海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パルマ特派員ブログ > プロシュット・ディ・パルマ(パルマの生ハム)

イタリア/パルマ特派員ブログ 西村 明美

イタリア・パルマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月 7日

プロシュット・ディ・パルマ(パルマの生ハム)


メール プリント もっと見る

プロシュット・ディ・パルマ(パルマの生ハム)

前回に続いてパルマの名産品をご紹介します。
プロシュット・ディ・パルマ(パルマ産生ハム)は、日本でも大型スーパーなどで見かけるようになりましたね。
日本ではイタリアンレストランに行かなければなかなかスライスしたばかりの生ハムは食べることが難しいかもしれません。
イタリアにいらっしゃったら、ぜひ、スライスしたばかりの香り高いパルマの生ハムを食べるのをお忘れなく!!
IMG_2613.jpg

プロシュット・ディ・パルマは、パルマの南、アペニン山脈の麓の丘で作られています。
パルミジャーノ・レッジャーノ同様、EUからDOP(原産地保護保証)に指定されている食品です。原産地保護保証は、伝統的な方法で、その地方独特の地域性を生かして生産された食品に与えられます。生産方法、生産地など、規律があり、それに従って生産され、最終的に検査に合格したものしかプロシュット・ディ・パルマと名乗ることができないのです。
IMG_2987.jpg
パルマの丘。アペニン山脈からリグリア海からの海風が川を通って降りてきます。その風を浴びて熟成されるのが、パルマハムの特徴です。
IMG_4541.JPG
パルマハム、豚の後ろ足で作られます。
豚は、イタリア産、そしてイタリアの10の州の中で生まれ育ったものと決められています。
パルマハム用の豚として生まれ、生まれた月と養豚場番号が、刺青されます。それはハムとなっても残り、トラッサビリティー(原産地としてわかるようになっている)が取れる仕組みになっています。と畜場も同様に、屠畜月とと畜場番号が焼印として残ります。
ハムの工場に入ると、工場番号と工場に入った月が焼印され、塩漬けされます。
IMG_4644.jpg
その後は、乾燥を待ち、熟成させるというローマ時代からされている単純なハム作りです。
自然の環境を生かして、自然の酵母がハムを熟成させます。
IMG_3212.jpg
こちらが熟成庫。
わーと思わず声が出てしまう大量のハムと熟成香。
塩漬けしてから12ヶ月経つと、パルマハムの検査員が工場で検査します。
こちらの針で検査します。
IMG_4542.jpg
これは馬のアキレス腱でできているもので、目に見えない小さな穴がたくさんあり、一瞬にしてハムの内部の香りを閉じ込め、一瞬にして外に出すのだそう。検査員は、この針をハムに刺して、欠陥がないのを確認します。
IMG_4665.jpg
そしてこの冠の焼印が押され、初めて、プロシュット・ディ・パルマとして世に出ることができるのです。
パルマのこの土地で生まれたプロシュット・ディ・パルマ。
生まれた土地でスライスしたての生ハムは、脂肪分が口の中でとろけて、格別です。
是非お試しください。お土産としては持ち帰れませんのでご注意ください。(税関で没収されてしまいます)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年9月 7日
« 前の記事「パルミジャーノ・レッジャーノチーズ」へ
»次の記事「パルマ名産、ハムの王様クラテッロ・ディ・ジベッロ」 へ
おすすめ記事
    パルマ特派員 新着記事
    パルマ名産、ハムの王様クラテッロ・ディ・ジベッロ
    プロシュット・ディ・パルマ(パルマの生ハム)
    パルミジャーノ・レッジャーノチーズ
    ドロミテの魅力
    ゆっくりヴァカンスな気分
    イタリアで有機栽培、ビオの食品を購入するには。
    ランブルスコワインを極める
    ノチーノ(NOCINO)作り
    1年前の同じ月に投稿された記事
    パルマのランブルスコフェスティバル
    ポルチーニ茸のお祭り
    パルマハムフェスティバル
    ヴェローナまで足を伸ばして

    イタリア ツアー最安値


    2017/9/23更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パルマ特派員

      パルマ特派員
      西村 明美
      1996年よりパルマ在住。イタリアの食に魅せられ、ワイン、ハム、チーズ等のイタリア食材を勉強しています。地元で築いた人脈を生かし、一般の方からメディア向けまで、様々なコーディネートをしています。 AISソムリエ。APRパルミジャーノ・レッジャーノチーズテイスター。イタリアジャーナリスト協会会員。特派員ブログでは食だけではなく、様々な角度からイタリアをお伝えします。 ホームページはこちら DISQUS ID @akemi nishimura

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集