海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/パリ3特派員ブログ

フランス/パリ3特派員ブログ ひろみさん

フランス・パリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Bonjour こんにちは!
フランスでは新型コロナウイルスの影響によりロックダウンが続いています。
レストラン、バーは2021年1月までは閉鎖のままとなります。
しばらくはフランスでも外食は難しそうです。

そこで今日は日本に2020年新しくできた、フランス料理のレストランを紹介します。
626A5DC6-4143-41B2-B631-F8B65520B980.jpeg
場所は古都京都。嵐山の麓にあります。
2020年8月1日、フランス料理界の巨匠アラン・デュカス氏のデュカス・パリが、京都のラグジュアリーホテル「MUNI KYOKO」内にレストランとカフェを展開しました。

レストラン「MUNI ALAIN DUCASSE」ではディナーを、そしてカフェ「MUNI LA TERRASSE」では朝食・ランチ・ティータイムがいただけます。
C134A0B0-67BC-42A9-8113-035ADCC24010.jpeg
MUNI KYOTO は桂川を目の前に望む、最高のロケーション。
コンセプトとして掲げる「唯一無二の景色」を前に、レストランではフランスの味が楽しめます。

シェフはユーグ・ ジェラール氏 M.Hugues Gérardです。
70B043DA-D8EB-4780-B268-850298FD6B8D.jpeg
ユーグ氏はこれまで、シャングリラホテル内2つ星レストラン「ラベイユ」、モナコ「ルイ・カンズ」、ロンドンの3つ星「アラン・デュカス・アット・ザ・ドー チェスター」などで経験を積みました。
もちろん日本国内の和食店でも料理研究を重ねました。
シンプルかつ食材本来の味を完璧にひきだすアランデュカスの料理哲学を踏襲しています。
CDA91F44-83AD-4EC9-8199-9DAB64CAA3E4.jpeg
彼が飾ってあるシャガールの絵にインスピレーションを得て、創作された料理がこちら。
3B85E32B-F933-467A-B432-D3E6655AB83F.jpeg▲トマトとトリュフが絵の色合いを想起させますね。
24C02213-B695-4E49-A0D7-F7FE5F08324D.jpeg
日本の酸味の効いたトマトに合うよう、神戸の弓削牧場のチーズを使用。野菜も日本産です。

料理はこのようにフランスのものを使うのではなく、地元の生産者から厳選した食材を使って仕上げています。

ユーグ氏の料理は和と仏の融合ではなく、100%フランス料理。それを日本の素材だけで仕上げています。簡単なことではありません。

また厨房近くに飾ってある食器類はデュカス氏がパリのクリニャンクールの蚤の市で集めたコレクションなのだそう。
C9A4FB3E-1AC1-4C3E-BB56-3851BC3A299D.jpeg
フランス人のものを大切にするエスプリが感じられます。

夜のメニューは3つのコースから選べます。
(現在2020年12月22日から25日までのクリスマス限定メニューも予約できます。またこの日程のみランチも営業します)

-------------------------------------------
そしてユーグ氏のもうひとつのカジュアルレストランが、嵐山の絶景を独り占めできるカフェ「MUNI LA TERRASSE」
258F0595-F98E-4682-935B-A62A6D05A8BC.jpeg
朝食、昼食、ティータイムが楽しめます。
F94CA78B-075A-4B7E-ACF9-165EC19D0927.jpeg▲ホテルに宿泊した際には朝食もぜひ味わってみたいですね。
CA18C992-35AF-4BDD-A636-DEEC7894C02E.jpeg▲特製アフタヌーンティー
B0BAE571-848D-4DAB-A091-D816B42C5C42.jpeg
▲ベジタリアン文化に合わせた動物性タンパク質を使用していないフラン。濃厚な甘味がたまりません。

ル・ショコラ・アランデュカス東京工房のショコラを使ったショコラ・ショーもあります。
気候のいい季節はテラス席も人気です。


さらにブティックでは焼き菓子Des gâteaux de voyageを購入することができます。
MUNI KYOTOの"signatures"であるブリオッシュと 「ル・ショコラ・アラン・デュカス」のクーベルチュールを使用したオリジナルチョコレートタブレットも。どれもパティシエが一つひとつていねいに手作りしたMUNI KYOTOならではの味わいです。

四季折々、いつ訪れても美しい景観が楽しめる嵐山。いまの時期は紅葉散策のおやつにもぴったりですね。
6E085D1B-63AB-4845-98AE-90DE753DBA8E.jpeg
ユーグ氏によるフランスのエスプリをこの京都で。唯一無二の料理体験をぜひ味わってみてください。


----------------------------------------------
詳細情報
■MUNI KYOTO

・住所: 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3番
・アクセス: JR 山陰線(嵯峨野線)嵯峨嵐山駅下車、徒歩12分
 阪急嵐山線嵐山駅下車 徒歩11分
 嵐電(京福電鉄嵐山駅徒歩4分
・URL: https://muni-kyoto.com
・レストランの予約はこちらから: https://muni-kyoto.com/jp/cuisine/

注)使用している写真はすべて掲載許可をいただいております


2020年11月23日

Bonjour こんにちは!

2020年もパリではイルミネーションが行われます。有名なシャンジェリゼ大通り、ヴァンドーム広場、モンマルトル、ベルシーのイルミネーション、町の小さな通りもライトアップされる季節になりました。
382BD977-E3D1-4860-B0A8-BBE73B1FA237.jpeg▲2019年の様子

新型コロナウイルスの影響で外出制限下のパリではインターネットサイトから個人参加できる試みが始まっています。

シャンゼリゼ大通り

-2020年11月22日より2021年1月6日まで -17時から2時まで。12月24日、12月31日は終日点灯の予定。 毎年人気の著名人による点灯式で多くの人が集まりますが、2020年はちょっと違います。 インターネットサイトから各自個々に点灯式に参加できるというもの。こちらからメールアドレスを登録することで参加できます。 公式ウェブサイト(英語) https://illuminations-champs-elysees.com/en

登録が完了すると、シャンゼリゼ大通りのどこの点灯ができるか地図上で確認することができます。
424238A6-99F4-43AD-9CB5-7DEEC65C65A1.jpeg▲この場合シャンゼリゼ大通り75番地の点灯ができるということです。
自宅にいてもイルミネーションに参加できる特別なクリスマスになりそうですね。


一方で10月27日から始まっている外出制限から2週間。
その成果がまだ数字に表れていないことから、12月1日まで今後も外出禁止が続く見込みです。なおそれ以降に緩和措置が取られた場合も、移動の際の証明書は必要です。
検査数の増加により陽性者が判明されたとする見方もあり、事態が深刻化していると決めつけるのはよくないという意見もありますが、外出制限をきちんと守らない警戒意識の低さが懸念されています。

そのほかのイルミネーションも予定されているものはこちら(ただし今後の状況によってイベント内容が変更になることが十分に考えられます)。

サントノレ通り

■ILLUMINATIONS DE NOËL, RUE DU FAUBOURG SAINT-HONORÉ ・日時: 2020年11月18日より ・場所: Rue du Faubourg Saint-Honoré, Paris 8e

7ED050E2-7A19-481B-9965-F54A976598BA.jpeg

ヴァンドーム広場

■ILLUMINATIONS DE NOËL, PLACE VENDÔME ET ALENTOURS ・日時: 2020年11月19日より ・場所: Place Vendôme, Paris 1er

サンジェルマンデプレ

■ILLUMINATIONS À SAINT-GERMAIN-DES-PRÉS ・日時: 2020年11月28日より2021年1月10日まで ・場所: Quartier Saint-Germain-des-Prés, Paris 6e


レ・アール駅周辺

ILLUMINATIONS DE NOËL, WESTFIELD FORUM DES HALLES (sous réserve) ・日時: 12月いっぱい ・場所: Westfield Forum des Halles - 101 Porte Berger, Paris 1er

ベルシー・ヴィラージュ

・日時: 2020年11月12より2021年1月17日まで ・場所: Bercy Village - Cour Saint-Émilion, Paris 12e

12月1日以降に緩和措置をする決定が下される場合にも、現在閉鎖中の商店を、感染防止措置を強化したうえで開けるのみで、そのほかの多くの人が集まる場所、レストラン、バー、スポーツ施設は閉鎖されたままとなるようです。
クリスマスは家族で過ごす、大切なイベント。
無事年末を迎えられるよう、いまは一人ひとり、当事者意識を忘れずにできるかぎり外出や移動を避けることが求められています。
日本では第三波の懸念もありますね。皆様どうぞご自愛くださいませ。

それではまたà bientôt!


2020年11月13日

Bonjour こんにちは
前回に引き続き、外出制限中のパリから日本入国までの手順を紹介します。

17F43446-6A71-41A9-8C47-96BB902A1389.jpeg

◇陰性証明書について。

日本人が日本に帰国する場合は、フランス出国前の準備として陰性証明書を取得する必要はありません。

注)日本以外の外国籍者がビザを取得した上で日本に渡航する場合は、特例を除き航空機搭乗前72時間以内の陰性証明書が必要です。

ただし、航空会社によっては日本人に対しても陰性証明書が必要であると誤った解釈をしているところもありますので、チェックインの際にトラブルになった場合には、以下の在仏日本大使館ウェブサイトを参照のうえ、説明してください。
https://www.fr.emb-japan.go.jp/itpr_fr/retouraujaponnihonjin.html

CDG空港では来週以降(日付未定)、空港内検査場において出発客を対象とした検査を開始するそうです。
なお、本措置は出発客全員を対象とする趣旨ではなく、渡航先国の衛生基準を踏まえ必要に応じてPCRまたは抗原検査を受けられるようにするもの。
・PCR検査の場合は48時間以内にSMS、メールまたはウェブサイト上にて結果の通知を受ける。
・抗原検査の場合は1~2時間以内にその場で紙面による結果証明書を受け取る。
・検査の予約はサイト上(https://www.doctolib.fr/ )で行う。
・午前は抗原検査、そのあとはPCR検査に充てられる。
・空港で検査を受ける場合は搭乗券の提示が必要。

◇パリ周辺からシャルルドゴール空港までの移動

2020年10月27日より始まっている外出制限において、自宅から空港までの移動には外出証明書を所持している必要があります。 外出の理由としては、直接該当する項目はありませんが、日本の家族に会いに行くということであれば「家族のためのやむを得ない理由」(Deplacements pour motif familial imperieux, pour l’assistance aux personnes vulnerables et precaires ou la garde d’enfants.)にチェックし、パスポートおよび航空券を所持していれば問題ありません。

外出証明書の入手はこちらから。
電子版証明書は、以下リンク先に必要事項を入力・送信すると作成できます。QR コードつきPDFファイルで、検問を受けた際には携帯電話などの画面上にQRコードを表示し、提示することで対応することができます。

https://media.interieur.gouv.fr/deplacement-covid-19/

注)自身が航空便に搭乗するのではなく、家族などを空港まで送り迎えをするための移動は、障害者の付き添いなど特別な理由がない限り認められておらず罰金の対象になりますので、注意してください。

公共交通機関を利用する場合は外出制限により通常よりも電車やバスの運行が削減されている可能性が高いので注意してください。

◇無事シャルル・ド・ゴール空港に着いたら

まず入場にあたっては搭乗券を提示する必要があります。 外出証明書の提示を求められた方もいらしたようなので念のためそちらも準備してください。

空港内はかなり空いている様子でチェックインの際も税関もほとんど待たずに通ることができました。
3A9B485E-5C8F-4E93-B2A5-57EA9200BE5B.jpeg
通常であれば人でにぎわう免税店街も、いまはすべて閉まっています。

カフェなどターミナル内の飲食店もほとんどが閉店しています。早めに到着する場合、お腹が空きすぎないように調整されるといいかと思います。C0DB4227-4A9B-4DE8-8509-D55B4520B8CC.jpeg
空港内のラウンジは営業中。

こちらはエールフランスのラウンジ。朝はマドレーヌやクロワッサンがいただけます。

搭乗ゲート前もあまり人がいません。EA96B14B-A611-4728-B5D4-61364B0B43D6.jpegひと席ごとに間隔を空けることを促すアナウンスが座席に貼られていますが、無人に近い様子。

◇機内の様子について

飛行機の機内もかなり空席が目立ちました。25434C60-C833-4273-B41D-01FD790CFB3C.jpeg ビジネスクラスは6割程度、プレミアムエコノミーやエコノミークラスは1〜2割程度しか埋まっていない様子でした。

乗務員の方はリラックスした様子で、サービスにおいては普段とあまり変わりがないように見受けられました。

注)機内では終始医療用サージカルマスクを着用する義務があります。布マスクではいけないため、必ずサージカルマスクをお持ちください


日本到着後はまず空港のにてコロナウイルス検査を実施します(72時間以内の陰性証明書を所持している外国籍者についても、重ねて実施されます)。
入国手続きはそのあとです。

FA6F27F8-717A-4F1B-B301-AD4D95F18561.jpeg
2020年11月現在、鼻の粘膜から菌の有無を調べるPCR検査ではなく、唾液を採取して行う抗原検査が行われています。

これにより、検査結果を短時間で得られるようになりました。機内で配られる紙には2時間程度で結果が判明、待ち時間が3時間程度になる可能性があると書かれていますが、私は1時間で結果を得ることができました。
注)乳幼児など唾液の採取が難しい場合は鼻から鼻咽頭ぬぐい液を採取します。


注)再測定になった場合は検疫官から知らされます。再測定でも判定できなかった場合にPCR検査を実施するためさらに3時間程度待機が必要になります。

1〜2mlの唾液を自分で容器に採取して提出する必要があり、個別ベースには梅干しとレモンの絵が飾ってありました。

検査結果が出るまでは空港内のスペースまたは検疫所が指定した施設などで、待機することが求められています。現在便数が減ったために使われていないターミナルにて結果を待ちます。電光掲示板に自身の番号が表示されるのを待ちます。

DA5B2CA7-52B4-4468-9329-539B8EBB5805.jpeg
その際、14日の待機期間中の健康状態について毎日連絡があると説明があります。日本国内の住所、電話番号、メールアドレスなどを質問表に書いて提出し、ひとりずつ面談の時間があります。おおむねLINEのアプリからメッセージまたは電話による健康確認が行われるそうです(人によっては2週間で3回の確認であったり、毎日電話連絡があったりと場合にもよるそうです)。
乗客同士はいたって和やかな雰囲気でしたが空港内はものものしい雰囲気。完全防護服を着用した従業員の方もいらっしゃいました。

無事陰性結果を得られたら、自宅などの滞在場所へ移動します。

14日間の待機は、入国の次の日から起算して14日なので15泊待機しなければなりません。
注)自宅ではなく宿泊施設を利用する場合、自身で手配をし、かつ費用はすべて自己負担です。

到着する空港から、その滞在場所まで公共交通機関を使用せずに移動する手段としては、自家用車、レンタカーが挙げられます。
私は厚生労働省のウェブサイトより紹介されている基準を満たすハイヤー会社に送迎をお願いしました。
☆厚生労働省紹介のハイヤー会社一覧
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00020.html
26AF0AC1-0FB5-482C-9334-D53212C3479C.jpeg
▲乗車前に着用するようにと渡された手袋


自宅、社宅、親戚の家、友人の家、マンスリーマンション、自身で予約したホテルに着いたらその次の日から14日間は他人と接触を控えるように説明を受けます。

この時期、余暇ではなく必要に迫られて移動を余儀なくされる方ばかりだと思われます。
国境は厳戒態勢が敷かれていますが、乗客同士はお互いに助け合おうとする様子が見られました。

今後もパリの情報をお届けします!
それではまた、à bientôt!


2020年11月 8日
2020年11月 2日
2020年10月20日
2020年10月17日
2020年10月12日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ3特派員

    パリ3特派員
    ひろみさん
    大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集