海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/パリ3特派員ブログ

フランス/パリ3特派員ブログ ひろみさん

フランス・パリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Bonjour こんにちは!

フランスにはパリだけでなく、魅力的な地方都市がいくつもあります。
その移動方法について記載します!
C4AE4D51-6A77-417D-9368-9E2A95CE5350.jpeg▲隣国ベルギー、ブリュッセルまでもTGVで1時間30分で行くことができます!
.
パリにはパリ駅がないのは有名な話。
北駅、東駅、リヨン駅、モンパルナス駅、サンラザール駅、ベルシー駅、オステルリッツ駅と行き先によって出発駅も異なります。

簡単にいうと、パリより北に行く際には北駅、東に行く際は東駅、南に行く際はリヨン駅です。

フランス国内はTGVという日本の新幹線よりも早い特急列車があり、おかげでどこへでもスムーズに移動することができます。
87662727-D798-4E9E-9804-5BD8A5B15F7B.jpeg
予約はネットでできます。
*SNCFサイト
https://www.sncf.com/fr/itineraire-reservation/reservation-billets

181B1EA9-2258-4DE2-82B5-2508BA588B9A.jpeg▲北駅 Gare du Nord
TGV Nord-Europe.
ベルギー、オランダ、ロンドン、ドイツ。パリより北の国境を越える電車の発着はこちらから。
04CAB0D7-1A07-4520-AB8D-B91D146ED2A6.png
税関職員によるBrexitへのデモで混雑する北駅。イギリスへ行く際は必要ですがベルギーやオランダに行く際は税関を通りません。

リールなどパリより北に位置する都市へもこちらから。

1A84B980-3BD2-4D74-96EE-91857B7A1591.jpeg
▲東駅 Gare de l'Est
TGV Est-L'Europeenne
パリより東に向かう列車が発着するため東駅と呼ばれます。
クリスマスマーケットで有名なストラスブールやドイツへ行きます。

4B84D165-42DD-4669-AF94-B90490531976.jpeg ▲リヨン駅Gare de Lyon

TGV Sud/Est~Méditerranée.リヨンを介して南に向かう列車がおもに発着します。
スイスのジュネーヴやイタリアのミラノへはこちらから出発します。
国内ではリヨンはもちろん、マルセイユや南仏、アルプスへも行くためバカンス時期は人でいっぱいです。
.
そのほか
*サン・ラザール駅 Gare St-Lazare
ルーアン、ドーヴィル
*モンパルサス駅 Gare Montparnasse
ロワール地方、ブルターニュ地方、フランス西部、大西洋岸地方
*オステルリッツ駅 Gare d'Austelitz
リモージュなど
*ベルシー駅 Gare de Bercy
ブルゴーニュ地方、オーヴェルニュ地方など
.

  • ◆注意その1


  • BF3868A8-3800-49DE-B1A0-5484671A6305.jpeg
    どの駅も、そしてその大きな駅に向かうメトロも旅行者を狙うスリが多発する場所となっていますのでご注意ください。必ず鞄は体の前面に。開閉部分を握りしめるくらいの気持ちで! 携帯はできるだけ使わず、周囲に見せないようにしましょう。大きな荷物を持ち歩いているだけで狙われます。

    .
    .

  • ◆注意その2


  • ストライキです。
    771AE7B6-5009-4537-AC1B-87B9820E5C99.jpeg
    フランスではほぼ毎年ストライキで電車や駅が閉鎖される時期があります。2019年12月に始まった30年ぶりの大規模ストライキは年が明けても続きました。
    駅ではクリスマスに帰省できず泣き崩れる人の姿も。
    ほとんどの場合、あらかじめストライキの開催は届出がなされるため、運行休止についてはアナウンスがなされます。前日まで公式ウェブサイトをチェックするようにしましょう。
    .
  • ◆注意事項その3


  • 遅延です。フランスは日本のように時間通りに電車が来ることが約束されているわけではありません。乗り換えが必要な移動は余裕を持ったスケジュールを組むようにしましょう。また電車が遅れる、来ない場合はバスやタクシーなどほかの手段を利用することも念頭に入れ、行動するようにしましょう。45D973A1-B28F-44C0-89EF-9B06BC79692B.jpeg
    ただし道路渋滞も充分にあり得ます。デモ活動により道路が封鎖されていることもあり得ます。そちらも予期しつつ移動してください。
    数分の遅延はアナウンスもされないことが多いので、乗る際には車両番号を確認するようにしてください。

    日本に訪れたことのあるフランス人たちはみんな交通機関の正確さに感動します。それほど思うようにならないのです。

    私は以前、タクシー運転手たちによるストライキ、空港行きのバスの運行停止、さらに電車の遅延を経験し、空港に着いたのが飛行機の便ぎりぎりになってしまい冷や汗をかいたことがあります。
    またBrexitへのストライキによりパリ北駅で税関を抜けるのに5時間以上かかったことも。一緒に並んでいる人たちとビスケットを分け合ったり、まさに旅は道連れを地で行きました。

    どんな予定を組んでも思い通りにならないのがフランスです。
    ですが困った!といえばたいていの人が助けてくれます。乗り越えるにも助け合おうとするのでいろいろな人と出会うこともできます。

    それも含めて旅を楽しむくらいの心算でフランス国内旅行を満喫してください。

    それではまた、à bientôt!


    2020年7月28日

    Bonjour こんにちは!
    6区で日本とフランスのエスプリの融合を感じられるCafé Pavaneを紹介します!
    1A9CBCD3-9AF6-4217-A886-E74C8F854DF0.png
    こちらではジャン・ポール・エヴァン氏のケーキを味わうことができます。
    というのも実はここ、ジャン・ポール・エヴァン氏の娘さん、マノンさんが経営するサロンドテなんです。
    F868600F-9400-48D8-9B63-6CFE973D111B.jpeg

    ジャン・ポール・エヴァン氏はMOF(Meilleur Ouvrier de France)というフランスの国家の認めるパティシエ、ショコラティエそしてグラシエ(アイスクリームの職人の呼び名)です。
    ルシアン・ペルティエLucien Peltier(現在のパティシエたちに多大な影響を与えたとされるパティシエ。原宿にブティックを構えたこともありました。1990年没)のもと、1984年から86年までの間、日本でショコラティエとして逗留。2002年には東京・広島にブティックをオープンしており、現在全国に12店舗。彼のショコラには柚子や抹茶を使った、日本のエスプリが感じられるものも多いです。
    公式日本サイトはこちら
    https://www.jph-japon.co.jp/

    店内は過ごしやすく落ち着いた雰囲気。32BDB688-289C-452D-9A26-AF7674894505.jpeg
    店主のマノンさんは親日家でもあります。
    日本に訪れたことはもちろん、市内にある日本料理店で働いたこともあるそうです。
    「小さい頃から父が日本で働いていたこともあって、日本は大好きよ。東京、京都、広島……何度も旅行に行っているわ」

    以前、お父さまが経営してらした頃のサロンドテはサントノレ通り(1区)にありました。名だたる高級ブランドが軒を連ねるシックな地区です。
    CD11BE18-71B7-4FE6-B2CE-F28B835539B8.jpeg
    2019年マノンさんがサロンを開くにあたり、親しみのある雰囲気にしたくてこの地区を選んだそう。
    3707717F-C881-453D-86CE-0B4D3BAA5D83.jpeg
    リュクサンブール宮殿の目の前で、緑の木漏れ日が店内からも望めます。観光や散歩の途中に立ち寄るにも気兼ねなく入店できます。

    何よりマノンさんの人柄がすてきで、何度でも足を運んでしまいます。

    また昼時にはおいしいランチもいただけます。
    2019年の再オープンの際、お父さまが運営なさっていた頃と同じ料理人たちを呼び戻したそうで、直伝の料理がいただけます。以前からの定番メニュー、ロシアの伝統料理ピロシキやクリビアック(サーモンパイ)はもはやお店の伝統でもあります。
    E5C14A6A-CB5F-48FC-A859-BC2923C9B956.jpeg▲さまざまなハーブと香辛料を使ったクリビアックはどこか懐かしい味もします。
    .
    ただ再開したというわけではなく、お店にはマノンさんのこだわりもたっぷり詰まっています。
    店に置いてあるブルゴーニュワインはご自身でワイナリーに直接赴いて揃えたもの。おなじワイナリーで製造されているシャブリのビールもあります。
    中国茶はパリ市内のミシュラン獲得店(1区、ヤムチャ)から仕入れています。
    FE87DB98-D116-48A4-BA2E-C4566559E23A.jpeg
    そして日本茶はその種類の豊富さにも驚かされます。
    マノンさんが日本の友人のつてをたどり、福岡から買いつけているのだそう。
    そのため白折茶やさえみどりの新茶といった、本当においしい煎茶をいただくことができます。
    .
    .
    ケーキは近くのお父さまの工房から届けられ、常時10種類前後取り揃えられています。
    さらに週ごとに変わる今週のケーキがあることも。
    EEC7CF75-4ECF-4770-B510-7978D595E9C7.jpeg
    好きなケーキについてうかがってみると、
    「日によって変わるけれど、そうね、特に好きなのはトンカTONKA(ベネズエラ産のビターショコラのムースにカリカリのプラリネされたアーモンド、そしてトンカのムース)やベルガムBERGAM (オレンジに風味づけられたクリームブリュレとベルガモットに香りづけられたショコラオレを層にしたガトーショコラ)かしら」とマノンさん。
    ショコラティエだけあってガトーショコラに目が行きがちですが、こちらもおすすめ。
    BDDAA876-AE1C-4247-8A34-1F5B760BADAB.jpeg▲フロマージュブランを使ったフランス風のチーズケーキ、Mazaltov。フランボワーズソースをかけて。軽い口溶けでこれも人気。
    08B4B319-2F79-44BA-A4EE-90C37D24BA5A.jpeg▲金曜日、土曜日限定の洋梨かオレンジのタルトレット。甘すぎないクリームが絶妙です。
    週末にいらっしゃる際はぜひ。
    .
    今週のケーキ。オレンジピールを使ったケーキです。
    D9587AD0-D984-4DDF-AF77-45981BB7AA21.jpeg
    ショコラショーは甘すぎずカカオの香りがたまりません。ショコラティエによるさすがのおいしさです。カップに1.5杯分くらいの量が提供されます。
    68B2F612-736C-451D-BE9C-0B81EEABCD27.jpeg
    .
    買い物や散歩のひと休みに、友達ともひとりでも。
    気兼ねなく訪れることができるカフェ・パヴェーヌ。
    最高のショコラと最高の笑顔に出会いに、ぜひ訪れてみてください。

    ■Café Pavane
    ・住所: 22 Rue de Vaugirard 75006 Paris 6
    ・営業時間: 月曜〜土曜日 12:00〜19:30
    ・メニュー例: 
    エスプレッソ €2.5
    ガトー €4〜8
    煎茶 €6〜7
    ショコラショー €6.8
    ワイン1杯 €4.5(赤ピノ・ノワールまたは白シャルドネ)、他ボトルも
    サラダとキッシュ €11(お父さまの工房で作られています)
    クリビアック €17.5
    ピロシキ3つ €14(肉、ほうれん草、チーズから選べます)

    お土産にタブレット(板チョコレート €3.9)やマカロン(1つ €1.6)も購入できます。

    ・カフェの公式サイトはこちら(フランス語または英語)
    cafepavane.fr

    B9E3E846-3A6D-465F-9737-CE582722A122.jpeg それではまた、à bientôt!

    (写真はすべてご本人の承諾を得て掲載しております)


    2020年7月20日

    Bonjour こんにちは!

    在仏日本大使館より、公共交通機関の運行に関する最新情報が配信されましたので最近のパリの状況とともにお届けいたします。
    7E4A677B-EE26-4CB8-BAA6-41E93913384D.jpeg
    .
    昨日の7月14日の革命記念日の花火にあたっては、シャンドマルス公園での音楽祭は開催されたものの、11時より園内への入場は規制、トロカデロ広場付近も14時から規制が始まり、エッフェル塔近辺は全て封鎖され、テレビなどでの鑑賞が推奨されました。

    5C5AF589-AD39-4540-9932-03B03ABC1302.jpeg
    .
    革命記念日が過ぎると通常ではバカンスの始まりですが、今年はソルドの始まりでもあります。
    注)今年のソルドは7月15日開始です。
    2AFD597D-E8EE-49D0-9892-FAF02EFC494C.jpeg
    パリ市内ではレストランも再開し、街は賑わいを取り戻しています。飲食店も各テーブル間に距離を開ける必要があるため、パリ市はこの夏9月まで特別にテラス席の拡大を認めました。
    86D684F1-1D31-4AFD-8F00-31433E15A22E.jpeg
    サン=ジェルマンデプレは車の侵入が禁止され、道路いっぱいにテラス席が増席されています。
    なお飲食店ではテラス席を除き、入店から着席するまではマスクの着用が求められます。またお手洗いを利用する際も必要となります。
    .
    以下、交通についての連絡です。
    .
    1 日本とフランス(パリ)を結ぶ直行旅客便について
    8月以降、JAL便は週2便から週3便に増便、ANA便は運航を再開、AF便は成田便・関空便とも週3便を運航する予定です。
    (1)JAL:8月~9月は羽田便を週3往復運航
    https://press.jal.co.jp/ja/release/202007/005680.html
    (2)ANA:8月は羽田便を週2往復運航
    https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/
    (3)AF:8月は成田便及び関空便を週3往復運航
    https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/local/resainfovol/meilleuresoffres/info.htm
    .
    2 SNCF,RATPの運行状況は、ほぼ通常運行と発表されています。
    新型コロナウイルスによる閉鎖はほぼありませんが、工事等の影響により一時的な閉鎖を行っている駅もありますので、利用の際は以下のHPで最新情報をご確認ください。
    (1)SNCF(フランス国鉄)
    https://www.sncf.com/fr/itineraire-reservation/itineraire
    (2)RATP(パリ交通公団)
    https://www.ratp.fr/infos-trafic
    .
    また、6月よりデモも再開しています。激化し鎮静のために催涙ガスが使用されることもありました。
    F0AF6C29-F2D7-4B0D-ACA7-CE5805C4B7D0.jpeg
    ▲黒煙のあがるアンバリッド周辺。
    7月毎週木曜日にアンバリッド付近がデモにより封鎖されています。また警察に届出のなされていないデモもあるため、予告なしに始まる可能性もあります。
    コンコルド広場付近にて渋滞で2時間足止めされることもありましたので、移動の予定のある方はご注意ください。
    .
    3 フランス全土において、11歳以上の乗客に対し、公共交通機関利用時のマスク着用義務が継続しています。同義務違反は135ユーロの罰金対象となりますので十分注意してください。
    大きな駅の場合、メトロの出入り口付近にマスク着用を見回るコントローラーがいます。
    .
    .
    なお現在、郵便局から発送できるエコノミー便、通常SAL便は全世界に宛てて休止中です。再開の目処は立っていません。郵送が必要な場合はDHLなどをご利用ください。
    ☆エコノミー便とは、日本国内と到着国内では船便として扱い、両国間は航空輸送するので、船便より速く、航空便より安いサービスです。
    小包は同時にまとめて利用すれば料金割引(10個以上10%、50個以上20%)を受けられます。

    ・送れないものもありますので、詳細は郵便局のサイトよりご確認ください。
    https://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/sal.html
    .
    .
    今回の件で、隣人や周囲の人と協力し合うことの大切さを身をもって実感しました。
    外出制限中もお互い励まし合い、窓越しに挨拶を交わし、足りないものを分け合って乗り越えることができました。
    日本とフランス間の行き来がもっと自由にできるようになる日が一日も早く訪れることを祈ります。

    それではまたà bientôt!


    2020年7月16日
    2020年7月 9日
    2020年6月29日
    2020年6月22日
    2020年6月18日
    ⇒すべての記事を見る

    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ3特派員

      パリ3特派員
      ひろみさん
      大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集