海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ3特派員ブログ > 番外編 南仏ニース旅

フランス/パリ3特派員ブログ ひろみさん

フランス・パリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月 7日

番外編 南仏ニース旅


番外編 南仏ニース旅

Bonjour こんにちは!


フランスでは国の法律により、年に最低5週間のバカンスを取ることが義務づけられています。
特に夏はパリから人が消えるといわれるほど、皆さんバカンスへお出かけになります。
注)お店も8月いっぱいお休みを取ることが多いので、この時期に観光でいらっしゃる場合はご注意くださいね。

フランス人の8割が国内でバカンスを過ごすともいわれており、なかでも大人気なのが南仏。
F0E2C01D-130B-4246-B9CF-5A0BB84694D1.jpeg
パリの緯度は日本の北海道とおなじで、昨今の猛暑を除けば、気温が30度を超えることはありませんでした。秋や冬には日照時間も短く、ビタミンDの生成がうまく行われず、鬱になる人も多いのだとか......
夏の間にたっぷりと日差しを浴びておこうという健康意識から、太陽を楽しむために南へでかける人が多いのです。

南仏、コートダジュール地方の首都、ニースへはパリから飛行機で1時間30分ほど。シャルルドゴール空港またはオルリー空港から毎日運行便が出ています。
なお、タクシー料金の規定が変わりましたのでご注意ください。

・シャルルドゴール空港⇄パリ市内右岸は€53
・シャルルドゴール空港⇄パリ市内左岸は€58

・オルリー空港⇄パリ市内右岸€38
・オルリー空港⇄パリ市内左岸€33

法外な値段を請求する悪徳ドライバーも多くいますので、空港から乗車する際は必ずタクシー乗り場で順番を待って利用するようにしてください。
※自ら声をかけてくるドライバーは絶対に避けてください※


さて、ニースでは2020年の今年、例年より1ヵ月遅れで開催となったツール・ド・フランスが2020年8月29日開幕されました。

3EA9EE5C-AB20-4768-A316-B401BE9FBED3.jpeg
スタート時は生憎の小雨模様でしたが、駆けつけた人々は大盛り上がり。
5642D2EB-8150-4D5E-BBD1-3A8FCFC78EF0.png
今年限定の特別イベントとあり、象徴の青い椅子もツール・ド・フランスカラーに。D15A8DC4-48CB-49D4-A951-909A9AEEE7FB.jpeg

青い海と空のコントラストがたまらなく美しいです。
海も透き通っており、魚が怖いくらいにいました。


ビーチは砂ではなく石浜のため、ビーチシューズがあると怪我の恐れもないかと思います。なお、ビーチグッズはニースの街中にある露店で買うことができます。(ビーチシューズ€9から)

パラセイリングやバナナボートなど、アクティビティも充実しています。

気になるビーチでの過ごし方は、大きく分けてふたつあります。
・公共ビーチにタオルや敷物を持参する
・プライベートビーチ(la plage privée)を利用する
公共はもちろん無料です。
石浜のため、厚めのクッションを持参している人が多かったです。
プライベートビーチはひとり一席あたり€20〜30を支払い、パラソルとビーチベッドを借りることができます。
非常に快適に過ごすことができるため、ビーチでくつろぎたい方にはこちらがおすすめです。
ECDF5C3C-D6F8-45BF-90AD-19177407876F.jpeg
海辺でもエスプレッソを飲み、おしゃべりに花を咲かせる様子を見ているとフランス人らしい過ごし方だなあとほのぼのしました。
水泳大国なだけあって、老若男女みんな頭から水に飛び込んでいくさまは眩しいほど。

今年はやはり国外旅行へ出かけるのはごく少数だったようで、例年よりもずっと国内旅行が人気でした。
なお、ニースも町なかでのマスク着用が8月下旬より義務化されました。
375026E0-5117-446A-B8E8-06922320FB2B.jpeg
プライベートビーチでも食事エリアではマスク着用での移動、レストランでも席に着くまでは着用、とパリとおなじ規則です。
違反した場合は罰金€135です(11歳以下を除く)。

番外編、次回も続きます......

それではまた、à bientôt!

*********************************
インスタグラムにて毎日お届けしています!
@hiromi_symparis
https://www.instagram.com/hiromi_symparis
ブログに載せきれないことはこちらから☆
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2020年9月 7日
« 前の記事「印象派好きなら外せないマルモッタンモネ美術館 le musée Marmottan Monet」へ
»次の記事「番外編・南仏ニースから行けるおすすめの町」 へ
パリ3特派員 新着記事
どこ行く?ヨーロッパ文化遺産の日【2021年】
香りの首都でフランスのお仕事を体験!香りを生み出す、鼻「nez」とは?
日本で出あえるパリ〜クリストとジャンヌ=クロードによる凱旋門ラッピング
【2021年8月】新型コロナウイルスに対するフランスの対応
朝カフェ活動!パリを朝から満喫する②右岸編
ワクチン・パスポートと2021年のバカンス
老舗紅茶店のサロンドテで紅茶の世界に浸る Mariage Frères マリアージュ・フレール
朝カフェ活動!パリを朝から満喫する①左岸編

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ3特派員

    パリ3特派員
    ひろみさん
    大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集