海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > プノンペン特派員ブログ > AH1~モニボン橋

カンボジア/プノンペン特派員ブログ 旧特派員 山口 優

カンボジア・プノンペン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月28日

AH1~モニボン橋


メール プリント もっと見る

AH1~モニボン橋

プノンペンにおける橋と言えば、日本橋が有名だ。

この日本橋という名称の橋、東京にもある。
アジア32カ国を横断する、全長14万kmのアジアンハイウェイ。
その起点地が東京日本橋。

福岡~ソウル~平壌~中国沿岸部~ホーチミンを経てプノンペンを通過する、この「現代版シルクロード」。
1959年の発足以来、果たして全線完全開通がいつになるのか私は知らないが、東京の日本橋とプノンペンの日本橋がAH1(アジアンハイウェイ)で繋がっていない事ぐらいは知っている。

AH1で、ホーチミン~バンコクをプノンペンで結ぶのは、モニボン橋。
プノンペン市内からは、プノンペンの大動脈となるモニボン通りを南下し、チュパ・アンパウ地区とプノンペン中心部の間、バサック川の上空に架けられている。


以前は1本のみだったこの橋も、片側通行の2本の橋にする事で、渋滞解消にいくらかは貢献しているようだ。

Image3138.jpg

昨年6月には、橋のたもとにカンボジア初となる立体交差点が完成。
プノンペンにロマンチックな場所が一つ増えた。

Image3140.jpg

最近ではアジアンハイウェイに代わって、東西回廊や第2東西回廊の方を耳にする事が増えたような気がする。

Image3131.jpg

「おお、そうか。ここはアジアなりインドシナ半島なりを結ぶ場所なのか、凄いな」
などと、夜更けにたそがれてみるも良いかもしれない。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2011年9月28日
« 前の記事「ダムコー界隈、昼間編+カンボジアのお盆」へ
»次の記事「もうひとつのシェムリアップ」 へ
おすすめ記事
    プノンペン特派員 新着記事
    安い!各国料理の屋台街 「My Food Court」 がオープン
    Cambodia Event Networkで、プノンペンでも音楽ライフを
    【微グロ注意】 ブティックホテルでカエル粥を
    田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン
    プノンペンでフランス気分になれる店「ル・ビストロ・ドゥ・パリ」
    カンボジアの100均!2500リエルショップに行ってみた。
    巨大遊園地ドリームランド潜入
    サルの楽園【コンポンスプー】

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • プノンペン特派員

      プノンペン特派員
      山口 優
      2010年よりカンボジア在住のフリーランスライター。現地雑誌の発行や、現地発のWeb雑誌作成に携わっています。 2006年にNGO団体カンボジアフットボールサポーターを設立、カンボジアでサッカーとフットサルの普及活動を開始。 移住後はフットサル選手として、少年サッカー教室の監督として、活動を本格化。 プロサッカー選手のアテンドや、旅行者の現地サッカーコーディネートも承っています。 個人ブログはこちら

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集