海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ3特派員ブログ > 町一番のバゲットを食す!パリのブーランジェリー

フランス/パリ3特派員ブログ ひろみさん

フランス・パリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月 5日

町一番のバゲットを食す!パリのブーランジェリー


町一番のバゲットを食す!パリのブーランジェリー

Bonjour こんにちは!
今年もまた、バゲットコンクールの時期がやってきました。
毎年この時期になると市民も応募して、抽選に当たればコンクール審査員になることができます。
パリ市内約300のブーランジェリーがこぞって参加します。
数あるコンクールのなかでも特に重要な理由は、1位になるとその年1年間、首相官邸、エリゼ宮で食されるからです!
つまり1位のパン屋さんのバゲットを食べるということは首相と同じものを食べるということですね。
.
〈審査のポイントは5つ〉
・焼き加減
・味
・中身
・匂い
・見た目

カリッと焼き上がっているか、気泡は十分にあるか、中はもっちりしているか、小麦の香りがしているかがポイントとなります。

2020年3月5日のコンクール審査にはパリのパン協会会長やフランス料理学校の校長、前年の優勝者が審査にあたり、10位までを決定します。
このバゲットには、55から70cm、250から300g、小麦1kgあたりに使う塩の量など厳しい基準が掲げられています。
パリはどこのパン屋さんでも瞠目するほどおいしいのですが、なかでも15区はパン屋さん激戦区。
どのパン屋さんにもコンクール受賞の小麦マークが掲げられています。
.
本日ご紹介するのはパリのあらゆるパン屋さんのバゲットを食べた結果私が一番だと強くおすすめするお店、メゾンピシャールMaison Pichardのバゲット。
09787E8E-9166-4BF3-8D39-9CFC8E3893B2.jpeg
こちらはバゲットだけでなく、クロワッサンもヴィエノワズリーもガトーもすべて絶品。はずれはありません。
BE9B2F80-0209-4156-9D0B-2A40F1CCA9B2.jpeg
84464583-B327-4CFE-B556-5E583ABDD7EE.jpeg
▲クロワッサンも何度も受賞歴あり!
.
いつでも行列ができていて手練れの店員さんがテキパキとさばいていきます。
10BCF817-3C1F-4E81-8DA0-840D825A9DDC.jpeg.
ちなみにバゲット(日本ではフランスパンとも呼ばれています)には2種類あります。
・Une baguette
・Une baguette tradition
トラディションとは1993年に首相エドゥアール・バラデュール、Édouard Balladurが発令し、定めたまだ歴史の浅い呼び名です。
何が違うのかというと、トラディションは冷凍生地を使っておらず、その店で焼いたもの、かつ添加物が入っていないバゲットを指します。
そのため普通のバゲットよりいくらか値がはります(といっても10サンチームほどです)。
.
食感はトラディションのほうが固めで噛むとバリっとしており、普通のバゲットの方が若干もっちりふんわりしています。
パン屋さんではふたつとも置いてあることが多いです。
MONOPRIXやスーパーでもバゲットを置いていますが、それらはもちろんトラディションではありませんよ!
.
皮が少々硬めで香りがすばらしく、買って家に着くまでに絶対味見してしまいます。
道ゆくパリジャンたちの手にしているバゲットは先っぽがなくなっていることがほとんど。焼き立てを渡されたらたまりませんよね。
.
このトラディションは1本€1.15です。
ぜひ一度はご賞味ください!
.
■メゾンピシャール La Maison Picard
E9922C8C-9E13-4661-9EC1-E071C4427608.jpeg
・住所: 88 Rue Cambronne, 75015 Paris, France
・アクセス: メトロ12番線Vaugirard駅徒歩3分、8番線Commerce駅徒歩8分
・営業時間: 水曜から土曜の7:00〜13:30、16:00〜20:00、日曜は7:00〜13:30
・定休日: 月曜、火曜、祝日
※そのほか夏のバカンスで7月末から8月末、スキーバカンスで2月もお休み
.
なお息子さんのお店がパリ市内5区にあります。
こちらも数々の受賞歴あり。
■メゾンイザベル La Maison d'Isabelle
・住所: 47ter Boulevard Saint-Germain, 75005 Paris, France
・アクセス: メトロ10番線Maubert - Mutualité駅目の前
・営業時間: 火曜から日曜は6:00〜20:30(昼休憩なし)
・定休日: 月曜、祝日
※バカンスあり
.
それではまた、 à bientôt!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2020年3月 5日
« 前の記事「世界にひとつだけのわたしのジュエリー【阪急うめだフランスフェアに期間限定出店!】」へ
»次の記事「本場パリでバレエレッスンに挑戦!」 へ
パリ3特派員 新着記事
豪華な邸宅で生活の中の芸術に触れる、ジャックマールアンドレ美術館Musée Jacquemart-André
古き良きベルエポックのサロンドテ Le Valentin
パリでは貴重!?本当においしいイタリアン
2020年6月15日よりパリ、通常生活へ!!
オテルリッツの味をcomptoirで気軽に楽しむ
プチカフェで楽しむおいしいコーヒー
懐かしいはマドレーヌの香り
パリの美術館、再開放日一覧

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ3特派員

    パリ3特派員
    ひろみさん
    大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集