海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 文化財公開日 2 ホテル・マキシミリアン

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月11日

文化財公開日 2 ホテル・マキシミリアン


メール プリント もっと見る

文化財公開日 2 ホテル・マキシミリアン

文化財公開日、私にとっての二つ目のガイドツアーは、19世紀最後の豪華ホテルと言われるマクシミリアンホテルです。

IMG_2878.JPG

このホテルは、レーゲンスブルクの主要駅からすぐにあります。目の前を通るのがマクシミリアン通り。
近代的に作られたのですが、極端に近代的すぎて、レーゲンスブルクの景観に合わないというのが正直なところです。

IMG_2877.JPG


南側から見るとこんな感じです。ギリシアの建築を参考にした部分も見られます。色々な様式が混じっているのが、この時代の歴史主義建築の特徴なのだそうです。これは、19世紀から20世紀はじめごろの時期に、西洋の過去の建築様式を復古的に用いて設計された建築のことを言うのだそうです。

IMG_2842.JPG

仕事で、何度かロビーに入ったこともあるし、宮本輝さんのドナウの旅人や、池田理代子さんのオルフェウスの窓でもこのホテルは登場するので、少しは調べて知ってはいたのですが、やはり芸術史家の説明を聞くと面白い。


19世紀にこのホテルが建てられた時代背景から説明は始まります。
馬に引かせた馬車がタクシーのように出回っている時代。
レーゲンスブルクが宗教的にもミックスした環境で、ヨーロッパ全体的には貧しいけれども、ここにはお金持ちの人、特にお金持ちのプロテスタントの人がたくさん住んでいたこと。
何かあるごとに大げさにお祝いとしてパーティーを開催することが頻繁にあった、などなど。


そんな中建てられたこのホテルも、ホテルとしての経営は最初からうまく行ったわけではなく、最初の数年で次々と5人もの所有者の手に渡って行ったこと、集客のために、オムニバスの停留所をホテルの前に設置させたこと、アメリカ軍が戦争中にここを拠点とした関係で、ホテル経営が中断され、古い書物が全て放棄されてしまったことなど、興味深い話を聞きました。


内部はこんな感じです。まず、朝食のビュッフェを食べる部屋。

IMG_2844.JPG


こちらは、もっと大きな広間です。

IMG_2857.JPG


客室に行く通路はこんな感じ。

IMG_2871.JPG


有名人もたくさん泊まっているようですが、階段の壁にたくさん写真や署名、コメントが掲げられていました。

IMG_2872.JPG

IMG_2873.JPG

ちなみに、この建物は、南バイエルンで一番最初に文化財に指定された建物なのだとか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年9月11日
« 前の記事「文化財公開日 1 商人の家、ルンティンガー・ハウス」へ
»次の記事「文化財公開日 3 グラーヴェンロイター・ハウス」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    アルトエグロフスハイム城
    クッヘルバウアーの塔と芸術の家
    レーゲンスブルクのカバン屋さん その1
    ドナウ川増水
    大型二輪車専門店
    イタリア食材店
    オストドイチェ・ギャラリー(美術館)とその周辺
    大晦日から年末年始へ

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集