海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ポートランド特派員ブログ

アメリカ/ポートランド特派員ブログ 東リカ

アメリカ・ポートランド特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

地球の歩き方読者の皆様、こんにちは。ポートランド在住の東リカです。


オレゴン州には、すてきな「クレーターレイク国立公園」がありますが、お隣のワシントン州には、世界遺産にもなっている「オリンピック国立公園」、シアトル、ポートランドからのアクセスのいい「マウント・レーニア国立公園」、そして「ノース・カスケード国立公園」と3つの国立公園があります。

昨年度のオリンピック国立公園に続き、今年2021年の夏は、マウント・レーニア公園内でキャンプをしたり、ノースカスケード国立公園の湖をボートで探索したりと満喫してきました。

IMG_2769.jpg

今回は、ノースカスケード国立公園内にある美しい湖を紹介します。

ノース・カスケード国立公園は、その名の通りカスケード山脈の北部、アメリカ本土の北西端、カナダとの国境に位置しています。オレゴン、ワシントン州の国立公園の中でも知名度の低いため、これが夏休み中の国立公園?と言いたくなるほど、混雑もなく、ゆっくりと大自然を満喫することができました。

南北に広がる公園なのですが、南部の方は山火事があり、道路のアクセスができなくなっていたので、今回訪問したのは、北部のロスレイクとその南にあるディアブロレイク周辺です。

IMG_2667.jpg

ディアブロレイクは、おそらくこの公園内で最も有名なエメラルドグリーンの美しいダム湖です。今回は日程が合いませんでしたが、湖のそばの「エンバイロメンタル・ラーニング・センター」に宿泊して、カヌーツアーなどに参加することもできます。ダムの橋は、車一台しか通れないので、なかなかスリリングです。

IMG_2763.jpg

ロスレイクはカナダとの国境を超えて北へと23マイルものびる美しい湖です。こちらには湖に浮かぶロッジとカヌーやボートのレンタルを行う「ロスレイクリゾート」があります。

この湖へは徒歩でしかアクセスできないため、かなり静かです。ロスレイクリゾートへは、トレイルヘッド(the Ross Lake/Dam trailhead)に駐車して、1マイルほどトレイルを降りていきます。そして道に出たら右に曲がり、電話ボックスからリゾートに電話をすると、お迎えのモーターボートが来てくれます(ひとり$3)。

IMG_2675.jpg

左に曲がると、ダムの橋を歩いて陸路でリゾートへ到着することもできるそうです。これは、2.5マイルがプラスされます。
トレイルヘッド以前から、携帯がつながらないので、かなり迷ってしまいました。事前に情報を印刷するなどしておいた方が無難です。地図はこちら

IMG_2687.jpg

今回は犬も乗れるということで、モーターボートをレンタルしました。ほかにもカヌー、カヤック、SUPなどのレンタルもしています。ただし、湖はかなり風が強いので、カヌーなどはかなりの確率で転覆するそうです。モーターボートでも、湖を横切るときは、かなり揺れました。風を避けたいなら11時以前の出発がおすすめとのことです。
事前予約は必須です。

湖は本当に人がいなくて不安になるほどです。氷河に囲まれた静けさをぜいたくに独り占め、とも言えます。
湖の周囲にあるキャンプ場のボート付き場には自由に停めることができ、途中でピクニックなども楽しめます。トイレも使えます。

IMG_2698.jpg

湖から見る氷河はもちろん、渓谷や滝も乙なものです。
デビルズクリーク渓谷にかかる吊り橋までは、リゾートからボートで30分程度。Skymo creekの近くには滝があります。私たちは、帰りが向かい風になることもあって、ここまで行って引き返しましたが、まだ湖は半分くらい残っていて、さらに北へ進むこともできます。


ロスレイクリゾートのスタッフはとても親切で、頼りになります。実は、ボート内にミラーレスカメラを忘れてしまったのですが、その晩、メールでカメラ忘れていない?と連絡をくれ、取りに行けないと伝えると、スタッフの方が休日に街へ行った際に(リゾート周辺には郵送できる場所がないため)自宅へと郵送してくれました。なんて親切! 機会があれば、宿泊もしてみたいです。

Ross Lake Resort

・住所: 503 Diablo St., Rockport, WA 98283

・問い合わせ: questions@rosslakeresort.com

・電話番号: 206-486-3751

2021年9月 3日

地球の歩き方読者の皆様、こんにちは。ポートランド在住の東リカです。
パンデミックは収束しそうでしませんが……多くのレストランやバー、テイスティングルームにも訪れられるようになりました。

DSC05752.jpg

ポートランド郊外のワインカントリーの入口、フォレストフローブ(Forest Grove)にある「SakéOne(サケワン)」は、アメリカ初のプレミアム日本酒(特定名称酒)の蔵元です。改装したばかりのすてきなテイスティングルームで本格的な日本酒を味わうことができます。

DSC05820.jpg

サケワンの前身は、1992年に創立された青森県の老舗日本酒酒蔵「桃川」との合弁会社。1997年からは、全米初のアメリカ資本・経営によるプレミアム日本酒の酒造所として、桃川の杜氏の指導を受けて酒造りを開始したそうです。

DSC05774.jpg
  
残念ながら、サケワンが2020年に満を持して完成させた純米大吟醸「薙刀(Naginata)」は、すぐに売り切れてしまい、テイスティングは難しいそうです。けれども、日本から輸入した季節のお酒も含むバラエティ豊かな日本酒をフライトで楽しむことができます。

DSC05864.jpg

また、日本酒を使ったカクテルやおつまみもあります。レモングラス&ココナッツ風味の濁り酒や梨の風味の吟醸酒、梅酒などを楽しめる「スイート」フライトもユニークです。

DSC05834.jpg

ちょっとしたおみやげなら、缶入り日本酒もいいかもしれません。

オレゴンの日本酒が飲みたい方、ぜひ足を延ばしてみてくださいね。

SakéOne

・住所: 820 Elm Street Forest Grove, OR 97116 USA

・電話: +1(503)357-7056


2021年7月31日

地球の歩き方読者の皆様、こんにちは。ポートランド在住の東リカです。
こちらポートランドは、熱波がやってきて40度を超える猛暑となりました。そんな時連れて行ってもらったのが「エイプ・ケイブ(Ape Cave)」と「ルイス・リバー・ローワーフォールズ(Lewis River Waterfalls)」です。

IMG_0801.jpg

「エイブ・ケイブ」は、ワシントン州ギフォード・ピンショー・ナショナル・フォレスト(Gifford Pinchot National Forest)内にある北米で3番目に長い溶岩の洞窟。セント・ヘレンズ山(Mount Saint Helens)の噴火によりできたものです。

下と上に分かれていて、下はトンネルのように広く、段差も少なくて小さな子供でも歩くことができます。所要時間は往復で約1時間。ただし明かりがないので、懐中電灯やヘッドランプは必須です。また、一年を通して5度ほどと涼しいので、暖かい服が必要です。

IMG_0855 (1).jpg

上は、岩を登ったり、なかなかハードらしく、所要時間は2時間ほどだとか。こちらは洞窟を入り口とは違う場所から出て、地上をハイキングして駐車場へ戻る形です。

ポートランドからは、車で2時間弱の距離です。入場制限があるので、あらかじめこちらのRecreation Govサイトから予約が必要です。

「ルイス・リバー・ローワーフォールズ(Lewis River Waterfalls)」はエイプ洞窟からさらに東へ車で1時間ほどの距離にあります。ポートランドから直接行くと2時間強になります。

IMG_0823.jpg

ローワーフォールズへは、駐車場からそれほど歩くことなく、清涼な雪解け水に満ちた美しい滝を見ることができます。滝壺へ行くには、川の中を歩く必要があるので、ウォーターシューズが欲しいところ。水場は涼しく快適です。
水温は低いですが、夏場は泳いだり、フロートで川下りをしたり、滝の上から飛び込む人も少なくありません。
ちなみに携帯の電波は届かず、使えません。

IMG_0829.jpg

他にもルイス・リバー・レクリエーション・エリア(Lewis River Recreation Area)には、アッパーフォール、ミドルフォールがあります。こちらも人気があり、駐車場をこちらのRecreation Govサイトからあらかじめ予約する必要があるそうです。

Ape Cave
https://www.fs.usda.gov/recarea/giffordpinchot/recarea/?recid=40393

Lewis River Waterfalls
https://www.fs.usda.gov/recarea/giffordpinchot/recarea/?recid=31580


2021年6月30日
2021年6月 3日
2021年4月15日
2021年2月 4日
2021年1月 1日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ポートランド特派員

    ポートランド特派員
    東リカ
    オレゴン州ポートランド在住のフリーライター。オレゴン大学への交換留学をきっかけに縁ができ、東京、ブラジル3都市での生活を経て、2014年末より家族でポートランドへ移住。 現在はフリーライターとして現地情報を日本メディアに提供している。得意分野は、カルチャー、ライフスタイル、フード&ドリンク、旅行、アートなど。個人ブログ「ポートランド日誌」に取材こぼれ話なども掲載中。ご連絡はブログのお問い合わせフォームからお願いします。
    ブログリンク先:https://rhportland.blogspot.com/ DISQUS ID @disqus_RVm6X35Hh9

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集