海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > プレヴェン特派員ブログ > 保存されし歴史遺産ババ・ヴィダ城塞の貫禄【ヴィディ...

ブルガリア/プレヴェン特派員ブログ ゲオルギエヴァ マサコ

ブルガリア・プレヴェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月12日

保存されし歴史遺産ババ・ヴィダ城塞の貫禄【ヴィディン】


保存されし歴史遺産ババ・ヴィダ城塞の貫禄【ヴィディン】

ブルガリア北西端に位置するヴィディン(Видин)のババ・ヴィダ城塞までやって来ました。この要塞はドナウ川の沿岸に10世紀から14世紀にかけて建てられ、国内でも屈指の保存状態を誇ります。


このドナウ川には2013年にノヴァ・エヴロパ橋(„Нова Европа"/新ヨーロッパ橋)が開通しました。これで東のルセ(Русе)のドナウ川に架かる橋に続いて2番目の橋です。ヴィディンの北東からルーマニアのカラファト(Calafat)まで繋がりました。


ノヴァ・エヴロパ橋
公式HP : http://www.vidincalafatbridge.bg/en/ (英語、ブルガリア語、ルーマニア語)


ところでドナウ川を題材にした楽曲で有名なものは『ドナウ川のさざなみ』や『美しく青きドナウ』がありますが、「美しき青きドナウ」はウィーンでヨハン・シュトラウス2世によって作曲され華々しく豪華な旋律なので、向かいのルーマニアのヨシフ・イヴァノヴィチが作曲した哀愁漂う「ドナウ川のさざなみ」のほうが、さすがこの辺りのブルガリア・ルーマニア間の川の雰囲気に合っています。


川に沿って城壁の回りを歩き要塞の入り口に到着しました。

この要塞は何度も増改築を重ね、地図の青い部分がローマ帝国時代赤い部分がブルガリア帝国時代黄色い部分がオーストリア帝国時代白い部分がオスマン帝国時代にそれぞれ建てられました。


まるで公園のアスレチックのようにどこから見ようか登ろうか、展示物を鑑賞する部屋や古い塔でいっぱいなので最初に見るべきところを迷ってしまいます。中は順路が特に定まっていないので好きなところから見ることができます。これは本当に魅力的です。例えば有名な観光施設にいった時に順路がロープや柵でしっかり決められ、ほとんど立ち入り禁止の箇所で安全の為に古い通路ではなく観光客用通路を歩かされたり、周りは宿泊設備やお土産屋が乱立し観光地化されすぎるとせっかくの名所も来てみてもがっかりしてしまうので、ブルガリアの観光地のように雰囲気を大切にし、見て回るときの自由度高い点は最高だと思いました。ただここの要塞の屋上では草花が生い茂り、下に下りる階段の穴に気づかず、落ちてしまいそうな場所があったり、古くなった塔の木製の階段はきしんでいて怖いので、危険そうなところに柵やロープはなくとも注意が必要です。

要塞に入るとすぐにギャラリーになっていて彫刻や絵画が展示されていました。

特派員DSC03251.jpg

ゴミ箱もうまくこの場所に溶け込んでいます。そしてこの小さい窓の特徴は壁に対して斜めに作られています。
次は要塞内の各展示室に入り屋上に登って行きます!

ババ・ヴィダ城塞


HP : http://www.museum-vidin.domino.bg/eng/index2.htm

開館時間 : 4月1日-9月30日
      月曜から金曜 8:30 - 17:30
      土曜、日曜 9:00 - 17:30

     10月1日-3月30日
      月曜から金曜 9:00-17:00
     土曜、日曜 10:00-17:00

入場料 : 学生、シニア2レヴァ(約140円)
     大人4レヴァ(約280円)
     ガイドツアー20レヴァ(約1400円)    
無料開放日 : 毎月最終木曜日、5月18日(国際博物館の日)


住所 : Baba vida, Vidin, 3700 Bulgaria
e-mail :museumvd@mail.bg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2014年7月12日
« 前の記事「ユダヤ教の会堂シナゴーグあとを発見、ドナウ川沿いの要塞【ヴィディン】」へ
»次の記事「ババ・ヴィダ城塞の屋上と11の塔、重厚感抜群のそびえ立つ要塞【ヴィディン】」 へ
プレヴェン特派員 新着記事
いつまでも伝えたいブルガリアやプレヴェン他,様々な都市の魅力
何気ない日常生活で日本と違う、気になるもの
サービスエリアでスイーツ・タイム、プレヴェンにはもうすぐ到着【オブノヴァ】
長距離ドライブにうれしい村のサービスエリア【オブノヴァ】
ルーマニアの見える丘の町、教会と時計塔【スヴィシュトフ】
高くそびえる友好の記念碑、ドナウ川のほとりの遊具【スヴィシュトフ】
身近で感じる古代ローマ、軍事基地の遺跡ノヴェ【スヴィシュトフ】
ガイドとまわる古代の痕跡、ローマ軍事基地の遺跡・ノヴェ【スヴィシュトフ】

ブルガリア ツアー最安値


2021/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • プレヴェン特派員

    プレヴェン特派員
    ゲオルギエヴァ マサコ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集