海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > プノンペン特派員ブログ > 僕とカンボジア

カンボジア/プノンペン特派員ブログ 旧特派員 額田 竜司

カンボジア・プノンペン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年9月25日

僕とカンボジア


メール プリント もっと見る

僕とカンボジア

みなさま、はじめまして!
この度、地球の歩き方、プノンペン特派員に着任いたしました額田(ぬかた)と申します。
現在、カンボジア現地フリーペーパー『クロマーマガジン』のプノンペンを担当しております。
まだまだ、新参者ではございますが、プノンペンの有名どころから、穴場スポットに至るまで、
ご紹介できるよう顔晴って参ります!何卒よろしくお願いいたします。


記念すべき第一回目のブログ!!
かなり緊張しておりますが、自分の言葉で、感じるままに文章にしていければと思っております♪


今回のテーマは、『僕とカンボジア』


普通の大学生がアルバイトでお金を貯めて、初めての海外一人旅で訪れたカンボジア
(理由は物価が安かったから笑)。
赤土の上で、裸足でサッカーがしたくてやってきたカンボジア。
子どもの笑顔が眩しすぎたカンボジア。


NUKATA-2_120910.jpg


NUKATA-3_120910.jpg

アンコールワットのある街が首都だと思ってたカンボジア。
まだまだ、地雷が埋まっていると思ってたカンボジア。
お金を盗まれるカンボジア。
トゥクトゥクとバイクタクシーには気をつけろのカンボジア。
アヒルの孵化しかけの卵もへびもタンチュラも食べちゃうカンボジア。
どこでも汚いカンボジア。
長袖のいらないカンボジア。


3年半前、僕のカンボジアはこうでした。半分正解で、半分間違いです。なんだかこの国に惹かれました。
いつかココに住みたいと思っていました。
今、カンボジア・プノンペンに暮らしています。この国には、特別な思いがあります。
だからこそ、ちょっとでも、皆様にも。。カンボジア・プノンペンを好きになってもらえたら。
もちろん、良い事ばかりではありません。この国で生活するにあたって、苦悩も多々あります。
このブログを通して、リアルなカンボジアを感じてくだされば嬉しいです。


さてさて、カンボジアの首都はアンコールワットではありません。
【プノンペン】です★


NUKATA-4_120910.jpg


急速な発展を遂げているこの街には、隠れた魅力がたくさんです。
プノンペンがどんな街なのか、次回詳しくご紹介しますよー。
一言で言うと、『はちゃめちゃパワフルで、ユーモアを忘れない街』です。
乞うご期待です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2012年9月25日
« 前の記事「もうひとつのシェムリアップ」へ
»次の記事「混沌の街、プノンペン」 へ
おすすめ記事
    プノンペン特派員 新着記事
    安い!各国料理の屋台街 「My Food Court」 がオープン
    Cambodia Event Networkで、プノンペンでも音楽ライフを
    【微グロ注意】 ブティックホテルでカエル粥を
    田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン
    プノンペンでフランス気分になれる店「ル・ビストロ・ドゥ・パリ」
    カンボジアの100均!2500リエルショップに行ってみた。
    巨大遊園地ドリームランド潜入
    サルの楽園【コンポンスプー】
    1年前の同じ月に投稿された記事
    AH1~モニボン橋
    ダムコー界隈、昼間編+カンボジアのお盆
    荒野へ行かず
    独立記念塔

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • プノンペン特派員

      プノンペン特派員
      額田 竜司
      カンボジアを訪れて早3年半。はちゃめちゃなんだけど、なんだか落ち着くこの温かさ。ココへの移住を決意。現在は、現地フリーペーパー『クロマーマガジン』、プノンペンの営業を担当。 この街の急速な発展を肌で感じている。サッカー大好き。プノンペン、お気に入りの場所は、オリンピックスタジアム。クメール語での会話は好きだが、只今勉強を怠り中。シハヌークビル在住経験もあり。 『クロマーマガジン

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集