海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > プレヴェン特派員ブログ > 半自給自足の村の暮らしはいかが?小麦粉・夏野菜・ワ...

ブルガリア/プレヴェン特派員ブログ ゲオルギエヴァ マサコ

ブルガリア・プレヴェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月 4日

半自給自足の村の暮らしはいかが?小麦粉・夏野菜・ワイン・新鮮卵【イスカル】


半自給自足の村の暮らしはいかが?小麦粉・夏野菜・ワイン・新鮮卵【イスカル】

プレヴェンの北西、地図上で左上に位置するイスカル村(Искър)に行きました。南に同名の町がありますが、どちらも北のドナウ川に注ぐ支流イスカル川に沿っていています。朝7時のバスに乗ると通勤客が多いのかバス内は意外と混雑していました。イスカルへは古代都市ウルピア・エスクス(Улпия Ескус)が存在したギゲン村(Гиген)の次の終点のバス停で降ります。6月に所有地のひまわり畑を見に行ったところ、ほとんど咲いていませんでした。

ひまわり畑の隣では小麦が栽培されています。私はここで収穫された小麦粉を使って、ブルガリアのクレープパラチンカ(палачинка)を食べています。クレープというとおしゃれで高級なイメージですが実際は小麦粉、卵、牛乳を混ぜてフライパンで焼くだけなので簡単な材料でできてしまいます。卵はプレヴェンでも近くのスーパーで一個単位でバラで買えます。ただ卵パックではなくポリ袋に入れてもらうので注意が必要です。クレープ生地に塗るもので生クリームはスーパーで買いますが、ジャムはお手製です。ラズベリー、苺、プラム、なしなどそれぞれの果物を煮詰めて瓶詰めにしてたくさん保存してあります。

村の家にはぶどう棚がありたくさんのぶどうの房が実っていました。秋には熟したぶどうを収穫し家の1階でワインを作ったり、果実酒ラキヤ(アルコール度数はウォッカ並の40度以上)を作ります。
しかし!日本ではアルコール飲料作りは酒類製造免許が必要で、酒税法により原則禁止されています。

夏の日差しをしっかり浴びて収穫が楽しみです。

特派員DSC03564.jpg

ぶどうの横ではトマトやきゅうりといった夏野菜を育てているのでサラダもたくさん食べられます。ブルガリアのきゅうりは皮が厚いので皮むきでむいています。そして時には皮をむいたきゅうりを縦に半分に切って塩をかけて食べます。

手織りの敷物は風合いが素敵です。昔は村では女性たちが織物を織っていました。どれも作り手によって色の組み合わせや織り方が違って魅了されます。現在では織り機は民芸資料館などで展示されていて見ることができます。

家の前は馬車が通り過ぎていきました。

向かいの家の庭を見せてもらいました。ここでは木につながれた若い馬を飼っています。夏の夕日を浴びてロマンティックですね。

かつて馬車で引いた荷車が置かれています。しかし驚くことに他にも大きな古いバスの車両も庭先にあって倉庫として使われています。

家畜小屋です。干草は十分に確保してあります。

庭は猫の鳴き声がすると思ったら、別の鳴き声がにぎやかに鶏のほうから聞こえます。ここの家の現在プレヴェンに住む息子さんは、やはりここにいた時には卵たくさん食べたと言っていました。

特派員DSC03523.jpg

この向かいの家のパスカおばあさんがうちまで卵を届けてくれました。このおばあさんはスカーフからブラウスやエプロンまで全部花柄で、なんてかわいいのだろうと思い一目ぼれしました。このあとこのおばあさんは私と会えたことに喜び私の左腕をさすり始めました。


自給自足がしたい人には夢のような暮らしが営まれていますが、村の家は昔ながらの作りでトイレ、シャワーの設備がないもしくは、使い勝手が悪い家が多く、トイレはレンガやコンクリートで固めた壁とコンクリートの床の中央に穴の開いた手作りの小屋だったり、水浴びはたらいで体を洗い流したり、普通にシャワーがある家もあると思いますが、家族たちの村の家には風呂がありません。


ところで町にも家があって村にも家があるというと贅沢に聞こえていいなと思いますが、多くの人が休暇用の家を持っていて、平日と休日の過ごす場所を分けています。例えば自分の両親それぞれ出身の村の家があって、親は亡くなったけどどちらの家も夏休暇用に使っているとのことでした。自分の家がたくさんある、これは羨ましいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 自然・風景
2014年7月 4日
« 前の記事「サッカーの結果に話題は持ちきり、熱く語る試合の魅力」へ
»次の記事「羊が舌鼓を打つおいしい道と大地に沈む夕日、新しい公園のお散歩【イスカル】」 へ
プレヴェン特派員 新着記事
いつまでも伝えたいブルガリアやプレヴェン他,様々な都市の魅力
何気ない日常生活で日本と違う、気になるもの
サービスエリアでスイーツ・タイム、プレヴェンにはもうすぐ到着【オブノヴァ】
長距離ドライブにうれしい村のサービスエリア【オブノヴァ】
ルーマニアの見える丘の町、教会と時計塔【スヴィシュトフ】
高くそびえる友好の記念碑、ドナウ川のほとりの遊具【スヴィシュトフ】
身近で感じる古代ローマ、軍事基地の遺跡ノヴェ【スヴィシュトフ】
ガイドとまわる古代の痕跡、ローマ軍事基地の遺跡・ノヴェ【スヴィシュトフ】

ブルガリア ツアー最安値


2021/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • プレヴェン特派員

    プレヴェン特派員
    ゲオルギエヴァ マサコ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集