海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > チェコ/プラハ特派員ブログ

チェコ/プラハ特派員ブログ P.B.S creation

チェコ・プラハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



みなさんこんにちは。
プラハは曇り続き、ちらほら雨も降ったりと不安定な気候です。
観光に来られる際は羽織れる上着も持って来られると良いでしょう。

今回は、今日本で爆発的な人気を誇るタピオカをメインとしたティーショップ、通称"タピ屋"トップ3(注 : 私見)を一気にご紹介いたします。プラハではどのティーショップも日本のように待たされることがなく、大変スムーズに購入することが出来ます。
「長時間待つのは嫌だけど、タピオカ実は飲んでみたかった...」「どうしよう、プラハでもタピオカ飲みたくなっちゃった...」という方々、必見!

※なお、私が個人的にミルクティーが最も好きなため、今回は全てタピオカミルクティーでの比較です。


● Chatime (チャタイム)

タピ1.jpg

日本でも言わずと知れた台湾発祥の定番タピオカティー、Chatimeがなんとプラハ郊外にも進出していました!世界で愛される大手ティーショップです。

当ブログでも何度かご紹介したベトナムマーケット"sapa"の敷地内にあります。中心街からはアクセスに少々時間を要しますが、味は流石のChatimeクオリティ。タピオカもしっかり硬めです。

タピ2.jpg

私も大好きなChatime、ついラージサイズにしてしまいました。甘さは0〜120、氷は0〜数段階、いずれも無料で選ぶことができます。120は日本でも見たことがなかったので注文したのですが、本当に甘いです。甘党の方でも80くらいで満足出来るかと思います。

こちらではPearl(タピオカ)ではなくRed beans(小豆)が主流なのか、看板の写真にこのブラックパールミルクティーはありませんでしたが、文字版のメニューにはちゃんと載っています。これを機にRed beansに挑戦してみても良いかもしれません。

イートインスペースはないので、タピオカ片手にマーケット内を散策するのがオススメです。ただしマーケット内でもお店によっては飲み物持ち込みNGの所もあるので、店頭の表示にご注意ください。


● royaltea皇茶 (ロイヤルティー)

タピ3.jpg

次にご紹介するのが、こちらも世界各地で人気を誇るroyaltea。台湾・南投県とインド・セイロン島から厳選された茶葉を使用しているそうで、ミルクティーも納得の美味しさでした。

今回注文したミディアムサイズは99Kc(約495円)。訪れたティーショップの中では最も良心的な価格でした。タピオカはこちらも硬め、プラハでは硬めタピオカが主流なのでしょうか。

タピ4.jpg

あれ、どこかで...?なパッケージ。同行した友人のパッケージには、◯ッキーの被り物をしたキ◯ィちゃんのようなキャラクターが印刷されていました。パッケージの怪しさはともかく、味よし、硬さよし、アクセスよしの3拍子揃ったティーショップなのでオススメです。今回はご紹介しませんでしたが、こちらではチーズを使ったお茶もメインで売り出しているので、ぜひそちらもお試しください。

旧市街広場から徒歩1分のバス停・Staromestske namestiから194番のバスに乗り、2駅先のHradebniから徒歩1分で行けます。数席イートインスペースがあるので、観光に疲れた際一息つかれてはいかがでしょうか。


● COMEBUY (カムバイ)

タピ5.jpg

最後にご紹介するお店は、今夏日本に上陸が決定している人気ティーショップCOMEBUYです。ヨーロッパではチェコとドイツのみのチェーン展開で、チェコ国内では唯一プラハに出店しています。中心街からは徒歩10分少々。トラムを使ってどこか観光しているのであれば、最寄りJindrisskaから徒歩1分と、いずれもアクセスは良好です。

タピ6.jpg

店内は今回ご紹介した3店舗の中で最も広く、イートインスペースが広々展開されています。人の出入りも日本ほど異常に多くはないので、ゆっくり過ごすことが出来ました。

肝心のタピオカミルクティーは、chatime同様甘さ0〜100、氷の量も数段階調節することが出来ます。こちらもいずれも無料です。タピオカは例に漏れず硬めで、ホワイトタピオカとブラックタピオカのミックスで提供されるのが最大の特徴。各タピオカの違った甘味を同時に堪能できる機会はそう多くないのでオススメです。

タピ7.jpg


以上、タピオカ名店inプラハ(私見)のご紹介でした!

タピオカブームは日本だけでなく世界中で起こっており、プラハにもこれからもっとティーショップが増えるかもしれません。
日本には未進出のティーショップも海外にはたくさんあるので、旅行の際にはそちらも行かれてみてはいかがでしょうか。
プラハでも素敵なタピオカライフをお楽しみください。


【Chatime】
営業時間 : (月)〜(日) 10:00〜18:00
Facebook : https://www.facebook.com/chatimepraha/
Instagram : https://www.instagram.com/chatime.prague/?hl=ja
TEL : +420 770 668 678
住所 : Libusska 319, Pisnice, Praha-Libus, 14200

【royaltea皇茶】
営業時間 : (月)〜(土) 11:00〜22:00、(日) 14:00〜22:00
HP : https://www.royaltea.cz
Facebook : https://www.facebook.com/royalteapraha/
Instagram : https://www.instagram.com/royalteapraha/
TEL : +420 725 567 895
住所 : Dlouha 39, Praha 1, 11100

【COMEBUY】
営業時間 : (月)〜(日) 11:00〜21:00
HP : https://www.comebuy2002.com.tw/home.php
Facebook : https://www.facebook.com/comebuycz/
Instagram : https://www.instagram.com/comebuy_cz/
TEL : +420 773 955 667
住所 : Jindriiska 19, Nove Mesto, Praha, 11000



2019年7月16日


みなさんこんにちは!
プラハは先日最高気温38度を記録しました。
7月を迎え、いよいよ夏本番です。

今回はそんなプラハを少し離れ、大型バスに揺られ2時間、
温泉リゾートで知られる”Karlovy Vary (カルロヴィ・ヴァリ)”にやって来ました。
往復チケットはドイツのバス会社”FlixBus (フリックスバス)”で€12(約1500円)ほどで購入できます。
無料Wi-FiやUSB電源もついており、とても快適だったのでおすすめです!

カルロヴィヴァリ1.jpg

この日のカルロヴィ・ヴァリはお天気にも恵まれ、街の建物は一層色鮮やかに見えました。

今回の一番の目的は「第54回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭」。
日本の映画「斬(ざん)」がノミネートしているとのことだったので、
80Kčの鑑賞チケット(約400円)を1週間前から予約し、観てきました。

カルロヴィヴァリ2.jpg

レッドカーペット周辺は、お土産もの屋さんやビールの販売所で賑わっていました。

カルロヴィヴァリ3.jpg

会場のそばに出ていた「斬」の大きな広告。
上映会場のメインホールは満員、大盛況でした。

上映後は、次の目的地”Grandhotel Pupp (グランドホテルパップ)”方面へ歩きます。

カルロヴィヴァリ4.jpg

パップの手前で素敵な路地を見つけたので、寄り道してみると
奥に山へのロープウェイ乗り場がありました。(写真奥の小さな建物)
90Kč(約450円)で往復チケットが買えるそうで、早速乗ってみました。

頂上には屋外レストランや展望台があり、まずは腹ごしらえをすることに。

カルロヴィヴァリ5.jpg

豊富なメニューの中から、チキンステーキとポテトダンプリングをチョイス。
200gの肉でお腹がふくれたところで、運動がてら展望台を登ります。
(エレベーターもあるのでご安心下さい)

カルロヴィヴァリ6.jpg

展望台からは街全体が一望できます。
街の中にいると、あまりの賑わいから大都会に感じますが、
ここからはカルロヴィ・ヴァリが山中に位置していることがよく分かります。

美しい景色に心癒されたところで、ロープウェイで下山し
いよいよグランドホテル パップへ。

カルロヴィヴァリ7.jpg

パップは映画監督ウェスアンダーソンの代表作『グランド・ブダペスト・ホテル』の
モデルであり、大ヒット映画『007』シリーズの撮影が行われたこともある
映画ファンにはたまらない観光スポットです!

1701年創立の大変歴史あるホテルでもあり、かつてバッハやワーグナーなど
著名な音楽家たちが宿泊したこともあるそう。

今回は映画祭で厳戒態勢が敷かれており中に入ることはできませんでしたが、
カルロヴィ・ヴァリでの宿泊をお考えの際には是非検討してみて下さい。

カルロヴィヴァリ8.jpg

チェコにお越しの際は、おもちゃのように可愛い街 カルロヴィ・ヴァリに
足を運んでみてはいかがでしょうか?


【Karlovy Vary インフォメーションセンター】
ウェブサイト: https://www.karlovyvary.cz/en
Facebook : https://www.karlovyvary.cz/en
TEL : +420 355 321 171
営業時間 : 9:00〜17:00 無休 (12:00〜12:30は昼休憩)

【FlixBus】
ウェブサイト : https://global.flixbus.com
Facebook : https://www.facebook.com/FlixBusCZ/?brand_redir=100120946987031
ウェブサイトの”HELP”から問い合わせ可能
Visa、mastercardほか支払い方法多種

【Karlovy Vary International Film Festival】
ウェブサイト : https://www.kviff.com/en/homepage
Facebook : https://www.facebook.com/KVIFF
メールアドレス : festival@kviff.com
TEL : +420 221 411 011
住所 : Panska 1 Praha 1 11100

【Grandhotel Pupp】
ウェブサイト : https://www.pupp.cz
Facebook : https://www.facebook.com/PuppKV/
予約用メールアドレス : rezervace@pupp.cz
予約用TEL : +420 353 109 631
住所 : Mirove namesti 2 Karlovy Vary 36001


2019年7月 2日


みなさんこんにちは!
プラハは連日猛暑が続いており、ビールが美味しい季節を迎えました。
やっぱりチェコに来たらビール、と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし今回紹介するのは、
ビールに勝るとも劣らないヨーロッパの魔酒、アブサンです。

今回は旧市街広場から徒歩3分、旧市街の賑わいの中佇む
“Green Devil’s Absinth Bar & Shop”にお邪魔しました。
2007年に出来たプラハ初のアブサン専門店です。

アブサン1.jpg

Devilというだけあって入るのに少し勇気がいる外観ですが、
入り口の店員さんが優しく声をかけて下さいました。

アブサン2.jpg

入り口脇にはゴッホが。
海外ではゴッホやロートレックらに愛され、太宰治の『人間失格』にも登場するなど、
数々の芸術家らを魅了したお酒であることを示しているようです。

親しみやすい店員さんに案内され、中へ入ります。

アブサン3.jpg

店内も独特な雰囲気で、店員さん曰く
「似たり寄ったりな高級感を出さず、オリジナリティで勝負したい」
というポリシーがあるそうです。

アブサン4.jpg

階段を下って地下へ。
描かれている”緑の妖精”は、アブサンの別名でも知られています。
地下のお部屋は約800年前に出来たものらしく、壁面から歴史を感じることができます。

1杯ずつサービスして下さるとのことで、私たちも頂きました。

アブサン5.jpg

最もポピュラーな飲み方は、穴がいくつも空けられた”アブサンスプーン”を使います。
アブサンを入れたグラスの上にスプーンを掛け、その上に置いた角砂糖に
水を1滴ずつ注いでいきます。

グラスの中がゆっくり濁っていくさまがとても綺麗でした。

アブサン6.jpg

手前の白が度数30数%、奥の薄緑が約70%のもの。
どちらも自然な甘みで飲みやすかったです。
女性やアルコールに弱い方にも勧められるお酒です。

店員さんのオススメは、原液をゆっくり舐めるように飲むこと。
アブサン本来の味を楽しみたい方は、是非チャレンジしてみて下さい!

このお店ではこうした良質なアブサンを揃えており、
中には家族経営で生産されている、数少ない貴重なものも置いているそう。

ビール派だった私ですが、これから晩酌が楽しみになりそうです。

アブサン7.jpg

日本ではあまり馴染みのないアブサンですが、
是非日本の人々にも試してほしい!とのことでした。
プラハにお越しの際は、アブサンに気軽にトライしてみてはいかがでしょうか♪

Green Devil’s Absinth Bar & Shopさん、ありがとうございました!

アブサン8.jpg



【Green Devil’s Absinth Bar & Shop】
ウェブサイト: http://www.greendevils.cz
Facebook : https://www.facebook.com/greendevilsabsinth/
住所 : Týn 637/7 Praha1 11000
TEL : +420 728 326 344
営業時間 : 12:00〜25:00 無休


2019年6月26日
2019年6月20日
2019年6月10日
2019年6月 4日
2019年5月28日
⇒すべての記事を見る

チェコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■チェコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • プラハ特派員

    プラハ特派員
    P.B.S creation
    Facebook
    主にヨーロッパ(チェコ、中欧)を中心に通訳やコーディネイト、その他クリエイティブな事をお手伝いさせていただいております。
    上記以外の様々なサポートも承っておりますので何か気になることがありましたら、お気軽にこちらへご連絡ください。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集