海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年9月30日

フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】


フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】

8201.jpg


エッフェル塔近くにあるパリ日本文化会館では、現在、日本のアニメ『UFOロボ グレンダイザー』をテーマにした特別展「GOLDORAK XPERIENZ」が開かれています。Goldorak(ゴルドラック)とは、グレンダイザーのフランス語タイトルのこと。『グレンダイザー』製作から45周年を記念して、パリ日本文化会館がPRIME PROD社と共催し、制作時のデッサンやグッズ展示を通じて、グレンダイザーの世界観や製作の歴史を紹介しています。

8202.jpg


グレンダイザーことテレビアニメ『ゴルドラック』は、永井豪さん原作の東映アニメーション製作の作品で、1975年に日本で放送されたのち、1978年にフランスで紹介されました。フランスでは、数ある日本のロボットアニメのなかでも絶大な人気を誇っており、現在でもファンが多くいます。


今回の特別展では、日本から取り寄せた原画のデータなどから、過去に発売されたグレンダイザーの日仏でのグッズまで、マニア垂涎の品々が並んでいます。驚くべきはグッズで、日本製のものは特別展のために日本から持ってきたものかと思いきや、じつはフランスで保存されているコレクションだそうです。


8203.jpg


8204.jpg


というのも、今回の特別展を企画したPRIME PROD社のオーナーがグレンダイザーの熱心ファンで、そのオーナーの個人コレクションが多く展示されているそう! 例えば「展示されているゴルドラックの一部フィギュアは世界で5体しかない、箱まで残ったものだとさらに限られる」とスタッフのアレックスさんが答えてくれました。


8205.jpg


8206.jpg

▲この巨大なグレンダイザーのフィギアもPRIME PROD社オーナーの私物


グレンダイザーというアニメがどれくらいフランス人の琴線に触れているというと、パリ日本文化会館で行われる日本関連の特別展は、日本人来場者がだいたい1~2割を占めている肌感覚だそうですが、今回の特別展は、その割合をもっと超えてほぼフランス人だそうです。


人気の理由をアレックスさんに聞くと、「日本では『グレンダイザー』の前に『マジンガーZ』などが人気になったが、フランスでは最初に入ってきたロボットアニメが『グレンダイザー』だった。そのため、数ある日本のロボットアニメのなかでも特にファンが多い。また再放送、再々放送などを経て、タイムリーに見ていた視聴者だけでなく、第2世代、第3世代のファンが作られた」と教えてくれました。来場者の訪問動機も、パリ日本文化会館によると、グレンダイザー世代の大人以外にも子供がファンだから訪れたという人も多いそうです。根強い人気です。


8208.jpg


今回の特別展では、コロナ禍のため30分ごとに予約枠を区切っているそうですが、土曜などはすぐに各時間帯の枠が埋まっていき、訪れる来場者は週末は1日に1000人ほどになるといいます。パリ日本文化会館の地上階にある売店で売られているグレンダイザーの一部グッズは、入荷後すぐに売り切れ。今回のグレンダイザーの特別展はたいへんな人気を博しているそうです。


8207.jpg


今回の特別展の企画者であるPrime Prod社は、2021年10月28日にパリ市内「Grand Rex」でグレンダイザーをテーマにしたミニコンサートやコスプレ大会なども開く予定です。10月にはフランスの漫画出版社の大手Edition Kanaから『ゴルドラック』のバンド・デジネ(フランスやベルギースタイルの漫画書籍)版が出る予定です。


2021年10月8日からはグレンダイザーの記念切手もフランスで販売されます(詳細は過去記事「10月に日仏郵便局のコラボ切手が発売、グレンダイザー限定切手も仏で同時リリース【日本郵便×ラ・ポスト】 」)。フランスのグレンダイザーのファンにとっては、たまらない秋になりそうです。


Maison de la Culture du Japon à Paris(パリ日本文化会館)
・住所: 101 bis Quai Branly 75015
・開館時間: 11:00~19:00(火~土曜)、~21:00(木曜)
・休館日: 日・月曜
・「GOLDORAK XPERIENZ」開催期間: 2021年9月15日~10月30日12:00
・入場料: 一般€7


8209.jpg


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@shuzuiyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2021年9月30日
« 前の記事「ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】」へ
»次の記事「さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化」 へ
パリ特派員 新着記事
コロナ入国待機で公共交通機関使えないので羽田空港まで自転車で行ってみた
ワクチン証明提出で待機10日に短縮、フランスから日本への入国最新レポート【2021年10月9日】
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
1年前の同じ月に投稿された記事
ジャン=ポール・エヴァンの2020年クリスマスは「ポップアート」がテーマ パリの試食会に行ってきた
教会への寄付はクレジットカードでもOK、観光施設で献金してみた【写真で順に解説】
マルセイユなどでレストランとバーが再休業、パリは22時以降のバー営業不可に【新型コロナ制限措置】
ノートルダム大聖堂前の遺跡「クリプト」がリニューアル、パリとシテ島の歴史を地下で探索
パリのミシュラン2つ星「ル・クラランス」が提供する、お値打ちお持ち帰り料理【ウィズコロナのグルメ】
パリのパラスホテル「ル・ブリストル・パリ」が改装再オープン、中庭でいただく絶品スイーツや3つ星料理

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集