海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ポートランド特派員ブログ

アメリカ/ポートランド特派員ブログ 東リカ

アメリカ・ポートランド特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


『地球の歩き方』読者のみなさま、明けましておめでとうございます。ポートランド在住の東リカです。今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、2020年。ポートランドを訪れるビール好きの方にすごーくお薦めの宿をご紹介します。

DSC02616.jpg

その名も「ブルーマスターズ・コテージ(Brewmaster's Cottage)」。ブルーマスターとは、ビールの味を含むビール製造の責任者のこと。このコテージはその名の通り、ブルーマスターご夫妻の経営する宿(タイニーハウス)なのです。

DSC02585.jpg

内装は全て妻のテリーさんが担当。彼女は、全米最大のクラフトビールイベント「グレートアメリカンビールフェスティバル」をはじめ、数々の受賞歴をもつとても有名なブルーマスターです。醸造業界の女性を支援する組織「ピンクブーツソサエティ(Pink Boots Society)」の創設者でもあります。コテージ内には、彼女の手によるビール関連アイテムがあちこちに並んでいます。

DSC02595.jpg

ご夫妻の敷地内にあるこのコテージは、独立した2階建てのスモールハウスで、プライバシーも安全も手に入ります。場所は、最近注目のセントジョーンズ地区。ダウンタウンからは少し離れていますが、ここを拠点に街を回れるように、2台の自転車も貸し出してくれます。

DSC02604.jpg

コテージの広さは、約74平方メートル(800sq feet)。アメリカの家としては小さく車椅子だとちょっと厳しいですが、快適に過ごす工夫が満載で、4人家族や2組のカップルでも申し分のない広さだと思います。

DSC02601.jpg

2階にマスターベッドルーム(キング1台)とお風呂・トイレがあり、1階にもキッチン・リビング・洗濯乾燥機に加えて、ハイドベッド(クイーンサイズ)とシャワー・トイレがあります。また、パチオもあり、長期滞在でも全く問題ないと思います。もちろんネット環境も整っています。

DSC02593.jpg

クラフトビール好きには特にオススメの宿です。1組しか滞在できないので、予約はお早めに!

Brewmaster's Cottage
6625-B N. Amherst Street, Portland, OR 97203
http://brewmasterscottage.com/

2020年1月 3日

『地球の歩き方』読者のみなさま、こんにちは。ポートランド在住の東リカです。
2019年もそろそろ終わりですね。私たちは今年を締めくくるべく、ずっと行きたかった「ダーセル15世(Darcelle XV)」のショーへ行ってまいりました。

IMG_2631.jpg

ダーセル15世は、なんと1930年生まれ。89歳で現役でショーを続ける「ポートランドのレジェンド」と呼ばれる世界最年長のドラァグクイーンです。

Darcelle XV Showplaceがあるのは、ポートランドのオールドタウン、ソサエティホテルの向かい辺りです。観光客も多いので、当日でも事前に予約することをお勧めします。先着順に前の席に案内されるので、ショーの開始の30分前くらいには入場したいところ。

IMG_2636.jpg

中では、ダーセル15世との記念撮影があり、その後、席に着いてお酒やフードを頼みます。お酒は、お土産として持ち帰ることのできる網タイツ&ピンヒールグラス($13)で頼むこともできます。また、撮影したばかりの記念写真をショーのメンバーが売りに来ます。

IMG_2641.jpg

ダーセル15世の冗談は英語が苦手だとちょっと難しいかもしれませんが、それ以外のパートは華やかな踊りなどで、言葉が分からなくても楽しめると思います。
大勢の観客に混ざってステージでチップを渡したいなら、1ドル札をたくさん用意しておくといいかもしれません。

IMG_2654.jpg

会場は、21歳の誕生日を祝う人や州外からの観光客も多く、とても良い雰囲気でした。ポートランドに来たら記念にぜひ足を運んでみてくださいね。

ちなみにかなりの客がショーの後流れたお隣のゲイバー、「ザ・レインボー・ルーム」も楽しいところです。お酒もこちらは美味しいですよ。

Darcelle XV Showplace
208 NW 3rd Ave, Portland, OR 97209
503-222-5338
水曜と木曜 8pmから1回のみ。
金曜と土曜 8pmからと10:30pmからの2回。 0時よりMen of Darcelle XV
カバーチャージ:$20
21歳以上

2019年12月30日

『地球の歩き方』読者のみなさま、こんにちは。ポートランド在住の東リカです。

感謝祭も終わり、もう12月。私が暮らすオレゴン州は、全米最大のクリスマスツリーの生産地のため、生のクリスマスツリーをツリー農場で買ってくる人がたくさんいます。この時期は、屋根にツリーを積んだ車もよく見かけます。

私たちも早速先週末にクリスマスツリーファームへ出かけてきましたので、その様子をご紹介します。

DSC02149.jpg

向かった先は、友人が勧めてくれた「Furrow Farm」。ポートランドから車で30分ほどのヒルスボロにあります。
入り口を入ると、切ったばかりのクリスマスツリーを購入するエリアと、自分で欲しい木を選ぶエリアへと道が別れています。

DSC02146.jpg

せっかくなので、自分たちでピックするエリアへ。大きいものから小ぶりのものまで、たくさんのクリスマスツリーが並んでいます。種類もダグラスファーやノーブルファー、ノードマンファー、グランドファーなど複数あります。

IMG_1366.jpg

農場を歩き回って、これだ! と思うものがあれば、農場で借りるのこぎりでギコギコと切ります。180cmとかのサイズでも意外と簡単に切れちゃうものです。

IMG_1380.jpg

切り取ったクリスマスツリーは、農場の人たちが機械を通して糸を巻いてくれます。また、値段を示すリボンもつけられます。基本は1フット(フィート)$8。ダグラスファーは$6のものもありました。

IMG_1401.jpg

そしてこれを車の屋根にくくりつけ、出口で支払いをします。
朝10時と結構早い時間に行ったのですが、天候が良かったせいか、かなりの人出で支払いは少し渋滞するほどでした。

ヘイライドもあり、クリスマス気分になれるとても楽しい場所です。機会がありましたら、ぜひどうぞ。

Furrow Farms
25877 NW West Union Rd, Hillsboro, OR 97124
(503) 647-5288

2019年12月 4日
2019年11月20日
2019年11月 7日
2019年10月10日
2019年9月13日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ポートランド特派員

    ポートランド特派員
    東リカ
    オレゴン州ポートランド在住のフリーライター。オレゴン大学への交換留学をきっかけに縁ができ、東京、ブラジル3都市での生活を経て、2014年末より家族でポートランドへ移住。 現在はフリーライターとして現地情報を日本メディアに提供している。得意分野は、カルチャー、ライフスタイル、フード&ドリンク、旅行、アートなど。個人ブログ「ポートランド日誌」に取材こぼれ話なども掲載中。ご連絡はブログのお問い合わせフォームからお願いします。
    ブログリンク先:https://rhportland.blogspot.com/ DISQUS ID @disqus_RVm6X35Hh9

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集