海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > プノンペン特派員ブログ > 独立記念塔

カンボジア/プノンペン特派員ブログ 旧特派員 山口 優

カンボジア・プノンペン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月10日

独立記念塔


メール プリント もっと見る

独立記念塔

カンボジアが旧宗主国フランスから独立したのは1953年。

アンコールワットの中央塔を意識して作られたという独立記念塔。

カンボジアが旧宗主国フランスから独立したのは1953年。

アンコールワットの中央塔を意識して作られたという独立記念塔。
今日も青空を突き抜けるかのようにそびえ立っている。

2011-09-03 047_R.JPG

毎年11月9日には式典が開催される。

円形の交差点はフランス統治下の名残。
クルクルと器用に人と車両が交差する様は、まるで優雅な水槽だ。金魚がぶつかる事は無い。
夜のライトアップと週末のレインボーライトアップは、優雅な水槽を豪華な水槽へグレードアップさせる。
2011-09-03 049_R.JPG
しかし、人と車両が金魚では無いように、交差点もまた水槽では無い。
とまれ、時に事故を目にする事があるのは残念だ。
2011-09-03 145_R.JPG
ノロドム通りとシアヌーク通りが交差するここから、北へ南へ。もしくは西へ東へ。
旅行者や在住の短い方は方向感覚を失う事必至だが、思い立った処で回転を止め、目の前の道に進むのもありかも知れない。
2011-09-03 181_R.JPG
ジュースを飲んで一休みするのも良い
2011-09-03 139_R.JPG
周辺の緑地を散歩するも良し
2011-09-03 008_R.JPG
算盤のように区画整理されたプノンペン中心部。
それぞれの道には、縦に奇数、横に偶数の番号が振られている。
縦のノロドムにはSt.41、横のシアヌークにはSt.274と言った具合。
2011-09-03 002_R.JPG
後ろに見えるのは建設が中断されたままのゴールドタワー42。
歴史を語るのに、大きさはさほど関係ないらしい。
道に迷ったらここから出直しすれば良い。
2011-09-03 200_R.JPG
撮影協力:Masayori Ishikawa(CN Media Information Office)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年9月10日
« 前の記事「In the Phnom Penh」へ
»次の記事「荒野へ行かず」 へ
おすすめ記事
    プノンペン特派員 新着記事
    安い!各国料理の屋台街 「My Food Court」 がオープン
    Cambodia Event Networkで、プノンペンでも音楽ライフを
    【微グロ注意】 ブティックホテルでカエル粥を
    田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン
    プノンペンでフランス気分になれる店「ル・ビストロ・ドゥ・パリ」
    カンボジアの100均!2500リエルショップに行ってみた。
    巨大遊園地ドリームランド潜入
    サルの楽園【コンポンスプー】

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • プノンペン特派員

      プノンペン特派員
      山口 優
      2010年よりカンボジア在住のフリーランスライター。現地雑誌の発行や、現地発のWeb雑誌作成に携わっています。 2006年にNGO団体カンボジアフットボールサポーターを設立、カンボジアでサッカーとフットサルの普及活動を開始。 移住後はフットサル選手として、少年サッカー教室の監督として、活動を本格化。 プロサッカー選手のアテンドや、旅行者の現地サッカーコーディネートも承っています。 個人ブログはこちら

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集