海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > ノートルダム大聖堂で火災、呆然と立ちすくむパリ市民...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月16日

ノートルダム大聖堂で火災、呆然と立ちすくむパリ市民の前で尖塔焼け落ちる


ノートルダム大聖堂で火災、呆然と立ちすくむパリ市民の前で尖塔焼け落ちる

KY1_4156.jpg


4月15日夕方、パリ市内ノートルダム大聖堂で火災が発生しました。


現地時間18時50分に火災が発生し、このブログを書いている22時現在でもノートルダム大聖堂は火に包まれ燃え続けています。ノートルダム大聖堂の尖塔はすでに焼け落ちました。また22時現在で仏France24は、火の拡大を止められるか分からないと報じています。


現時点での原因は不明ですが、火災が起きた現場近くは足場が組まれ修復工事が進められていました。

PYK_1184.jpg


警察によりシテ島内へ向かう道路は封鎖され、シテ島の周囲は焼け落ちるノートルダム大聖堂を呆然と見つめるパリ市民で囲まれています。私が居合わせた場所では、皆言葉を発することもなく、なす術もなくただ焼け落ちていくノートルダム大聖堂をパリ市民は見つめています。


PYK_1165.jpg


スマホのカメラで様子を撮影する人はいますが、誰しもというわけではありません。皆一様に黙り込み聖堂を見つめ、ただ警察のサイレンが流れています。不条理とただ時間のみが過ぎ去っていくようです。


PYK_1144.jpg


ノートルダム大聖堂はフランスを代表するゴシック建築の建物で、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。ノートルダム大聖堂があるシテ島はパリ発祥の地。そこに鎮座し街の歴史を見守ってきた大聖堂は、パリにとってのまさに聖母のような存在です。


じつは私自身もノートルダム大聖堂の近くに住んでおり、ことあるごとに前広場は通っています。特に晴れた深夜に大聖堂の前を通って家に帰る際の、人がまばらな広場から眺める大聖堂の美しさがとても好きでした。本当に悲しい出来事です......。


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 文化・芸術・美術 治安・渡航安全情報 見所・観光・定番スポット
2019年4月16日
« 前の記事「シャンゼリゼの新ランドマーク「ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店」は最新のコンセプトでいっぱい!」へ
»次の記事「ノートルダム大聖堂修復のための現時点の募金と注意点」 へ
おすすめ記事
パリ特派員 新着記事
カンヌにお坊さん歩く 富田克也監督『典座 -TENZO-』上演
IKEAがパリ中心部に出店 フランス限定コラボグッズも販売
映画・大仏廻国 幻の特撮映画の現代リメイク版がパリなどヨーロッパで上映
パリにEATALYオープン!本場のイタリアにもっとも近づけるショップ&レストラン
パリで大津絵の海外最大規模の展覧会がスタート ピカソ旧蔵品も
【期間限定】巨大トランポリンで遊べるパリのギャラリー・ラファイエットがとにかく楽しい
ノートルダム大聖堂修復のための現時点の募金と注意点
ノートルダム大聖堂で火災、呆然と立ちすくむパリ市民の前で尖塔焼け落ちる
1年前の同じ月に投稿された記事
少し知識でフランス旅行の楽しさ倍増、ギャラリー・ラファイエットのチーズ&ワイン講座
パリでインスタ映えする景色はココ! オペラ地区のおすすめスポット3選
【2018年4〜6月スト】仏ベルギー・オランダ・ドイツ間タリスへの影響と、返金および予約変更の仕方まとめ
【2018年4〜6月スト】仏英間ユーロスターへの影響と返金および予約変更の仕方まとめ
天気が良い日は押さえたい、パリど真ん中BHVのルーフトップバー「ル・ペルショワール・マレ」
気軽にパリコレ気分、ギャラリー・ラファイエットのファッションショーは誰でも参加が可能
おやつも食事もOK、 パリでフランス人が作る「たい焼き」を食べよう!
最新情報片手にパリ散策を!地球の歩き方MOOK『パリ ランキング&マル得テクニック』

[an error occurred while processing this directive]

フランス ツアー最安値


2019/5/22更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集