか。広さが300㎡ある緑地スペースを館内に設けています。


gl garden 15 avril 2019 castex cedric-8.jpg


フランスはもうすぐイースター(復活祭)の時期ですが、4月20日(土)と21日(日)には各所に隠された卵を探す復活祭恒例イベント、エッグハントも行われます。そしてエッグハントも参加無料です(要予約・限定25人・3〜10歳対象・保護者の同伴必要)。太っ腹。


gl garden 15 avril 2019 castex cedric-5.jpg


有料ですが(しかし5ユーロです)、鯉のぼり作り体験やイースターエッグのペインティング体験など、子供向け講座も開かれます。大人向けとしては、ガラス容器の中を観葉植物や苔を使って園芸するテラリウム作り体験(こちらも5ユーロ)ができます。


gl garden 15 avril 2019 castex cedric-4.jpg


エッグハントや各種体験講座は、ギャラリー・ラファイエットの公式サイト から申し込めます(申し込みページはフランス語のみ)。


ギャラリー・ラファイエット限定イースターチョコ


甘党の人にとってイースターといったら、チョコレートでしょう。グルメ館ではギャラリー・ラファイエット限定販売のイースターチョコレートもあります。


1555675274.jpg


■クリストフル X ピエール・エルメ
フランスを代表するパティスリー「ピエール・エルメ」が、これまたフランスを代表するカトラリーメーカー「クリストフル」とコラボした商品です。クリストフルには卵型ケースの中に銀のカトラリーが納まっているMOOD(ムード)という商品があるのですが、そこからインスピレーションを受けたチョコレートです。食用の銀箔に包まれた中には、ミニサイズの卵形チョコが入っています。


■ル・ショコラ・アラン・デュカス
ろくろを回した作ったような鐘の形をしたチョコレートの中に、魚の形をしたプラリネが入っています。チョコレートはブラックチョコレートとミルクチョコレートがあります。


1555611310.jpg


■ヤン・クヴルー
人気パティスリー「ヤン・クヴルー」は完全に独自路線です。同メゾンのアイコンであるキツネをモチーフに、チョコレートではなくケーキで提案しています。ベースににアーモンドミルクのシロップを使い、アマレット(杏のリキュール)で香り付けされたローストアーモンドの粉砕して、それで黄金色を出しています。そしてガナッシュとフルール・ド・セル(大粒の天日塩)をたっぷりと使い、ブラックチョコレートでグラサージュ。ココアをまぶしました。


■レクレール・ドゥ・ジェニー
こちらも変化球。サボテン型です。手作りグルノーラチョコ、シュトロイゼルのベースに、ホワイトチョコレートあるいはミルクチョコレートで作られたサボテンを乗せました。そこにヘーゼルナッツスプレッドを加えています。


■ジャン=ポール・エヴァン
イースター定番の雌鶏をモチーフにしています。草の上に腰を下ろす雌鶏の中には、ラックチョコレートやホワイトチョコレートの魚、アーモンド、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、クルミ、ヘーゼルナッツ、ジャンドゥーヤといった風味のプラリネが詰まっています。


1555611359.jpg


■ピエール・マルコリーニ
イラストのようにデザインされたウサギが帽子から顔をのぞかせている、かわいらしい形。カメルーン産とエクアドル産のカカオ豆をベースに、ホワイトチョコレートを使っています。


■ボワシエ
こちらも定番の卵型チョコレートですが、卵の造形がレース構成されたようになっています。ボワシエは1827年創業の老舗ショコラトリー。馴染みの形を菓子職人の技術で洗練させています。


■キャラメル・パリ
オレンジやクランベリーのコンフィ、キャラメリゼされたピーカンナッツ、グリルしたヘーゼルナッツまたはアーモンド(あるいはその両方)、カボチャの種などを入れ込みました。ブラックチョコレート66%、ミルクチョコレート38%、ブロンドチョコレート(ヴァローナ)の3種類が用意されています。


【データ】
Galeries Lafayette Paris Haussmann(ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店)
住所:40 Boulevard Haussmann 75009 Paris
営業時間(本館・紳士館):9時〜20時30分(日曜は11〜20時)
営業時間(グルメ・メゾン館):8時30分〜21時30分(日曜は11〜20時)
定休日:1月1日、5月1日、12月25日
最寄り駅:地下鉄7、9号線Chaussée d'Antin La Fayette


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2019年4月19日
« 前の記事「ノートルダム大聖堂修復のための現時点の募金と注意点」へ
»次の記事「パリで大津絵の海外最大規模の展覧会がスタート ピカソ旧蔵品も」 へ
おすすめ記事
パリ特派員 新着記事
ギャラリー・ラファイエットの巨大ワインコーナーでテイスティング教室を楽しもう【読者割引あり】
パリミュージアムパス所持者向けルーブル美術館のオンライン時間指定方法【順に解説】
テディベアが暮らすパリ13区のゴブラン通りへ行ってみよう
今夏パリの食品館プランタン・デュ・グーでのお支払いはJCBカードがお得!
手軽に観戦できるツール・ド・フランスをパリ市内で応援
今年もパリプラージュ始まる 水着でセーヌ川をバカンス気分
フランスの新フレグランス「Hermetica」と「Floraïku」をプレゼンテーションで試してみた
パリ熱波で42.6度に 70年ぶり最高気温の記録を更新
1年前の同じ月に投稿された記事
少し知識でフランス旅行の楽しさ倍増、ギャラリー・ラファイエットのチーズ&ワイン講座
パリでインスタ映えする景色はココ! オペラ地区のおすすめスポット3選
【2018年4〜6月スト】仏ベルギー・オランダ・ドイツ間タリスへの影響と、返金および予約変更の仕方まとめ
【2018年4〜6月スト】仏英間ユーロスターへの影響と返金および予約変更の仕方まとめ
天気が良い日は押さえたい、パリど真ん中BHVのルーフトップバー「ル・ペルショワール・マレ」
気軽にパリコレ気分、ギャラリー・ラファイエットのファッションショーは誰でも参加が可能
おやつも食事もOK、 パリでフランス人が作る「たい焼き」を食べよう!
最新情報片手にパリ散策を!地球の歩き方MOOK『パリ ランキング&マル得テクニック』

[an error occurred while processing this directive]

フランス ツアー最安値


2019/8/24更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集