海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > プノンペン特派員ブログ > 混沌の街、プノンペン

カンボジア/プノンペン特派員ブログ 旧特派員 額田 竜司

カンボジア・プノンペン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月 2日

混沌の街、プノンペン


メール プリント もっと見る

混沌の街、プノンペン

カンボジアの首都、プノンペン。
言わずと知れた、カンボジアの行政、文化、経済の中心地です。

CAb (3).jpg
(高層アパートメント、屋上からの眺め。街のシンボル、独立記念塔が見られます。)

地方の若者はプノンペンを目指すとばかりに、カンボジア人にとっても憧れの地。
ありとあらゆるものが他の街とは、違います。
こちらは、田舎の典型的な写真です。

CAB (1).jpg


この街は・・・
どでかいビル。。立派な大学、教育施設。外国人向けの飲食店。月1000$を軽く越すアパートメント。大型ショッピングセンター等々。そして、まだまだ建設ラッシュ・・・

CAB.jpg
(高層ビル3棟が、並んでいます。一番奥は、日系の企業も多いプノンペンタワー。)

CAB(9).jpg
(綺麗でスタイリッシュなアパートメント。)

CAB (5).jpg
(多くの若者が集う日本人材開発センター。)

数年前に比べると、びっくりするほど外国のものが増えてきました。もちろん、日本のモノ、人も急増しています。
(※嬉しい事に日本食屋さんも次々と・・・この街の日本文化についてもまた詳しく。)

CAB (6).jpg
(世界チェーンのファーストフード店。その他、海外のカフェもあり。)

道路を見渡せば、バイク、車、バイク、トゥクトゥク、バイク、車の群れ。
需要に追いついていない道路状況。

CAB (7).jpg


その合間に、物乞いをする親子。路上生活をする人々。スラム街。
いつのもように仕事のない者は、昼から酒を飲みながら、カード賭博。
その一方で、高級車に乗り、カジノ&クラブで遊びほうける人々。


歪みながら、発展している様子が目にはっきりと分かります。。


調子の良い街、そんな印象を受けます。。
もちろん、良い意味でも悪い意味でも。

こんな街も、一昔前は、『東洋のパリ』と称され、美しい町並みが残っていたのです。しかし、それも紛争、ポルポト政権時代によって、
すべてがぐちゃくちゃに。ほんの30年ほど前の話です。。。

次回から、そんなプノンペンの昔が分かるお話を。。
それでは、また。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2012年10月 2日
« 前の記事「僕とカンボジア」へ
»次の記事「キリングフィールド」 へ
おすすめ記事
    プノンペン特派員 新着記事
    安い!各国料理の屋台街 「My Food Court」 がオープン
    Cambodia Event Networkで、プノンペンでも音楽ライフを
    【微グロ注意】 ブティックホテルでカエル粥を
    田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン
    プノンペンでフランス気分になれる店「ル・ビストロ・ドゥ・パリ」
    カンボジアの100均!2500リエルショップに行ってみた。
    巨大遊園地ドリームランド潜入
    サルの楽園【コンポンスプー】
    1年前の同じ月に投稿された記事
    もうひとつのシェムリアップ

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • プノンペン特派員

      プノンペン特派員
      額田 竜司
      カンボジアを訪れて早3年半。はちゃめちゃなんだけど、なんだか落ち着くこの温かさ。ココへの移住を決意。現在は、現地フリーペーパー『クロマーマガジン』、プノンペンの営業を担当。 この街の急速な発展を肌で感じている。サッカー大好き。プノンペン、お気に入りの場所は、オリンピックスタジアム。クメール語での会話は好きだが、只今勉強を怠り中。シハヌークビル在住経験もあり。 『クロマーマガジン

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集