海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > 文化財公開日 3 グラーヴェンロイター・ハウス

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月11日

文化財公開日 3 グラーヴェンロイター・ハウス


文化財公開日 3 グラーヴェンロイター・ハウス

実は、この家の名前は知りませんでした。大学の客員教授の住居とレストラン、独日協会の映画の夕べなどで使う家なので、何度も来たことはあります。10年くらい前には、ここに住んでいた日本人の奥さんを訪ねたこともあり、歴史的な家、文化財の家に住む贅沢さを羨ましく思ったことも。


IMG_2963.JPG

レーゲンスブルクには、富豪商人と呼ばれる、貿易でお金を儲けた人達が高い塔をたくさん造っており、それが街の特徴の一つとも言えます。
この家にも、見えないところに2つの塔がありました。塔を造るには、色々な制約があったそうで、この家の持ち主には、実はその資格がなかった。でも、工夫して、道から見えない中庭に、二つの塔を造ったのです。実際、この建物は昔は二つの家に別れていたのだそうで、それであちらとこちらに塔があるのです。


確かに、大切な建物に掲げてある掲示板にも書かれています。中庭に二つの塔があると。

IMG_2960.JPG

ここの説明書きにありますが、13世紀に作られた初期ゴシックの造りだそうです。


IMG_2912.JPG

中庭にも何度も来たことあるのに気付かなかった二つの塔。


ちなみに中庭は、上から見るとこんな感じです。

IMG_2944.JPG

ハウスチャペルと言われる個人的に使われていた礼拝堂もそれぞれにありました。この5股に別れたゴシックの天井は珍しいものだそうです。

IMG_2914.JPG


そして、こちらはレストランの入ってすぐの場所。

IMG_2906.JPG

レストランは、とっても雰囲気がありますね。経営が変わったのか、3年くらい前からお店の名前も変わっています。店名は、Amore, Vino & Amici 。愛とワインと友情と!とでもいう意味でしょうか。イタリア語です。


地下もとても興味深いものであったけど、一番良かったのは、住居部分です。15世紀のオリジナルの木の扉や、ドアの桟など、とっても価値のあるものがたくさん。

IMG_2934.JPG

IMG_2948.JPG

この上の写真を見た限り、大したことなさそうですが、ドアの上の部分(桟)に1621年の日付が刻まれていました。他の見学者が見つけたおかげで、私もじっくり観察できました。


そして、こちらの木の彫刻はすごい。一部欠けてはいますが、こんなに贅沢な造り。本物のお金持ちの成せる技ですね。

IMG_2949.JPG


神聖ローマ帝国の象徴の鳥である、双頭の鷲がこんなところにも。

IMG_2952.JPG

IMG_2958.JPG


教授用の住宅の一室からのぞいたら、こんな素敵な風景。見えている時計台は、旧市庁舎のものです。

IMG_2931.JPG


実は、大したことないと思っていた家でしたが、見学希望者がたくさんすぎて、ものすごい待ち時間でした。
そして、実際に行って見たら、この写真では伝えられないくらい素晴らしいものがたくさん見学できました。
普段公開されているわけではありませんが、こんな家が旧市街のあちこちにあるのだと思うと、やはりレーゲンスブルクのすごさを改めて感じさせられます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年9月11日
« 前の記事「文化財公開日 2 ホテル・マキシミリアン」へ
»次の記事「新学期が始まりました(ギムナジウムの入学式)」 へ
レーゲンスブルク特派員 新着記事
おいしいハンバーガーを食べたい方へ。バーガー・ハート
イタリア⑧、番外編 泊まった宿と町並み
イタリア⑦、写真もたくさん、ヨーロッパの高速道路(ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア比較)
文化財公開日 ワインの産地のヴィンツァー(地区)についての一般的なお話
イタリア⑥、おみやげに何を買う?
イタリア⑤、村祭りとちょうど日程が重なって
【わが家の養鶏】弱虫のヒヨコが立派な雄鶏になり、巣立っていきました。
ポーランド食器ブンツラウ陶器を安く購入できるお店 、ブンダートューテ(Wundertüte、福袋)

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集