海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ3特派員ブログ > 懐かしいはマドレーヌの香り

フランス/パリ3特派員ブログ ひろみさん

フランス・パリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月 8日

懐かしいはマドレーヌの香り


懐かしいはマドレーヌの香り

Bonjour こんにちは!
フランスでは、コーヒーや紅茶を頼むと必ずあまいお菓子がついてきます。
47A55834-FFCB-4E55-93CE-A82DF89AF6CB.jpeg
このついてくるおまけのお菓子petit four をフランス人に聞くと、
人生と同じ。苦いものには甘いものが必要でしょ、とのことで、
どこで頼んでも大抵何かしらついてきます。

593392B0-153A-4A93-9AB0-9FFA59EF7F35.jpeg
たまにマドレーヌがついて来ることも。マドレーヌについてはフランス語に面白い表現があります。
「プルーストのマドレーヌ」です。
20世紀の作家、マルセル・プルーストは大長編小説「失われたときを求めて」を執筆しました。
その長さ、日本語訳でなんと第十巻分!

そのなかに、マドレーヌを紅茶に浸して口に含んだ瞬間、子供時代が脳裏に蘇るというエピソードがあります。
実はフランス語には「懐かしい」を一単語で表す表現はなく、そのためあの十冊もの大長編を著したともいわれています。
そこから懐かしいものに出会ったとき、「これは私のプルーストのマドレーヌ!
 C'est mon madeleine de Proust 」という言い回しが生まれました。

0D88407F-CED9-4308-B7F5-B71EEFFDBED2.jpeg

マドレーヌは1755年、コメルシーCommercyのお城で生まれました。お城専属のパティシエがやめてしまった時、マドレーヌという小間使いさんが来客の際に急いで焼き上げたのが発祥と言われています。


マドレーヌちゃんと言えばこちらの絵本も有名。
40B4DD3A-BD46-4562-AADE-250B1441A201.jpeg
日本語訳(瀬田貞二さん訳。福音館書店より)も発売されていますね。

げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ) https://www.amazon.co.jp/dp/4834003620/ref=cm_sw_r_cp_tau_gWK3Eb4QCMX5G

題名は LE SAUVETAGE DE MADELEINE 「げんきなマドレーヌ」です。
作家のルドヴィヒ・べメルマンは画家としても活躍していて、絵本の中でおてんばなマドレーヌちゃんとセーヌ川、ノートルダム寺院、フランス学士院にサクレクールとパリのみどころが楽しめます。
女の子の名前としても使われる、その由来はやはり聖書です。


とてもフランス文化に浸透しているお菓子、マドレーヌ。
焼き菓子なのでお土産に買って帰ることもできます。

モノプリなどのスーパーでも買える、みんなだいすきBonne Mamanボンヌママンのマドレーヌもおすすめです。日持ちもたっぷりします。
味はチョコレート、レモン、オレンジ、バニラ、プレーン(バター)の4種類。バターの香りが甘く香ってついつい手を伸ばしてしまいます。

パン屋さんでも買うことはできますが、マドレーヌに焦点を当てるならおすすめはここ!
4EDD8F8E-B808-4CC6-8C68-61ED98C08C17.jpeg
Pâtisserie Gilles Marchalはモンマルトルのふもとにあります。

プレーン、ショコラ、オレンジ、フランボワーズ、レモン、ピスタチオ、プラリネ、キャラメル、トリュフの9種類もあります!シェフのジルさんはマドレーヌの生まれたのと同じロレーヌ地方の出身で、たくさんあるパティスリーの中でもマドレーヌは特別なものなそう。
B069399F-B015-49C0-AB2B-FFA012A3C562.jpeg
甘すぎずバターの風味がしっかり感じられる、芸術的なマドレーヌです。
ひとつずつ個装されているのでお土産にもぴったり。※焼き菓子は日持ちしますが、保存料などは入っていないのでご注意を!
26233D89-A922-42F9-87B3-32BF5EFB74CB.jpeg
サクレクール寺院から徒歩5分なので、モンマルトルへ行かれる際にはぜひお立ち寄りください。(外出制限中の現在も営業中です)

http://gillesmarchal.com/

ACE61836-1C85-4A3D-BA5E-0A57A02B4670.jpeg
お家に帰ってバターの香りとともに、プルーストのマドレーヌ気分に浸ってみてはいかがでしょうか。

それではまた、à bientôt!

*********************************
毎日更新!
インスタグラムにてパリの街をお届けしています!
@hiromi_symparis
https://www.instagram.com/hiromi_symparis
ブログに載せきれないことはこちらから☆
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術
2020年6月 8日
« 前の記事「パリの美術館、再開放日一覧」へ
»次の記事「プチカフェで楽しむおいしいコーヒー」 へ
パリ3特派員 新着記事
豪華な邸宅で生活の中の芸術に触れる、ジャックマールアンドレ美術館Musée Jacquemart-André
古き良きベルエポックのサロンドテ Le Valentin
パリでは貴重!?本当においしいイタリアン
2020年6月15日よりパリ、通常生活へ!!
オテルリッツの味をcomptoirで気軽に楽しむ
プチカフェで楽しむおいしいコーヒー
懐かしいはマドレーヌの香り
パリの美術館、再開放日一覧

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ3特派員

    パリ3特派員
    ひろみさん
    大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集