海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > パリのパラスホテル「ル・ムーリス」が印象派モネのプ...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年6月20日

パリのパラスホテル「ル・ムーリス」が印象派モネのプライベート散策ツアー付き宿泊プランを開始


パリのパラスホテル「ル・ムーリス」が印象派モネのプライベート散策ツアー付き宿泊プランを開始

8651.jpeg


パリ中心部、ルーヴル美術館から近いチュイルリー公園に面した場所にある「ル・ムーリス 」が印象派画家モネの非凡な人生に触れるプライベートツアー付き宿泊プラン「Monet - Revolutionary Brushstrokes(絵画に革命を起こしたモネの軌跡)」を2022年5月30日より始めています。これは2021年9月にスタートした「Picassoʼs Montmartre(ピカソが暮らしたモンマルトル)」に続き続く散策シリーズの第2弾です。

8652.jpg


今回のモネのツアーでは「現代において世界的に高く評価されているモネが、なぜ当時は非常に過激で反抗的だと受け止められたのか」という問いが深く掘り下げられています。当時のメディアや大衆から批判され、皮肉を込めて名付けられた"印象派"の評価をどのように一転させ、前衛的な芸術運動として発展させたのか、参加者はガイドと共に、モネの有名な「プレインエア(外光の効果を表現する技法)」が生まれた理由を紐解いていきます。


ツアーは1対1または少人数のプライベートグループで催行され、モネの人生とキャリアについての逸話を学びながら、ゆっくりとパリを楽しめます。より知識を深めたい人や、パリを訪れたことがあっても深く掘り下げたことがない人など、参加者に合わせて毎回内容がカスタマイズされます。


散策ツアーは、ル・ムーリスの正面玄関からスタート。まずチュイルリー公園へ向かいます。モネは1876年に、チュイルリー公園をテーマにした作品を発表。同作には、まるでル・ムーリスの屋上から眺めたような風景が描かれているからです。そして散策の最後は、モネが晩年に残した大作『睡蓮』が展示されているオランジュリー美術館です。


なお、モネの家と庭があるパリ郊外ジヴェルニー(ル・ムーリスから車で1時間半の距離)にあるジヴェルニー印象派美術館 では2022年7月3日まで『モネとロスコ展』も開催されています。モネの散策ツアー付き宿泊プランに、ジヴェルニー印象派美術館への訪問も加えることもできルそうです(ジヴェルニー印象派美術館への訪問にツアーガイドのサービスは含まれず)。


■Monet - Revolutionary Brushstrokes(絵画に革命を起こしたモネの軌跡)
・料金: €1470〜
宿泊プランには、スーペリアルームまたはスイートでの1泊分の宿泊(2名1室での利用)に加え、セドリック・グロレのアメリカンブレックファースト2名分、2時間のガイド付き散策ツアー、オランジュリー美術館の入館券2名分が含まれます。

フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@shuzuiyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2022年6月20日
« 前の記事「帰国時の出国前PCR検査の記入項目が簡略化、パスポート情報、医療機関の印影など不要に【2022年6月10...」へ
»次の記事「町と文化を大切にしたい人たちの集まりをフランス・パリで立ち上げました」 へ
パリ特派員 新着記事
町と文化を大切にしたい人たちの集まりをフランス・パリで立ち上げました
パリのパラスホテル「ル・ムーリス」が印象派モネのプライベート散策ツアー付き宿泊プランを開始
帰国時の出国前PCR検査の記入項目が簡略化、パスポート情報、医療機関の印影など不要に【2022年6月10日〜】
2022年6月1日からの水際対策含めた日仏間の最新往復渡航情報を総まとめ
フランスから日本入国時の検査がなしに、出発前陰性証明は引き続き必要【2022年6月1日〜】
カンヌ国際映画祭が開幕、2022年ポストコロナの現地および旅行者の様子は?
フランスが公共交通機関でのマスク着用義務を解除へ、EU指針では域内フライトのマスク不要も
パリのギャラリー・ラファイエットで日本のポップアップイベントが開催中【2022年4月20日〜5月31】
1年前の同じ月に投稿された記事
パリの新しい現代美術館ピノー・コレクション、安藤忠雄の建築でブルス・ド・コメルスがリニューアル
ポンピドゥー・センター6階のブックショップがリニューアルオープン、アートとサステナブルと利便性が共存
パリの獺祭ジョエルロブションが木曜限定でお得な立ち飲みテラスを営業、グラスを頼むと軽食付き
パリの百貨店サマリテーヌが閉店から16年を経て2021年6月23日に新装オープン
フランスが屋外のマスク着用義務を2021年6月17日から解除、夜間外出禁止も同6月20日より前倒し解除に
Navigoを部屋で簡単チャージ、スマホを使ったパリの切符購入方法まとめ【画像と動画で順に解説】
ワクチン接種済みを条件に出発前の陰性証明免除、日本などからフランスへの入国が緩和【2021年6月9日〜】
コロナ禍における日本出国前PCR検査とフランス入国、自主隔離の流れまとめ【2021年6月5日時点】

フランス 航空券情報


ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイアルメニア/エレバンイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG