海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > プノンペン特派員ブログ > ダムコー界隈、昼間編+カンボジアのお盆

カンボジア/プノンペン特派員ブログ 旧特派員 山口 優

カンボジア・プノンペン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月23日

ダムコー界隈、昼間編+カンボジアのお盆


メール プリント もっと見る

ダムコー界隈、昼間編+カンボジアのお盆

私の自宅は、プノンペン「中心部」と呼ぶべきか、「郊外」と呼ぶべきか、悩むところに位置しています。


仏教国であるカンボジアには、日本と同じようにお盆があります。

お盆期間は年度毎に異なり、概ね9月下旬から10月中旬の間で変動します。

盆に返る期間は、実に15日間に渡ります。

休日は会社のスケジュールや、個人の時間的感覚、もしくは自己都合によってそれぞれですが、今年は9月半ばでプノンペン中に国旗が掲げられ、26日から28日が休日扱いになるようです。

クメール語ではプチュン・バンと言います。

プチュム・バンとも言います。

プチュム・ベンでも良いです。

なんでも良いです。

クメール語の発音は非常に複雑です。

母音が日本語の4倍以上ありますので、カタカナで表記するのは難しいのです。

カンボジア人の期間中の過ごし方は、故郷に帰りお寺へお参りし、故人の在りし日を偲ぶなど、喪に服す方が多いです。
最近では旅行に行く人も増えたようで、行き先としてはアンコールワットのあるシェムリアップや、国内最大のリゾート地シアヌークビルなどの名前が挙げられます。

だいたい日本と同じです。

私の自宅の目の前には、ダムコー交差点という中心部と郊外を結ぶ大きな交差点があります。

Image0330.jpg

この交差点は、やがて国道3号線に繋がり、プノンペンとタケオ州、カンポット州、ケップ市を結びます。

つまりこの交差点は、南西部方面への長距離タクシーの発着場も兼ねています。

郷愁心に沸くこの場所が、観光地である筈は無いのですが、リアルカンボジアという意味では、なかなか最高な場所なのかも知れません。

ダムコー地区には、この大きな交差点の他、ダムコー市場という大きな市場があります。

早朝から喧騒と猥雑さと活気に沸き、その後昼間の悠久な時の流れ(もしくはカンボジア特有のぐうたら時間)を経て夜に至り、帰宅を急ぐ人達の足音が聞こえだす・・・。

ここまでは他の市場と同様ですが、この市場の真の始まりは、真の暗闇が訪れた時。

Image0331.jpg

つまりダムコー界隈は、夜になると変貌する。

それは前述の3号線、プノンペン中心部と郊外、これらを物理的に結ぶのみならず、人と人、職場と家庭、出稼ぎ先と故郷、あるいは昼の顔と夜の顔を結ぶからに他なりません。


隣国のタイを「ほほえみの国」、カンボジアは「はにかみの国」とは聞いた事がありますが、はにかむだけがカンボジアの、人の素顔では無いように。

深夜編はまた追々。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2011年9月23日
« 前の記事「荒野へ行かず」へ
»次の記事「AH1~モニボン橋」 へ
おすすめ記事
    プノンペン特派員 新着記事
    安い!各国料理の屋台街 「My Food Court」 がオープン
    Cambodia Event Networkで、プノンペンでも音楽ライフを
    【微グロ注意】 ブティックホテルでカエル粥を
    田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン
    プノンペンでフランス気分になれる店「ル・ビストロ・ドゥ・パリ」
    カンボジアの100均!2500リエルショップに行ってみた。
    巨大遊園地ドリームランド潜入
    サルの楽園【コンポンスプー】

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • プノンペン特派員

      プノンペン特派員
      山口 優
      2010年よりカンボジア在住のフリーランスライター。現地雑誌の発行や、現地発のWeb雑誌作成に携わっています。 2006年にNGO団体カンボジアフットボールサポーターを設立、カンボジアでサッカーとフットサルの普及活動を開始。 移住後はフットサル選手として、少年サッカー教室の監督として、活動を本格化。 プロサッカー選手のアテンドや、旅行者の現地サッカーコーディネートも承っています。 個人ブログはこちら

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集