海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ペナン特派員ブログ > マレーシアのランカウイ島から船でタイへ行く方法

マレーシア/ペナン特派員ブログ Marina.

マレーシア・ペナン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月22日

マレーシアのランカウイ島から船でタイへ行く方法


メール プリント もっと見る

マレーシアのランカウイ島から船でタイへ行く方法

年末年始、ペナンからマレーシアのランカウイ島を経由してタイへ旅行へ行ってきました。
ペナンからタイは飛行機を使えばバンコクやプーケット、クラビなど有名観光地へ直行便で簡単に行けるのですが、今回は日本人があまり行かないところに行きたいなということで、ランカウイ島から船でタイへ行くというちょっと変わったおもしろい旅をしてきましたので皆さんにもご紹介したいと思います。


船でタイへ行くと聞くとどんな旅を想像しますか?
長時間の過酷な船旅?(笑)アジアの小舟?はたまた豪華客船?(笑)などなど想像が膨らみますが、タイはマレーシアのお隣の国、そしてランカウイ島と今回向かった先タイのリペ島はそれほど遠くない距離なので案外手軽に利用できる船旅なんですよ。


1bbh.jpg


今回の旅先、タイのリペ島。地図で見るとランカウイ島とリペ島が近いのが分かりますね。ペナンとランカウイも飛行機で30分程のあっという間の距離です。日本からランカウイ島へ行くにはクアラルンプールなどを経由した飛行機がいくつもありますし、日本の旅行会社のパッケージツアーも多くでているので手軽にチケットを買うことができます。


ではランカウイ島からタイのリペ島へ船で行く場合はどこでチケットを取ればいいのか?
いくつか方法がありますが今回は私が利用した方法をご紹介しますね。


船のチケットはインターネットで事前にフェリー会社 Telaga Terminal のホームページから購入できます。購入時にクレジットカードが必要です。


船は一日2便。
ランカウイ発は午前と午後に1便ずつで、9:30発14:30発があり、ランカウイ島からリペ島への片道チケット、またはランカウイ島⇔リペ島の往復チケットを選択できます。


【乗船料金】
・ランカウイ⇔リペ(往復)
 大人 RM248(¥6,448)
 子供 RM208(¥5,408)


・ランカウイ⇒リペ(片道)
 大人 RM128(¥3,328)
 子供 RM108(¥2,808)

※オンラインで購入すると上記料金から片道一人RM10ずつオンライン割引が適用されます。


インターネットで予約受付、支払いが完了したらメールでBooking Voucherが送られてくるので印刷して旅行当日に船着き場へ持参して下さい。


Telaga Harbour International Terminal
住所:Lot 1, Telaga Harbour Park,Pantai Kok, Langkawi,Kedah, Malaysia
こちらが今回利用するランカウイ島とタイのリペ島を結ぶ船が発着する船着き場です。
※クアジェッティにも発着する船着き場があるので場所を間違えないようにしましょう。


IMG_0261-1.jpg


Telaga Harbour(テラガハーバー)はランカウイ国際空港からタクシーで15分程のところにある船着き場。ホテルが多くあるパンタイチェナンエリアからはタクシーで30分ぐらいの距離です。


チェックインは出発の2時間前から30分前まで。写真奥の青い建物の受付けに船のチケットを予約した時に印刷したBooking Voucherパスポート出入国カードを記入して提出します。出入国カードは受付けでもらえますよ。


※ここではもらうのは行きの船のチケットのみです。帰りの船のチケットはリペ島でもらうのでその際に再度Booking Voucherの紙が必要になります。提示したBooking Voucherは帰りまで大切に持っておいてくださいね。


船の受け付けが終わったら写真手前の建物「TH INTERNATIONAL TERMINAL」イミグレがオープンするまでしばらく待ちます。コーヒー、軽食を販売するお店がありましたのでここで軽く朝食をとることもできますよ。


sq1603.jpg


時間になると出入国カウンター(イミグレ)がオープンします。
チェックを受け出国スタンプをもらったらいよいよ乗船。こちらの船でランカウイ島からタイのリペ島まで1時間30分ほどの船旅のスタートです!


1-1.jpg


乗船前にイミグレの出口で船の係員にパスポートを預けてから船に乗り込みます。大きな荷物は入口に集めて置かれます。


IMG_1284-1.jpg


船酔いしやすい私は事前に酔い止めを飲んで乗船しました。
船内はエアコンが効いており寒すぎることもなく適温でしっかりした座席にテレビもありました。船は私が思っていたより大きかった(笑)ですしこの日は揺れも激しくなかったので快適に過ごすことができました。
船が出発してしばらくすると船のデッキに登れるというので外に出てみました。


IMG_1604-1.jpg


曇り空で少し残念でしたが逆に日差しが暑すぎずデッキで景色を眺めたり、写真を撮ったりとのんびり船旅気分を満喫することができました。約1時間30分の船旅はあっという間に過ぎいよいよリペ島上陸です!


IMG_0683-1.jpg


リペ島は小さな島で桟橋のないビーチに船が着くので沖でこちらの小舟に乗り換えて島に上陸します。
小舟から陸へ降りる際には水に濡れること必須なのでそのつもりで履物を用意しておくといいでしょう。


IMG_0688-1.jpg


写真手前のこの鉄製のパイプを使って船を降りるので裸足は少し痛いです。大きな荷物は浜辺に無造作に放置されますので忘れずに自分の荷物を取りに行ってくださいね。


リペ島に到着したらまずはこちらのイミグレで入国審査を受けます。


IMG_1605-1.jpg

イミグレと言っても屋根があるだけの小さな建物。
まず乗船前に預けたパスポートを返却してもらう為ここで名前が呼ばれるのを待ちます。係員が順番にメガホンで名前を呼びますのでここを離れることもできず、とにかくひたすら早く呼ばれることを願って待つしかありません(笑)。


私の場合は約1時間程待った頃やっと名前が呼ばれ無事(笑)パスポートを受けとることができました。
パスポートを受け取ってからはスムーズに進み、列に並んで写真奥のイミグレで入国審査を受けやっと入国完了となります。


無事、入国審査が終われば早くホテルへGO!と行きたいところですが、ここでひとつ注意!
帰りの船のチケット予約の再確認を船会社にしておかなくてはいけません。Booking Voucherには必須とは書いてありませんが、座席確認を事前にしておかないと手配ミスで船が満席になってしまうことがありますので入国時に済ませておいたほうが賢明です。


タイのビーチリゾート、リペ島はリゾート気分を満喫できるとても美しい島。道中の船旅も印象深くとても楽しい思い出になりました。
今回はペナンから少し足を延ばしてマレーシアのランカウイ島から船でタイへ行く方法をお伝えしました。リペ島の様子はまた次回お伝えしますね。

最後にリペ島はシーズン限定でホテルがオープンするリゾート島です。オープン時期は毎年多少の変動があり10月下旬ごろから5月頃になります。シーズンオフはホテルは閉鎖され今回ご紹介した船もでていませんので旅行の日程にご注意下さい。


船のチケット購入先
Telaga Terminal


ランカウイ船着き場|Telaga Harbour Marina
住所:Lot 1, Telaga Harbour Park,Pantai Kok, Langkawi,Kedah, Malaysia 07000
電話:+604-959-2208
Fax :+604-959-2204
タイ
住所:Koh,Lipe,Thailand


※1RM = ¥26(2017年1月のレート)

facebook-link-2.jpgペナン特派員Facebook
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2017年1月22日
« 前の記事「空港の待ち時間の過ごし方・ペナン国際空港のラウンジ」へ
»次の記事「タイの秘島・リペ島で食べるおすすめタイフード」 へ
おすすめ記事
    ペナン特派員 新着記事
    お土産におススメ!世界ナンバーワンに輝いたペナンのインスタントラーメン
    ペナン名物一度は食べてみて!大海老のチャークェティオ
    ペナンで海外ならではのお寿司を食べてみよう!持ち帰り編
    ペナンのおすすめ土産・ドリンク編
    マレーシア、ペナン島でサーカス公演中です!
    ペナンでお宝発見!アジアの骨董品見つけるならこのお店!
    買い物だけじゃない!ペナンのナイトマーケットでヘナタトゥ―体験!
    お土産におススメ!ペナンのスターバックスで海外限定品をGETしよう!

    マレーシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集