海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ2特派員ブログ > 【番外編・ベルギー/オランダ】最終章 ロッテルダム...

フランス/パリ2特派員ブログ ラズール・ミホコ

フランス・パリ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月13日

【番外編・ベルギー/オランダ】最終章 ロッテルダムの公共交通と帰りの電車を待つ間におすすめのカフェ【Stationshuiskamer】


【番外編・ベルギー/オランダ】最終章 ロッテルダムの公共交通と帰りの電車を待つ間におすすめのカフェ【St...

DSCF9055.jpg


ここしばらく【番外編・ベルギー/オランダ】シリーズが続いておりましたが、今回で最終章。
最終章は、オランダ・ロッテルダムの公共交通事情と帰りのブリュッセル行きの電車を待つ間に利用して、何かと時間調整によさそうな居心地のいいカフェ【Stationshuiskamer】をレポートしたいと思います。


オランダ・ロッテルダムにご興味ある方、是非、最後までお見逃しなく。。。


DSCF9127.jpg


まず、ロッテルダムの公共交通事情から。。。


ロッテルダムの公共交通は現在、Rotterdamse Electrische Tram ( RET (ロッテルダム電鉄))という会社が地下鉄、LRT、トラム、バスの運営を行なっており、営業区間に関しては、非接触ICカード【OV-Chipkaat】というので、乗車券は管理されており、紙の乗車券は、廃止となっているようです。


現在、パリでも、紙の乗車券廃止に向けて、移行期間となっておりますが、ゆくゆくは、ロッテルダムの方が、そのあたりは、先を行っているような気がします。


過去にパリの公共交通機関についてこんな内容を記事にしております。ご興味ある方はこちらも是非、ご覧ください。
▶︎2021年よりパリの地下鉄が変わる!?紙チケット乗車券廃止の動き。。。
▶︎パリ市内・近郊の公共交通機関のチケットに変化が【Navigo Easy】6/12より導入へ


IMG_20190826_120556.jpg


実際の今回利用した乗車カードはこちら。。。こちらは2時間有効券となっております。


ちなみに、2019年9月現在、RET(ロッテルダム電鉄)で提供されているカードは以下の通りです。


- RET 2 hour(2時間有効券(往復でも使用可)):4 euros
- RET 1 Day(1日有効券):8 euros
- Tourist Day Ticket(観光客用1日有効券):14.50 euros


他にも種類はあるようなんですが、多分、観光で訪れる分には、このあたりが重要なのかな?と思っております。
長く滞在するのであれば、RET 1 DayやTourist Day Ticketがお得なんでしょうけど、今回、私、そんなにこのチケットを利用して出かける機会がございませんでしたので、1回だけ、RET 2 hourを購入しました。ちなみに、パリのような1時間券というのは、ロッテルダムはないようです。乗車する際には、このチケットを改札にかざして、入るシステムとなっております。


今回、自動券売機で購入して利用しましたが、事前にアプリでダウンロードして、チャージして、バーコードを読み取るタイプのチケットもあるようです。画面も英語に対応もしているようなので、ご興味ある方はこちらも是非。
▶︎RET Barcode: iPhone版Android版


それと、ロッテルダム公共交通機関の路線図ですが以下のものがあるそうなので、もし、訪れる機会がありましたら、臨機応変にこれらのタイプを選んでみてください。
▶︎ロッテルダムと近郊タイプ(公共交通機関全て網羅)
▶︎地下鉄に特化したタイプ
▶︎トラムに特化したタイプ
▶︎ロッテルダム中央駅周辺各路線の乗り場案内図


DSCF9039.jpg


続きまして、今回の私のように帰りの時間だったり、ちょっと移動時間の合間の時間調整、そして、ちょっとノマドワーカー的に仕事する時間を見つけたいという人にオススメのカフェ【Stationshuiskamer】を見つけたので、そちらもご紹介したいと思います。


こちらのカフェ、ロッテルダムの駅中にありまして、以前、ご紹介したロッテルダム駅構内ではないので、改札を通らなくても、このカフェへのアクセスは可能です。以前、私が紹介したロッテルダム駅の詳細については、以下の記事をご覧ください。
▶︎【番外編・ベルギー/オランダ】ブリュッセル〜ロッテルダム 電車とロッテルダム駅の様子


公式サイトを見てみると、今回私が利用した、駅構内タイプだと、ロッテルダム中央駅中だけでなく、


- Den Haag Centraal(デン・ハーグ中央駅)
- Arnhem Centraal(アーネム中央駅)


にもあり、オランダ国内の街中でも結構あるようで、オランダ国鉄が運営しているカフェのようです。
また、店内で提供しているサービスは以下のもので、


- 無料Wifi
- 充電サービス
- ワークスペース
- 電車の発着時間案内の電光掲示板


があり、特に電車の発着時間案内は、駅構内にあるのと同様のもので、ホーム場所などの案内もしっかりあるので、直前まで、こちらで待って、改札通って、ホームへ移動なんていうこともできるので、こういうカフェがあるとありがたいです。また、場所もゆったりしていて、駅中や、駅構内にありがちな椅子席が少ないカウンタータイプのカフェとは違い、快適なソファ席もあり、お仕事される方、充電しながら、何かインターネットを使って、ゆったり調べ物をしたり、連絡を取ったり、かなり、オススメです。ヨーロッパだとお店やカフェ、レストラン、日曜定休というところも割と多いのですが、ここは、日曜でも開いているのがありがたいです。


IMG_20190825_151313.jpg


お店のシステムですが、レジで注文をしたら、お店の方がテーブル席まで注文したものを持って来ていただけるシステムで、英語のメニューも用意されておりました。お店の方も、英語で対応していただけます。


IMG_20190825_151240.jpg


IMG_20190825_151308.jpg


また、この手のカフェだとちょっと、ビジネス要素も入って来て、事務的な作りというところも多いのですが、ここは、いろんなお客様層を意識されているようで、たまたま、私が座っていた席の隣には、こんなジオラマ模型もありまして、遊び心も忘れないデザインに魅力を感じました。
お店の名前【Stationshuiskamer】ですが、意味がオランダ語で、駅のリビングルームという意味で、実際、このお店の名前のコンセプト通り、駅にあるくつろげる空間を意識されている印象を受けました。


ロッテルダムから移動の時間最終調整に是非、このカフェ、いかがでしょうか?


*店舗情報*


店舗名:Stationshuiskamer
営業時間:
月〜金:8:00 - 20:00
土:9:00 - 19:00
日:10:00 - 18:00(日曜も営業)
所在地:Stationsplein 1, 3013 AJ Rotterdam, Netherland ▶︎地図はこちら
URL:https://retail.nsstations.nl/formules/stationshuiskamer/home (オランダ語のみ)

最寄駅: Rotterdam Centraal Station (ロッテルダム中央駅)駅中


メモ:
- 英語注文対応(英語メニューあり)
- 無料Wifi完備
- 各種クレジットカード支払い可
- 充電設備
- 電車の発着時間案内電光掲示板
- ワークスペース

*******************************************************

New !!

noteはじめました。現在、ベルギー・オランダ旅行記更新中。是非、地球の歩き方ブログと合わせてご覧ください。

IMG_4810.PNG

毎日1枚、パリの風景写真を更新しております。もしよろしかったら、遊びに来てください。

Design.PNGのサムネイル画像

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 通信・携帯・インターネット
2019年9月13日
« 前の記事「【番外編/ベルギー・オランダ】ロッテルダム旧市街Delfshaven地区にあるのんびりできるレストラン ...」へ
»次の記事「今週末10/27、日曜日未明にサマータイム終了」 へ
おすすめ記事
パリ2特派員 新着記事
【パリ15区】ショッピングセンター Beaugrenelle Parisに11/12、ギャラリー・ラファイエットがオープン
2019/12/5以降、パリ市内・近郊の公共交通機関で無期限のストライキ予定
ディズニーランド・パリのクリスマスイベント Le Noël Enchanté Disney
【パリ8区】2019-2020 シャンゼリゼ大通りのイルミネーション情報
パリ市内・近郊マルシェ・ド・ノエル 2019/2020 最新情報(区ごと一覧)
今週末10/27、日曜日未明にサマータイム終了
【番外編・ベルギー/オランダ】最終章 ロッテルダムの公共交通と帰りの電車を待つ間におすすめのカフェ【Stationshuiskamer】
【番外編/ベルギー・オランダ】ロッテルダム旧市街Delfshaven地区にあるのんびりできるレストラン - Pelgrimでひとやすみ
1年前の同じ月に投稿された記事
【パリ8区】Petit Palaisにて、1ヶ月弱限定、日本で好評だった【若冲 - 《動植綵絵》を中心に 】展 10/14まで開催
【パリ1区】香取慎吾さん展覧会【NAKAMA des ARTS】鑑賞レポート in Carrousel du Louvre
【パリ1区】普段は非公開!かなり貴重!Hôtel de TALLEYRAND 見学レポート
エッフェル塔、日本をテーマとした特別ライトアップ鑑賞レポート
【パリ9区】タイムトラベルの途中のお茶のひとときを。。。【Le Valentin】
9月のパリは、第3週、9/13、14、15、16が肝!!その理由は?

フランス ツアー最安値


2019/11/22更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ2特派員

    パリ2特派員
    ラズール・ミホコ
    1976年千葉県出身。在仏14年目。仏領レユニオン島出身の配偶者を持つ。2016年3月まで、リヨン居住。その後、現在パリ在住。大学時代からの写真愛好家で、現在は、パリを中心に風景を主に撮影。2014年開始のインスタグラムは毎日更新。仏、伊、英、西の写真紹介ページで多数ベストフォト受賞歴あり。フォロワー数800名突破(2017年12月現在)。また、自身のポートフォリオとパリ・ミニ情報の公式サイト【point2vue410(ポワン・ドゥ・ヴュ・視点)】も運営
    リンク
    ・point2vue410
    ・FaceBook
    ・Twitter
    ・Instagram DISQUS ID @disqus_JieWCspimI

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集