海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > プノンペン特派員ブログ > 田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK av...

カンボジア/プノンペン特派員ブログ 小林 真之輔

カンボジア・プノンペン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月31日

田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン


メール プリント もっと見る

田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン

こんばんは、プノンペン特派員の小林です。


今月はじめのTKと華原朋美の15年ぶり共演...とはもちろん関係ないですが、新しいショッピングセンター「TK avenue」が27日、トゥールコック地区にオープンしたので今日はご紹介します。

1.jpg

tk2.jpg

tk3.jpg

まずこの雰囲気。プノンペンにもショッピングセンターはいくつかありますが、こんなに先進国オーラ漂うものはありません。個人的には、地元(神奈川県横浜市)のショッピングモール、たまプラーザテラスを思い起こしました。良い感じですねー。


プノンペンのショッピングセンターは現在、ソリヤモールや同系列のソヴァンナSC、それからシティモールなどがありますが、伝統的な"市場"をデパートの中の区画に移しただけの感があります。特に行ってもしょうがないというか...それなら市場行きますよーという感じでしょうか。ちなみにカンボジア人はソリヤショッピングセンターのことを、「プサー(市場)・ソリヤー」と呼びます。あくまでプサー(市場)。


カンボジア日本友好橋の向こうにできたヤングコマーシャルセンターもパッとしないし...6月のイオンのオープンが待ち遠しい~という状況でした。

そんな時にできたTK Avenue。
小さいですが、とっても良い感じです。
ちなみにテナントは以下の通り。

DSC_6099.jpg

DSC_6101.jpg

入っているテナントが圧倒的に他のショッピングセンターと違う...というわけではないですが、そこは雰囲気の勝利。


日曜の夕方前でしたが、若者と家族連れ中心に、割と賑わってました。

旅行者的にも、カンボジアのイメージがガツンと変わっておもしろいかもしれません。


在住者的にも、失ってきた先進国成分が歩いてるだけで補充されているような気が...するかも?一度ぜひお運び下さいー。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2013年12月31日
« 前の記事「プノンペンでフランス気分になれる店「ル・ビストロ・ドゥ・パリ」」へ
»次の記事「【微グロ注意】 ブティックホテルでカエル粥を」 へ
おすすめ記事
    プノンペン特派員 新着記事
    安い!各国料理の屋台街 「My Food Court」 がオープン
    Cambodia Event Networkで、プノンペンでも音楽ライフを
    【微グロ注意】 ブティックホテルでカエル粥を
    田園都市な雰囲気 ショッピングセンター「TK avenue」がオープン
    プノンペンでフランス気分になれる店「ル・ビストロ・ドゥ・パリ」
    カンボジアの100均!2500リエルショップに行ってみた。
    巨大遊園地ドリームランド潜入
    サルの楽園【コンポンスプー】
    1年前の同じ月に投稿された記事
    雨季の猛威 === カンボジアではこうなります===
    プノンペンの大衆スポーツ【オリンピックスタジアム】

    アジア 航空券情報


    カンボジア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カンボジアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • プノンペン特派員

      プノンペン特派員
      小林 真之輔
      現地情報誌「クロマーマガジン」で取材・営業を担当する24歳。シェムリアップ在住を経てプノンペンへ。この街のコンパクトさと、その中で混沌とする感じが気に入っています。コーヒー屋で暇そうにしているおじさんやバーの女の子などにクメール語を師事(初級)。バイクでふらふらとおもしろい物・場所・人を探すのが日課です。プノンペンの興味深いあれやこれやをお伝えできればと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集