海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ポートランド特派員ブログ > 両替、お会計、チップ 気になるお金のはなし

アメリカ/ポートランド特派員ブログ 新開 純子

アメリカ・ポートランド特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月10日

両替、お会計、チップ 気になるお金のはなし


メール プリント もっと見る

両替、お会計、チップ 気になるお金のはなし

ポートランドがあるオレゴン州での通貨は、アメリカドル。
だいたい$1が日本円で100円ちょっとでしょうか(2016年9月現在)


日本人の観光客が多い国では、日本円を取ってくれるところもあるかもしれませんが、、
ポートランドでは日本円は使えません。
そして、海外からの観光客が多い場所ではないので、通貨の両替ができるところも少ないのです。。。

空港の記事にも書きましたが➡こちら
ポートランドの空港ので両替できるところは、1か所しかありません。


街中で両替できる場所は、Wells Fargo(ウェルスファーゴ)という銀行です。
ダウンタウンのパイオニアスクエアの真ん前にあるので便利!

DSCN0998.JPG

この銀行の他の支店でも両替はできるとの事です。
両替するときには、パスポートを忘れずに持って行きましょう。

他にもUS Bankという銀行でも数か所両替ができるところがあるようですが、全支店ではないそうです。


と、こんな感じで、ポートランドでの両替のオプションは少ないのが現状。
日本でドルに替えて持ってきたほうがいいかもしれませんね。


ポートランドに来たら、お買い物や食事で何かしらお金を使うと思います。
キャッシュの場合ドルさえあれば特に心配はないのと思いますが、問題はクレジットカード。


だいたいのお店でVISA,Master,American Expressなどのクレジットカードは受け付けてくれると思いますが、
日本のカード(JCBなど)が使えるところはほとんどないと思います。


スーパーやデパート、モール内などの大きなお店でカードを使う場合は、
ほとんどがこんな感じの機械にカードをスライド、もしくは差し込みます。
(チップがついているカードは下から差し込む)↓

IMG_20160908_194249.jpg

カード機にサインさせられる場合もありますが、サインが必要ないところもあります。


※スーパーで買い物するときに、自分のバッグを持ち込むと、支払い時に
Would you like to keep or donate your bag rebate?とかなんとか聞かれる時があります。
これで、Keepと言ったら、バッグ持ち込み代を何セントか引いてくれ、
Donate(寄付)と言ったら、引かれない金額、買ったそのままの金額になります。


小売店では、Ipadでカードを読み取る場合が最近多いかな。
でも、基本は同じです。


めんどくさいのが、レストランで食事をしたときのカードでの支払い。
私も慣れるまでは冷や汗ものでした。。


レストランで食事をしたら、全部食事が終わってから伝票が来ます。
そして、だいたいが、席にてお会計。

IMG_20160829_131813.jpg


キャッシュで払いたかったら、伝票と共にキャッシュを置いておくだけでOK。
チップも含めてぴったりの額で、お釣りもいらなかったら、そのまま去って大丈夫です。


で、問題はクレジットカード。


カード払いの場合は、まず、伝票にカードを添えて店員さんに渡します。

IMG_20160829_131915.jpg


すると、カードを読み取って、違う伝票を持ってきてくれます。
この時にカードも返してくれますので、忘れずに受け取りましょう。

IMG_20160829_132119.jpg

Tipの所に、チップの額を入れます。
ランチなら15%、ディナーなら20%が相場です。
そして、合計額を記入し、サインをして終了。伝票をテーブルに残し去ってOK。
Customer copyの方の伝票は自分の控えになります。

IMG_20160829_132333.jpg

Tipのところに金額を入れず、食事の金額そのままをカード払いにし、
チップだけ、現金でテーブルに置いてきても大丈夫です。


ごくたまにですが、テーブルではなく、キャッシャーで会計をするレストランがあります。
その場合は日本と同じように伝票をキャッシャーに持って行くのですが、
チップは、キャッシャーの横にあるチップ入れに現金を入れるだけでも大丈夫です。
カード払いの場合は、テーブル会計と同じようにTipの欄にチップの金額を入れてもOK。


レストランではなく、コーヒーショップやファストフードなど、カウンターで注文して支払いもする場合のチップは、
特に気にしなくていいと思います。
レジの横にチップ入れがあったら、チップを入れてもいいし、入れなくても大丈夫です。

他にチップが必要になる場面は、タクシー、美容院やネイルサロンなど。
こちらには請求額の15~20%のチップが相場です。

ホテルで荷物を運んでもらったり、車を駐車してもらった場合は、$1~2程度のチップを渡しましょう。


Wells Fargo Bank
635 SW 6th Ave. (SW 6th & Morrison)
月~金 9:00am-6:00pm
土  10:00am-2:00pm


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2016年9月10日
« 前の記事「リンカーンシティ Day3 ポートランドに戻ります」へ
»次の記事「スーパーで買えるスーパーフード トレーダージョー編」 へ
おすすめ記事
    ポートランド特派員 新着記事
    いろんなお店が並ぶNW 23rd ノブヒル・エリア②
    いろんなお店が並ぶNW 23rd ノブヒル・エリア①
    秋真っ盛りのポートランド
    メルボルンから来たおしゃれなカフェ
    ポートランドもハロウィンモード
    ポートランドはアメリカ屈指の住みやすさ!
    9月にだけNWポートランドで見ることができる自然現象
    夏の終わりの無料コンサート

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ポートランド特派員

      ポートランド特派員
      新開 純子
      若かりし頃は、ダンサーとして日本全国、そしてアメリカのステージ等に出演。ダンス引退後はオレゴン州ポートランドに留学。一旦日本に戻り2011年に再び渡米、現在はポートランドでライターとして地元の日本語雑誌に寄稿するほか、ヨガも教えています。自然いっぱいのオレゴン州と、一風変わった街ポートランドの魅力をお伝えしていきます。 DISQUS ID @disqus_XUSWaKCq1y

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集