海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ3特派員ブログ > モザイクで彩られたCluny-La Sorbonn...

フランス/パリ3特派員ブログ ひろみさん

フランス・パリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月28日

モザイクで彩られたCluny-La Sorbonne 駅


モザイクで彩られたCluny-La Sorbonne 駅

1A1FAB5A-BEA4-4D0E-BE96-E7EFC893567B.jpeg「メトロは我々外国人に、パリという街を精緻に教えてくれる」
フランツカフカが日記に書いた言葉です。

パリは文化の街。フランスのみならず世界中の作家をも魅了してきました。文学とは切り離せません。

市内を走るメトロでも作家の足跡を見つけることができます。

メトロ10番線Cluny-La Sorbonne クリュニー・ラ・ソルボンヌ駅もそのひとつ。
80C10C55-5816-418B-A18B-4C27077863D9.jpeg
天井に無数に描かれたサイン。これは芸術家ジーン・バゼンによって作成された、作家、詩人、哲学者、研究者、王の名前なのです。本人の署名をモザイクで忠実に再現しています。

この駅はノートルダム大聖堂近く、パリの中心にあります。
そばにあるquartier latin カルチェラタンとはラテン地区ということ。その昔、ラテン語を共通語とし、学生たちが集ったことから名づけられました。ラテン語は今は使われていませんが、ヨーロッパ の多くの言語の元となっている重要な言語です。フランス語だけでなく、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ルーマニア語などはラテン語から生まれました。そのため単語や文法が似通っているのです。フランス語がペラペラになったらイタリア語も簡単に理解できるかも?

学生の街ですから大学も多くあります。
駅の名前でもあるソルボンヌ。これはパリ第3大学、第4大学のこと。実はパリにソルボンヌ大学という名前の大学は存在しません。通称そう呼ばれているのです。市内の区と同じく、大学も数字がついているだけ。9を除く1〜13まで存在していて、複合大学が多いため全く違うわけではないのですが、それぞれにカラーがあります。
文学が盛んな4はよりクラシカル、3は文学にとどまらず演劇や現代も研究するため、ヌーベル、新しい、ソルボンヌと呼ばれています。
日本のように大学が普段から開放されているわけではありませんが、9月のヨーロッパ 文化遺産の日などには内部を見ることもできます。

さて、天井に描かれたサインのいくつかを紹介します。
19世期の詩人、アルチュール・ランボー
彼の詩は日本のコマーシャルでも使われていますね。
326345B1-A813-4697-BC65-CFEAC5759CE7.jpeg


ノーベル賞受賞者のマリー・キュリー
7075A11C-B09E-4CE4-BDF0-3552C37A9715.jpeg
サントシャペルを建設したルイ9世、聖ルイ
421E6B36-5FBA-4D1C-809C-BBCD8954278E.jpeg

ほかにも「風立ちぬ」の題名にもなった詩を書いた、ポール・ヴァレリーやフランス革命で有名なロベスピエールもいます。
この駅にきた際にはお気に入りの有名人の名前を探してみてください。

さて、来週から始まるストライキ。メトロでパリのエスプリを感じることになるのでしょうか。12月3日に詳細が発表され次第、情報を更新します。
それではまた! A bientôt!

パリの街について質問がある方はご遠慮なくコメントください。できるだけ早くお調べしてお返事差し上げます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年11月28日
« 前の記事「12月5日より各機関による30年ぶりの大規模ストライキ決行、最新情報」へ
»次の記事「大規模ストライキ12月5日の交通機関最新情報発表」 へ
パリ3特派員 新着記事
冬限定のお楽しみチーズMont d'or でフォンデュ
ストライキでも諦めない!!電車が動かないなら船に乗ろう!
【速報】12月7日現在のストライキによる影響とパリの様子
【速報】大規模ストライキによる影響
大規模ストライキ12月5日の交通機関最新情報発表
モザイクで彩られたCluny-La Sorbonne 駅
12月5日より各機関による30年ぶりの大規模ストライキ決行、最新情報
ベル・エポックにタイムスリップ! 世界最古のメリーゴーラウンドに乗ろう!

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ3特派員

    パリ3特派員
    ひろみさん
    大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集