海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > プノンペン特派員ブログ > キリングフィールド

カンボジア/プノンペン特派員ブログ 旧特派員 額田 竜司

カンボジア・プノンペン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月23日

キリングフィールド


メール プリント もっと見る

キリングフィールド

【カンボジアの闇の歴史】


1970年後半、ポルポトという独裁者が、カンボジア政権を握ることになりました。
彼は、全市民を都市から強制退去し、農村に移住させる無茶苦茶な政策に乗り出し、人口200万人の首都プノンペンは、一気にゴーストタウンと化しました。
そして、反逆するであろう人々を次々と殺害したのです。
頭が良い=反逆する可能性がある。
教師、医者、技術者、メガネをかけているもの、英語を話せるという理由だけで殺されたものまで。

40年ほど前の話です。当時の虐殺現場が、今もなお残されており、博物館として旅行者も見学ができるようになっています。

僕もこの間、約2年ぶりに訪れてきました。

プノンペン市内より、約15km離れた場所に位置しています。

チュンエク大量虐殺センター(The Choeung EK Genocidal Center)
Killing Fields (102).jpg

入場料は2ドル。オーディオをつけると5ドルです。(2012年10月現在)
オーディオはかなりおすすめです。
Killing Fields (9).jpg

Killing Fields (14).jpg

各ポイントを廻りながら、その場の説明を日本語で聞くことができます。
ただ見るだけでは分からない裏のストーリーを聞くことができるのです。

それでは、簡単にオーディオツアースタートです。

Killing Fields (10).jpg

まずは、トラックの停車場所。市内から、犠牲者が次々と運ばれてきました。

Killing Fields (19).jpg

虐殺方法は残酷そのもの。
ヤシの木の枝の固いトゲを刃物代わりに使い喉を切る、頭を木の棒でたたく、刃物で刺す、首吊りなどなど。


Killing Fields (95).jpg

その当時の裏話がオーディオから聞こえてきます。
ただ単なる広場なのですが、当時の様子が目に浮かび上がってきます。


学校に通う子供たちも、課外学習で、このセンターを訪れます。
しっかりメモしてますね。

Killing Fields (23).jpg

こちらは、大量埋葬地です。
この穴からは、約450体の遺体が出てきたそうです。虐殺の後は、無造作に遺体を穴に埋めていきました。発見当初は、悪臭が立ち込めていたそうです。

Killing Fields (30).jpg

Killing Fields (31).jpg

犠牲者の人骨と衣類が、保管されています。
かなり残酷で、生々しい。このあたりは、カンボジアらしい一面だなと思います。
センターを歩いていると、いまだに、衣類や人骨が落ちていることがあるそうです。

Killing Fields (59).jpg

Killing Fields (68).jpg


こちらは、通称 キリング・ツリー。
この木に子供を殴りつけて、次々と殺害をしたとのことです。
拳銃を使うのももったいなく、凶器を使わずに、人を殺す方法を考えていたようです。
ラジカセで音楽を流し、悲鳴と殺害の音を掻き消していたそうです。

Killing Fields (62).jpg

最後に、慰霊塔。
犠牲者の頭蓋骨が、並べられています。中には、陥没しているものまで。


Killing Fields (77).jpg

Killing Fields (84).jpg

何度きても、鳥肌が立ちます。
僕も改めて、カンボジアの歴史を感じることができました。
オーディオは本当におすすめです。

ぜひ訪れてみてください。

合わせて、トゥールスレン博物館 の訪問もお勧めします。

キリングフィールド という映画もぜひ。

===============

チュンエク大量虐殺センター
住所:市内南西に15km。チュンエク村。
電話:011-388-893
入場料金:US2ドル(オーディオ付:US5$)
時間:7:00-17:30

===============

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年10月23日
« 前の記事「混沌の街、プノンペン」へ
»次の記事「プノンペンの大衆スポーツ【オリンピックスタジアム】」 へ
おすすめ記事
    プノンペン特派員 新着記事
    安い!各国料理の屋台街 「My Food Court」 がオープン
    Cambodia Event Networkで、プノンペンでも音楽ライフを
    【微グロ注意】 ブティックホテルでカエル粥を
    田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン
    プノンペンでフランス気分になれる店「ル・ビストロ・ドゥ・パリ」
    カンボジアの100均!2500リエルショップに行ってみた。
    巨大遊園地ドリームランド潜入
    サルの楽園【コンポンスプー】
    1年前の同じ月に投稿された記事
    もうひとつのシェムリアップ

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • プノンペン特派員

      プノンペン特派員
      額田 竜司
      カンボジアを訪れて早3年半。はちゃめちゃなんだけど、なんだか落ち着くこの温かさ。ココへの移住を決意。現在は、現地フリーペーパー『クロマーマガジン』、プノンペンの営業を担当。 この街の急速な発展を肌で感じている。サッカー大好き。プノンペン、お気に入りの場所は、オリンピックスタジアム。クメール語での会話は好きだが、只今勉強を怠り中。シハヌークビル在住経験もあり。 『クロマーマガジン

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集