海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ポルトアレグレ特派員ブログ > Bento Gonçalvesの旅①Maria f...

ブラジル/ポルトアレグレ特派員ブログ Yumi

ブラジル・ポルトアレグレ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月24日

Bento Gonçalvesの旅①Maria fumaça、Espopeia Italiana


Bento Gonçalvesの旅①Maria fumaça、Espopeia Italiana

Buongiorno!

ついついイタリア語で話してしまうくらい、イタリアを感じられる街、Bento Gonçalves(ベント・ゴンザルベス)という街へ行ってきました。

私たちが住む街から車で2時間、ポルト・アレグレからも1時半ほどで行くことが出来ます。
(ポルト・アレグレからレンタカーで来られる方も多いそうです。)


ベント・ゴンザルベス、そして隣街であるカシアス・ド・スルはイタリア人が移住してきた街で、葡萄栽培とワイン造りが非常に盛んです。
私たちが行ったVale dos vinhedosにも20以上ものwineryがあるそうです。

高品質のワインを作るには標高、地形が重要だそうで、ここベント・ゴンザルベスは標高690mと、山と谷に傾斜を上手く利用してできたワイン街なのです。

このベント・ゴンザルベス街を今回訪れた目的は


①Maria fumaça(蒸気機関車)


②Hotel Villa Michelon


③Casa valduga


④Itarian restaurant

こちらの4つでした。


今月はベント・ゴンザルベス特集と勝手に名付けて4回に渡って紹介させて頂きたいと思います。


今回は1番目のMaria fumaça。
このMaria fumaçaは1970年代まではワイン生産や製品を運搬するためCarlos Barbosa、Garibaldi、Bento Gonçalves間を走っていたようですが、現在はGiordani Turismoという会社が管理し、ツアーなども企画しています。

現在は水曜日と土曜日だけツアーが開催されているようなので、行かれる方はHPをチェック、予約してから行くことをお勧めします。
こちらから予約出来ます。

https://www.giordaniturismo.com.br/mariafumaca/

私たちが選んだコースは、EPOPEIA ITALIANAを1時間回り、Carlos Barbosa駅までbusで向かい、帰りにMaria fumaçaに乗ってBento Gonçalvesへ戻るというプランでした。
ちなみにお値段は1人114RSでした。
(最近のレートでいうと約3300円くらい)


ESPOPEIA ITALIANAとはカルチャーパークで、そこではイタリア移民がどのようにしてBento Gonçalvesに来たかをショーを通して体験出来ます。


0BB058F1-4D04-4C72-8734-1141EEE1A15F.png

エンターテイナーのツアーガイドが付き、ポルトガル語で説明してくれます。
ポルトガル語が分からなくても、意外と理解できました。。笑


ツアーは約1時間。
中は屋根付き、空調ありなので季節問わずに体験出来ます。
2歳の娘も楽しんでいましたし、私たち夫婦もツアー参加することで街を知れたので良かったです。
ちなみにツアー終盤ではジュース、ワインも試飲させて頂きました。
出口にSHOPがあり、ワインや、ジュース、ジャム、Maria fumaçaの模型、葡萄のコスメなどを購入することが出来ます。


ツアーの後はいよいよMaria fumaçaへ。
駅の近くのバスターミナルにて集合、チケットを確認しバスでCarlos Barbosa駅へ。
(約25分くらい)


56171879-21A6-45AE-A0EA-F730B38A78F6.png

駅に着くと、ホームで歌を歌ってくれていました。
さすが、ブラジル!!
待っている間も楽しませてくれました。
お客さんも踊ったり、歌ったりととてもテンションが上がってきます。

日本でもなかなか蒸気機関車は見られないので、私たち夫婦も大興奮!


EC1646BE-B11D-4347-800A-826F53A681F9.jpeg

電車乗車時にチケットを確認し、いざ車内へ。
2人掛けの座席で、シンプルな作りでした。
お天気もよく、電車からの眺めも最高です!
086E7B0E-0487-47C8-9939-D56AD3747183.jpeg


天井を見上げると、ワイングラスをかけるフックがありました。
乗車時に頂いたMaria fumaçaのマークがついたプラスチックコップをそちらにかけることができます。


024E7096-54BE-4225-A574-61F8200722B3.jpeg

途中のGaribaldi駅で一時停車すると、そこにさ駅員さん自らシャンパン、赤ワイン、ブドウジュースをサーブしてくれます。
駅のホームではアコーディオンの演奏で乗客を迎えてくれ、何とも良い雰囲気。


お天気も良く、風が気持ち良い気温の中でのワインは最高でした。
娘も大好きな葡萄ジュースを飲んでご満悦。


もう一度車内へ戻り、最終駅Bento Gonçalvesへ。
車内では人が入れ替わりして、ガウーショmusicや、イタリアの音楽を演奏してくれます。
乗客もダンスをしたり、手を叩いたり、歌ったりと大盛況。
もう車内がライブ会場のように盛り上がっていました。


なかなかこういう体験が出来ないので、すごく楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ブラジル南部でこんな素敵な経験が出来るとは!とびっくりしました。

是非機会がありましたら、Maria fumaçaに乗車してみてください。

では今回はこのへんで。
Ate mais!
Tchau!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年2月24日
« 前の記事「スーパー事情について」へ
»次の記事「Bento Gonçalvesの旅②Hotel Villa Michelon」 へ
ポルトアレグレ特派員 新着記事
【急募!】ポルトアレグレ特派員を募集しております!
最後のご挨拶。ブラジル生活を振り返って
Traje típico alemão
デング熱対策
Festa das Cucas
Moinhos shopping
Barra Shopping Sul
コパ・アメリカ2019 ホテルと治安について

ブラジル ツアー最安値


2021/3/31更新

ブラジル 航空券情報


ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ポルトアレグレ特派員

    ポルトアレグレ特派員
    Yumi
    2018年4月主人の転勤によりブラジル駐在。結婚前までは証券会社、地方銀行で勤務し、現在夫と今年2歳になる娘と3人暮らし。高校から社会人まで約10年間チアリーディング部に所属し、ワクワク&楽しいことを探すことが大好き。日本でも年に1~2回は沖縄に行くほど海が好きで、ダイビングライセンスも取得。週2のポルトガル語、週2英語、週1ヨガと子育てにも奮闘中★ DISQUS ID @disqus_u9T0Ou9gda

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集