海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ2特派員ブログ > 【番外編・ベルギー/オランダ】ブリュッセル〜ロッテ...

フランス/パリ2特派員ブログ ラズール・ミホコ

フランス・パリ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月 4日

【番外編・ベルギー/オランダ】ブリュッセル〜ロッテルダム 電車とロッテルダム駅の様子


【番外編・ベルギー/オランダ】ブリュッセル〜ロッテルダム 電車とロッテルダム駅の様子

DSCF8988.jpg


皆さま、こんにちは。
今回も【番外編・ベルギー/オランダ】ということで、いよいよ、ブリュッセルからロッテルダムまでの移動の様子をメインにベルギー側、オランダ側の列車の認識が少しでもご紹介できたらと思います。


ご興味ある方は、最後までお楽しみに。


DSCF9004.jpg


まず、ロッテルダムへ出発当日、出発時間が早朝だったということもあり、Bruxelles Central / Brussel Centraal (ブリュッセル中央駅)周辺を列車時刻まで撮影。


DSCF9017.jpg


中央駅近くには、ここも観光名所であります屋根付きアーケード街 Galeries royales Saint-Hubert(ギャラリー・ロワイヤル サンチュベール)があるのですが、ここは日中ともなると、撮影スポットとしても有名な場所で、結構、人で賑わっているのですが、朝は店舗もまだ、開店していないところも多かったりするので、人もまばら。。。そこを見計らって、ちょっと撮影してみました。


DSCF8990.jpg


駅前には、ヨーロッパの都市で多く見かける貸自転車の駐輪場もありまして、ブリュッセルは黄色い自転車が特徴みたいですね。また、ここ数年で同様にヨーロッパの都市で多く見られる貸キックボードも健在です。(パリと同じ会社のものでした。)


DSCF8985.jpg


さて、今回は、Bruxelles Central / Brussel Centraal(ブリュッセル中央駅)から出発。ということで、中央駅の構内、窓口周辺はこんな感じ。天井が非常に高く、石造りの素敵な駅です。


今回、私はパリから事前に、ネットを通じて、今回のブリュッセル - ロッテルダム間の2等車乗車券を事前購入し、ベルギー国鉄国際列車用の専用アプリをダウンロードし、そちらにチケットを予め、用意しておいたのですが、チケットは Bruxelles Midi / Brussel Zuid(ブリュッセル南駅)発で購入。


ただ、気になることがあり、アプリのチケットを見ると、【Zones Bruxelles】(ブリュッセルゾーン)となっていたので、ちょっと、もしかしたら、必ず、ブリュッセル南駅ではなくとも、市内途中の駅からでも乗車できるのでは?という勘が働き、ベルギー国鉄の窓口の方に前日夜、相談してみることにしました。


ここからは、私が窓口の方に質問した内容のQ&Aです。もし、ブリュッセルからどこかへ移動される場合の参考になれば嬉しいです。


Q1: チケットの【Zones Bruxelles】は Bruxelles Midi / Brussel Zuid(ブリュッセル南駅)に限らず、他のブリュッセル市内の駅(今回、私が乗車した電車だと、ブリュッセル市内は【Bruxelles Centrale / Brussel Centraal(ブリュッセル中央駅)】、【Bruxelles Nord / Brussel Noord(ブリュッセル北駅)】にも停車)なら、ブリュッセル南駅ではなくても、乗車できるのか?


A1: はい、乗車できます。市内、乗車できる駅であれば、どの駅からも乗車可能です。ただ、チケットだと、始発駅がBruxelles Midi / Brussels Zuid(ブリュッセル南駅)ということで、このような表記となっています。


Q2: 今回乗車する電車 InterCity ( インターシティー 表記ではIC )は購入当初は時間指定で、乗車券購入しているのですが、アプリ側だと、具体的な発車時間がチケット側に特に明記されていないのですが、これは、何時でもいいということなんでしょうか?


A2:InterCityはベルギー・オランダ間の国際列車とはいえ、急行扱いなので、1等車、2等車の位置、目的地さえ間違えなければ、乗車時間はフレシキブルにいつでも可能です。アプリだとQRコードが大切になってきますが、検札が見回りにきますので、その際、そのQRコードを見せていただければ結構です。

※今回のInterCityではありませんでしたが、ベルギー市内をベルギー国鉄(SNCB / NMBS ) 区間を電車移動しましたが、金額は一律で、ヨーロッパ国内の鉄道に見られる乗車前の刻印というのはなく、乗車券購入してそのまま、乗車し、車内で検察の方が乗車券チェックをするというシステムになっていました。


とのことでした。なので、もちろん、私のようなネットの事前購入ではなく、当日、駅構内の窓口や券売機で乗車券購入することも可能ですが、その際、具体的な時刻明記はないそうです。


IMG_20190825_084904.jpg


では、車内の感じですが、2等車はこんな感じで、座席ピッチも2等車ではあるものの十分広いです。また、ベルギー・オランダ間の国際列車ということもあり、途中、日本の新幹線ではありませんが、物販の方がいらっしゃって、コーヒーや軽食販売もされており、2等車でも普通に車内販売の方、見えられていました。


DSCF9030.jpg


途中、ブリュッセル空港駅やアントワープ中央駅などを経由して、オランダ・ロッテルダムへ向かいます。ブリュッセル中央駅 - オランダ・ロッテルダム中央駅までの所要時間は約2時間。今回、私は、ロッテルダムで下車しましたが、この後、途中、アムステルダムのスキポール空港も経由し、アムステルダム中央駅が終点となるそうです。


DSCF9035.jpg


乗ってきた電車 InterCity(IC)はこんな感じで、オランダ国鉄のカラーの特徴であります、ブルーに黄色が印象的な電車です。


DSCF9207.jpg


DSCF9037.jpg


そして、Rotterdam Centraal (ロッテルダム中央駅)到着後の駅構内の様子。ロッテルダム中央駅は、駅全体、街全体がデザイン溢れているのと、ゆったりした空間づくりが非常に印象的で、時代の半歩、一歩前を見据えている感じが個人的にも非常に気に入っております。
実は、2014年に当時は、乗換えで利用した程度だったんですが、一度、降りたこともございまして、ちょっと、馴染みのある駅だったんですが、あれから、5年のうちにロッテルダム、駅のシステムも様変わりしておりまして。。。


IMG_20190825_105625.jpg


この5年のうちに、駅が自動改札化されていました。駅の案内表示が全部電子掲示板化(これは、ベルギー・ブリュッセルも同様)されているのにも時代の流れを感じました。パリもTGV乗り場現在、自動改札化されていますが、ロッテルダムとパリの違いとして、パリは、ホームの割と直前手前側に自動改札設置されているのに対し、ロッテルダムは、駅出入口入って割とすぐのところに設置されているので、駅構内はチケットのバーコードやQRコードをかざさないと入れないようになっているのが特徴で、基本駅の中は、電車を利用する人ではないと入れないという感じがします。

ちょっと、ロッテルダムの方が、日本と感覚が近いかもしれません。


*ベルギー・オランダ便利メモ*
ベルギー国鉄(SNCB / NMBS)国際列車専用サイト:フランス語オランダ語英語ドイツ語
ベルギー国鉄(SNCB / NMBS)国際列車専用アプリ:iPhone版Android版


ベルギー国内版
ベルギー国鉄(SNCB / NMBS)国内列車専用サイト:フランス語オランダ語英語ドイツ語

*******************************************************

毎日1枚、パリの風景写真を更新しております。もしよろしかったら、遊びに来てください。

Design.PNGのサムネイル画像

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2019年9月 4日
« 前の記事「【番外編・ベルギー/オランダ】格安Thalys・Izy STANDARD XLクラス乗車レポート」へ
»次の記事「【番外編/ベルギー・オランダ】ロッテルダム旧市街Delfshaven地区にあるのんびりできるレストラン ...」 へ
おすすめ記事
パリ2特派員 新着記事
【パリ15区】ショッピングセンター Beaugrenelle Parisに11/12、ギャラリー・ラファイエットがオープン
2019/12/5以降、パリ市内・近郊の公共交通機関で無期限のストライキ予定
ディズニーランド・パリのクリスマスイベント Le Noël Enchanté Disney
【パリ8区】2019-2020 シャンゼリゼ大通りのイルミネーション情報
パリ市内・近郊マルシェ・ド・ノエル 2019/2020 最新情報(区ごと一覧)
今週末10/27、日曜日未明にサマータイム終了
【番外編・ベルギー/オランダ】最終章 ロッテルダムの公共交通と帰りの電車を待つ間におすすめのカフェ【Stationshuiskamer】
【番外編/ベルギー・オランダ】ロッテルダム旧市街Delfshaven地区にあるのんびりできるレストラン - Pelgrimでひとやすみ
1年前の同じ月に投稿された記事
【パリ8区】Petit Palaisにて、1ヶ月弱限定、日本で好評だった【若冲 - 《動植綵絵》を中心に 】展 10/14まで開催
【パリ1区】香取慎吾さん展覧会【NAKAMA des ARTS】鑑賞レポート in Carrousel du Louvre
【パリ1区】普段は非公開!かなり貴重!Hôtel de TALLEYRAND 見学レポート
エッフェル塔、日本をテーマとした特別ライトアップ鑑賞レポート
【パリ9区】タイムトラベルの途中のお茶のひとときを。。。【Le Valentin】
9月のパリは、第3週、9/13、14、15、16が肝!!その理由は?

フランス ツアー最安値


2019/11/22更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ2特派員

    パリ2特派員
    ラズール・ミホコ
    1976年千葉県出身。在仏14年目。仏領レユニオン島出身の配偶者を持つ。2016年3月まで、リヨン居住。その後、現在パリ在住。大学時代からの写真愛好家で、現在は、パリを中心に風景を主に撮影。2014年開始のインスタグラムは毎日更新。仏、伊、英、西の写真紹介ページで多数ベストフォト受賞歴あり。フォロワー数800名突破(2017年12月現在)。また、自身のポートフォリオとパリ・ミニ情報の公式サイト【point2vue410(ポワン・ドゥ・ヴュ・視点)】も運営
    リンク
    ・point2vue410
    ・FaceBook
    ・Twitter
    ・Instagram DISQUS ID @disqus_JieWCspimI

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集