海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > パリ観光のデモ対策 現地での予防と遭遇したら取るべ...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年12月 7日

パリ観光のデモ対策 現地での予防と遭遇したら取るべき方法


パリ観光のデモ対策 現地での予防と遭遇したら取るべき方法

6261.jpg


フランスでは12月5日からゼネストが続いています。ストライキと併せて、各労働組合のデモも開かれており、昨年11月から続く黄色いベスト運動(Mouvement des Gilets jaunes)も継続中です。


パリ観光に際して、デモに対して不安を抱えている旅行者も多いと思います。そこで今回は、パリでのデモの様子と、取るべき行動について説明します。

6262.jpg

▲しばしばデモの開催場所になる共和国広場


パリ市内でデモはいつどこで起こるのか


デモの開催日と行進ルートは毎回変わります(ただし黄色いベスト運動は基本的に土曜)。開催日と場所ついては、パリ警視庁が毎回公式サイト公式SNS であらかじめ詳細を公式発表します。民間サイト「Démosphère」 でもデモが予定されるであろうルートを載せているところはあります。


しかし内容はフランス語ですし、理解が難しい場合もあるかもしれません。よくデモの開催場所として使われるのが、シャンゼリゼ大通り(Avenue des Champs-Élysées)、共和国広場(Place de la République)、バスティーユ広場(Place de la Bastille)、ナシオン広場(Place de la Nation)、1940年6月18日広場(Place du 18 Juin 1940:モンパルナス駅近く)、ダンフェール・ロシュロー広場(Place Denfert-Rochereau)、イタリー広場(Place d'Italie)など。大人数が集まれる場所です。ただし、毎回ここが開催場所になるわけではありません。


ルートの設定は、基本的には起点と終点に大きな広場が指定され、それら大きな広場をつなぐ道幅の広い幹線道路(つまり大人数が一斉に歩ける道)が、デモ行進の道順になります。


6263.jpg

▲デモ開催場所の周囲を取り囲む武装した憲兵隊と車両


パリ市内でデモに遭遇したら


デモ行進は、大人数で旗や横断幕などを掲げて歩いていますので、一目で分かると思います。周囲には警察官や警察車両も集まっています。デモ隊に遭遇したら、近づかないことが賢明です。そもそもデモは、平和的な主張のための行動で危険な行為ではありませんが、そこで発生したいざこざの被害が、運悪く降りかかるかもしれません。


また、メディアでもよく取り上げられる、デモの騒ぎに乗じて破壊活動を行う「壊し屋(Casseur)」と呼ばれる人たちは、全身黒ずくめの服装をしていることが多いです。顔も隠しています。


デモ隊が集まる広場は、毎回警察が周囲を囲み、不測の事態に備えています。その点からも、これから何かある(もしくは今起きている)のかが、一目で分かると思います。警察官や警察車両が取り囲んでいる広場、もしくは通りを塞ぐ形で待機している場合は、それより先に進まず別の道を通りましょう。


デモ開催場所に近づかないことを心がけていれば、それ以外の場所は至って普段通りの生活です。街歩きについても問題ありません。


6264.jpg

▲催涙ガスが漂うデモ現場


それでも万が一、過激なデモと遭遇したら......


上記を守っていれば、デモ隊と警察が激しく衝突する現場の真っ只中に入ってしまうということはないとは思いますが......、万が一そのような状況になったら、過激なデモ参加者が集まる箇所は避けて、そのデモ会場からも一刻も早く離れてください。


催涙弾は、過激なデモ参加者に向けられて飛んできます。まず現場の風向きを確かめ(催涙弾の着弾後に催涙ガスが流れてくるため)、もし催涙弾が放たれた時は、催涙弾の軌道と別の方向に逃げてください。迫り来る催涙弾に背を向けて同じ方向に逃げると、催涙弾の飛ぶ速度の方が人間の足より早いですので、催涙弾が足元に着弾します。放水車からも離れましょう。


興奮したデモ参加者が、何かを燃やし始めることもあります。その場合も、他の人が火の周りに集まっていたとしても近づかず、そこから離れてください。いつ何に引火して不用意な暴発が起きるか分かりません。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り 交通・鉄道・航空 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2019年12月 7日
« 前の記事「【12月7日大規模スト3日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ」へ
»次の記事「【12月8日大規模スト4日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ」 へ
パリ特派員 新着記事
【1月22日/スト初日から49日目】パリの公共交通機関はほぼ通常運行です
パリで長崎の観光アピール 県産品にフランス人ら舌鼓
【1月21日スト開始から48日目】パリの公共交通機関はほぼ通常運行します!
【1月20日スト47日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ
【1月19日大規模スト46日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ
【1月18日大規模スト45日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ
【1月17日大規模スト44日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ
【1月16日大規模スト43日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ
1年前の同じ月に投稿された記事
2018年大晦日の凱旋門年越しイベントはデモに注意
ベルサイユ宮殿限定コラボグッズを「クール・ド・マルブル」の新ショップで探そう
凱旋門の年越しイベントと大晦日のパリ無料公共交通機関
今年から始まったチュイルリー公園のクリスマスマーケットへ行こう!
「ジャン・ポール・エヴァン」2018年のビュッシュ・ド・ノエルをエヴァンさんに聞く
ギャラリーラファイエットの「グラスウォーク」で巨大クリスマスツリーと一緒に写真を撮ろう
ノートルダム大聖堂前にツリーが立ちました クリスマス当日の大聖堂の様子は?
2018年末のシャンゼリゼ通りの様子と「黄色いベスト」デモの影響

フランス ツアー最安値


2020/1/23更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集