海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > プレヴェン特派員ブログ > 夏のファッションは露出で暑さ対策へ、伝統的なスカー...

ブルガリア/プレヴェン特派員ブログ ゲオルギエヴァ マサコ

ブルガリア・プレヴェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年7月13日

夏のファッションは露出で暑さ対策へ、伝統的なスカーフも素晴らしい


メール プリント もっと見る

夏のファッションは露出で暑さ対策へ、伝統的なスカーフも素晴らしい

ファッションは基本的にシンプルで、暑い季節はエアコンが強くないので半そでかタンクトップ、ジーンズやショートパンツ、寒い季節は長袖にジーンズ、ニット帽といった感じです。
5月に30度近くあった日もあれば、6月でも最低気温が12度の日があって、そのときには初夏だからといって薄手のカーディガンなどを羽織るのではなくて、あまり服を持たないのか種類がないのかわかりませんが、多くの人が秋冬のようなざっくりしたニットカーディガンやパーカー羽織ったり、男性も革ジャンを羽織ったり中間服はあまりないような印象です。

若い人ほどシンプルに女性はロングヘアにジーンズを穿いて、男性はTシャツに坊主頭で冬はニット帽をかぶるのが定番です。おでこの生え際のM字がよく見え、それがブルガリア人らしいと思います。逆に50代前後と見られる年配の女性のほうが膝上の太ももが見えるスカートにヒールのあるブーツを履いて、金髪に染めた髪を巻き髪にしてゴージャスなお洒落を楽しんでいるように見えます。男性は若者よりは髪は丸刈りではなく、少し伸びた短い髪になります。
海に行くと小さい子どもが男児はもちろん海水パンツで,女児もビキニのパンツだけなのに驚きます。
日本だと日傘や日焼け対策グッズなどありますが、むしろ肌は焼きたがるか焼けたりしみができるのは自然なことと考えているので、私が日焼けをしないようにしているのを不思議がられてしまいます。帽子でもかぶっていると目立つので、夏の日差しに対抗するのはサングラスです。
ただ郊外だと日陰がなかなかなく、屋外の観光地を回ると日焼けしてしまうので、旅行くらいは現地の格好になじまなくとも、気になる方は日焼け止めを塗ったり、腕が隠れる袖が長いものを羽織るとか帽子を被ればいいと思います。日傘は日常で歩いている人で差しているのは見たことありませんが、どうしても長時間炎天下の下にいるという状況のとき、折りたたみや普通の雨傘を差している人は見たことあります。

特派員DSC08188.jpg

冬は若い人は男女とも黒い光沢のあるダウンコートやダウンジャケットで、年配の人のほうがむしろダッフルコートのような薄い生地のコートを着ていたので、私のキャメル色のダッフルコートは目立つかもしれないと思いました。私は日本から持ってきた黒のダウンコートも持っています。


ブルガリアであまり着ない服や合わない物は、シフォン素材やフリルのあるような柔らかい印象の服、ピンクや花柄やリボンなど甘いかわいらしい服(花柄はおばあさんのイメージ)フレアスカートやショートサロペットなど日本の流行服などです。下着もリボンやフリルがなくシンプルな物が売られています。

特派員DSC02245.jpg

流行の顔プリントTシャツです。冬には顔プリントニットもあります。

特派員DSC04148.jpg

顔プリント他、柄物が多いです。実はどれを選んだらいいか難しいので困っていたところ、去年モール・パノラマができて、スウェーデンのブランドH&Mが入っていて、路面店のように扉を開けなくともスッと入れて、店内も広いので店員に向かって挨拶したり答えなくてもいいし、外国人でもじろじろ見られないし、日本でも売っているような定番でシンプルなデザインで喜んでいます。他のモールのセントラルモール・プレヴェンや、マキシトレードセンター(Maxi Trade Center)でも服屋はありますが、各店舗が小さいので店員と気まずくなるのが苦手です。

特派員DSC03337.jpg

服のデザインは大胆な物もあってブラ見せの人が普通にいます。背中が全体的にレースだったり透けていたり、肌が見えるように背中が大きく穴の開いたデザインでストラップやホックが直接見えていたり、下着が見えないようにする努力は無駄になってしまいました。でもパンツの線が見えないようにTバックや生地の薄いパンツ穿き、ジーンズなどパンツスタイルなのでパンちらはしません。

特派員SC07371.jpg

女性アナウンサーは人によっては化粧品の広告並みにメイクをしていたり、原色の服を着ていることがあります。

春先はメッシュのような細かい穴が開いたブーツが流行っていました。

寒い季節はダウンコートの季節です。特に若者は男女とも丈の短いもこもこした光沢の強い黒いダウンコートを着て、そのまま冬を突破します。日本では女の子がこぞってダウンコートを着るイメージはなかったのでびっくりしました。

革ジャンも人気です。かっこいい系になります。これから学校に行くところの姪は指定カバンがないので、自分のピンク系のリュックを持っていきます。現地のおしゃれな人といえばこの姪っ子たちのママ、義理妹は黒いベリーショートヘアにいつも大きなピアスをして、背中に縦にいくつも漢字のタトゥーが入って、へそピアスがついていたり、ヒール靴を履きこなして、おうちにウォークイン・クローゼットもあるなど憧れです。

特派員DSC03992.jpg

特派員1DSC03523.jpg

これぞこの国と思うのは、おばあさんたちのザブラドゥカ(забрадка)と呼ばれるスカーフです。ブルガリアに行ったら実際にこのような装いの方を見てみたいなと思っていました。


(7月お題"現地ファッション")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー
2015年7月13日
« 前の記事「旅の記念に異国を感じる、文房具や雑誌や絵本もおみやげに」へ
»次の記事「ファッションを魅せる路面店のショーウィンドウや市場の服屋さん」 へ
おすすめ記事
    プレヴェン特派員 新着記事
    いつまでも伝えたいブルガリアやプレヴェン他,様々な都市の魅力
    何気ない日常生活で日本と違う、気になるもの
    サービスエリアでスイーツ・タイム、プレヴェンにはもうすぐ到着【オブノヴァ】
    長距離ドライブにうれしい村のサービスエリア【オブノヴァ】
    ルーマニアの見える丘の町、教会と時計塔【スヴィシュトフ】
    高くそびえる友好の記念碑、ドナウ川のほとりの遊具【スヴィシュトフ】
    身近で感じる古代ローマ、軍事基地の遺跡ノヴェ【スヴィシュトフ】
    ガイドとまわる古代の痕跡、ローマ軍事基地の遺跡・ノヴェ【スヴィシュトフ】
    1年前の同じ月に投稿された記事
    黒海の隠れ家的ビーチ♪わらぶきパラソルも独り占め【ボラタ】
    リッチなリゾートバカンスは黒海へ、ビーチでおいしい昼食を【カヴァルナ】
    羊の我慢できない雨の日の朝
    家畜パラダイス!向かいの家の、七面鳥とニワトリが鳴く庭
    豚のブタまみれ、汚い!おいしい!?豚小屋見学
    夏の街歩きも外せない!赤い建物の劇場前から臨海公園に向かう【ヴァルナ】
    青い海、黒海に浮かぶ大型船・遠くに格好いい外国の船【ヴァルナ】
    イルカの見えるカフェ☆イルカ水族館のショー見物【ヴァルナ】
    脅威の手作り術を学べ!お庭のお手製BBQコンロに遊び小屋は2階建て
    きれいな夕陽は遥かかなたへ!ベログラドチクからの帰り道、車から見る景色
    自然との語らい!?奇妙で不思議な森・赤い岩と木の根っこ【ベログラドチク】
    妖精か魔物が出そう、奇妙で不思議な森・転がる大きな赤い岩【ベログラドチク】
    ファンタジーの世界へ、馬の親子が駆ける野原と赤き奇岩の絶景【ベログラドチク】
    ババ・ヴィダ城塞の屋上と11の塔、重厚感抜群のそびえ立つ要塞【ヴィディン】
    保存されし歴史遺産ババ・ヴィダ城塞の貫禄【ヴィディン】
    ユダヤ教の会堂シナゴーグあとを発見、ドナウ川沿いの要塞【ヴィディン】
    街路樹とおもちゃ屋の並ぶポップな町並み【ヴィディン】
    厳かな静寂とイコン画に包まれた聖ディミタル教会内部【ヴィディン】
    川辺の羊と架ける橋・丘から眺めるドナウ川を臨む大きな町【ロム】
    北西ヴィディンに向けて回り道・豊かな牧草地に牛も羊もいっぱい!
    気温差にも注目!天気予報チェック、お天気キャスターの配置はどう?
    豪華なシャンデリアにうっとり♪キラキラ光る照明屋さん【ヴァルナ】
    テーマを決めておしゃれインテリア、キラキラ☆モダンルーム
    イスカル~プレヴェン間のバスの旅、巻きワラを積んだトラックも走るこの頃
    羊が舌鼓を打つおいしい道と大地に沈む夕日、新しい公園のお散歩【イスカル】
    半自給自足の村の暮らしはいかが?小麦粉・夏野菜・ワイン・新鮮卵【イスカル】
    サッカーの結果に話題は持ちきり、熱く語る試合の魅力

    ブルガリア ツアー最安値


    2017/10/18更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ブルガリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • プレヴェン特派員

      プレヴェン特派員
      ゲオルギエヴァ マサコ
      美術作家として活動中。美術大学にて西欧言語を履修。仏語、伊語、独語を学んだのち、東欧に興味、関心をもつ。09年ブルガリア人男性と結婚後、2013年4月よりブルガリア在住。作品を制作したり、ギャラリーやオンライン上で作品を発表している。欧州の景色や配色を好み、写真撮影やスケッチを重ねている。
      HP http://masako.co/
      facebook
      ご連絡はこちら

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集