海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ3特派員ブログ > パリ・オペラ座公演バレエ「シンデレラ」Cendri...

フランス/パリ3特派員ブログ ひろみさん

フランス・パリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月 4日

パリ・オペラ座公演バレエ「シンデレラ」Cendrillon


パリ・オペラ座公演バレエ「シンデレラ」Cendrillon

Bonjour こんにちは!
現在パリ・オペラ座の公式ウェブサイトでバレエ「シンデレラ」が2020年5月21日まで無料で視聴することができます。

この演目は先日ご紹介した「ジゼル」と打って変わって現代が舞台の作品です。
原作はもちろんシャルル・ペロー、セルゲイ・プロコフィエフの音楽のまま、ルドルフ・ヌレエフのアレンジが効いています。


舞台は1930年代アメリカのハリウッド。
シンデレラはスターを夢見る少女で魔法使いは映画プロデューサーです。
いじわるなまま母とふたりの姉にいじめられているところへやってきた怪我をした映画プロデューサーを介抱するところから物語は始まります。
映画スターの相手役オーディションに挑むシンデレラ。映画のようなストーリー展開です。現代風にアレンジはされていますが、シンデレラの信じる力はそのまま描かれています。
2FBEA463-DB75-451E-B2DE-0011D7184F8E.jpeg
(写真提供:Valentine Colasante ヴァレンタン・コラソント)


シンデレラ役はValentine Colasante ヴァレンタン・コラソント
今回の王子役ともいえる映画スター役はカール・パケット Karl Paquette
継母はオレリン・オウエット Aurélien Houette
姉役はドロテ・ジルベール Dorothée Gilbert、リュドミラ・パジリエロ Ludmila Pagliero
お父さん役はピエール・レティフ Pierre Rétif
主要人物がすべてオペラ座のエトワール達で構成された豪華な舞台です。

姉役のドロテ・ジルベールは先日ご紹介した「ジゼル」のジゼル役を務めているエトワールです。劇中にくすりと笑いを生む、わざと下手に踊るダンスもとてもうまく、演じるキャラクターの多様性に驚かされます。

1930年代といえば、ハリウッド黄金期と呼ばれる時代です。チャーリー・チャップリンにはじまりトーキー映画の登場、『風と共に去りぬ』『市民ケーン』などの時代です。
途中シンデレラがそのオマージュに扮するシーンもとってもチャーミングです。さてなんの映画かお分かりになるでしょうか?

また衣装デザインは森英恵さん。
オートクチュールが基本のこの時代。シンデレラの纏うイヴニングドレスが当時の様相を印象づけます。映画の町の設定なだけあってさまざまな衣装が見られるのもうれしいですね。チャイナドレス風や丈がアシンメトリーにデザインされたスペインのカルメン風の衣装も魅力的です。使われているヘッドドレスや小物も見逃せません。
舞台自体は象徴的ですので、衣装のおかげでぐっと当時の様子が伝わってきます。

この公演の2018年12月31日はエトワールのカール・のアデュー公演(引退公演)でした。彼がエトワールに任命されたのも2009年の大晦日でした。今までに王子役はもちろん、「白鳥の湖」のロットバルトや「くるみ割り人形」のドロッセルマイヤーなどすこし妖しげなキャラクターも似合います。今回のアデュー公演では彼のきらきらした軽やかなステップを惜しみなく見られます。

王子様に頼りきりではなく自分の力でチャンスを掴み取るのは現代のシンデレラに必要な要素かもしれません。
見た目も華やかなハッピーエンドの演目ですので、外出制限中の気分も明るくしてくれること間違いなしです。

パリ・オペラ座の過去の公演は公式サイトから
(フランス語または英語)
https://www.operadeparis.fr/en/magazine/cinderella-replay
A6EB65DE-2EFC-4CD8-B5B0-B17EB654C2CC.jpeg
▲フランスでは5月1日にすずらんを贈る風習があります。
2020年の今年は八百屋さんやスーパーで販売されていました。


外出制限緩和まであと1週間。
がんばって乗り越えましょう!

それではまた、à bientôt!

*********************************
毎日更新!
インスタグラムにてパリの街をお届けしています!
@hiromi_symparis
https://www.instagram.com/hiromi_symparis
ブログに載せきれないことはこちらから☆
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2020年5月 4日
« 前の記事「外出制限令の緩和、ついに発表!」へ
»次の記事「外出制限緩和5月11日以降のパリ」 へ
パリ3特派員 新着記事
究極の1杯を求めて、パリ〜グアテマラの旅。La cafeotheque
豪華な邸宅で生活の中の芸術に触れる、ジャックマールアンドレ美術館Musée Jacquemart-André
古き良きベルエポックのサロンドテ Le Valentin
パリでは貴重!?本当においしいイタリアン
2020年6月15日よりパリ、通常生活へ!!
オテルリッツの味をcomptoirで気軽に楽しむ
プチカフェで楽しむおいしいコーヒー
懐かしいはマドレーヌの香り

フランス ツアー最安値


2020/7/11更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ3特派員

    パリ3特派員
    ひろみさん
    大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集