海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > ポートモレスビー特派員ブログ > パプアニューギニアの部族!(モツ族)

パプアニューギニア/ポートモレスビー特派員ブログ ユーカベリー

パプアニューギニア・ポートモレスビー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月24日

パプアニューギニアの部族!(モツ族)


パプアニューギニアの部族!(モツ族)

ハロー、ユーカベリー です!


今回は、セントラル州のモツ族(Motu)についてご紹介します。


モツ族とは、パプアニューギニアのサウスコーストに住む民族です。


モツ族のコスチュームは、女性は植物の繊維で作られたスカートに裸足、伝統的なタトゥーをしていることが多いです。


羽根や花や植物をヘッドアクセサリーや腕飾りとして使用しておりシンプルながらもとても美しいです。ダンスでは男性が太鼓(kundu)を叩き歌い、女性はスカートをクルクルさせながら歌い踊ります。


しかし、残念なことにモツ族はパプアニューギニアの中で首都の民族のために、他の部族に比べ先に西洋文化に早くふれ、固有の伝統を(ほとんど)失ってしまった部族と言えそうです。


普段は洋服を着て西洋文化に触れて英語を話してと首都の生活をしているため、モツ語というオリジナルの言語もありますが、どんどん消滅しているのも現実です。


モツ族の伝統的な衣装やダンスが観れるのは、観光客が村に訪れた時やイベントの時に限られます。


モツ族の男性が作る、ココナッツの繊維など自然のものを使ったセイリングボート(lagatoi)はとても有名で、今でもセイリングボートのイベントが年に一回行われています。

P1010073.jpeg
P1010067.jpeg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2019年1月24日
« 前の記事「パプアニューギニアの部族!(メルパ族)」へ
»次の記事「パプアニューギニアのバンブーバンド !(ブーゲンビル)」 へ
ポートモレスビー特派員 新着記事
新型コロナウイルスの影響 in ポートモレスビー #2
新型コロナウイルスの影響 in ポートモレスビー
ポートモレスビーで一番有名なスーパーマーケット「Waterfront Foodworld」
餃子を食べるなら「Happy Dumplings」
【Dynasty】ポートモレスビーで飲茶を食べるなら
ポートモレスビーダウンタウンの様子
ゲートウェイホテルのファミリーレストラン「Sizzler's」
レインツリーロッジ(Raintree Lodge) in ポートモレスビー
1年前の同じ月に投稿された記事
蘭と鳥たちに囲まれた自然公園アドベンチャーパーク
ポートモレスビーでシュノーケリング!
ご挨拶/ポートモレスビーの風景

パプアニューギニアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オセアニア 航空券情報


パプアニューギニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■パプアニューギニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ポートモレスビー特派員

    ポートモレスビー特派員
    ユーカベリー
    鹿児島県出身、慶應義塾大学卒。結婚を機に2017年10月からポートモレスビー移住。最後の秘境として知られるパプアニューギニア・ポートモレスビーの観光スポットやライフスタイルについて、生の情報をお届けします。パプアニューギニアの魅力を伝えることが出来たら嬉しいです!海外旅行、不動産、音楽・アート、石鹸作り、猫が好きです。
    Instagram : yukaberrypng
    Facebook page : ユーカベリー
    Twitter : @yukaberrypng
    公式ブログ :「ベリーは思う」 DISQUS ID @disqus_72p7eKfYjH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集