海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > シュタットアムホーフのバスターミナル

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月17日

シュタットアムホーフのバスターミナル


シュタットアムホーフのバスターミナル

今日は、どちらかというと添乗員さん向けの記事になりそうです。
いやあ、添乗員付きのツアーに参加される団体旅行客の方にも、事前勉強にいいのかもしれません。


大概の団体旅行客は、レーゲンスブルクの北の端にある、シュタットアムホーフのバスターミナルでバスを降り、歩いて石橋を渡り、旧市街に向かいます。今日は、その入り口となるバスターミナル周辺の紹介です。


IMG_3093.JPG


目印となるのは、この蒸気機関車。運河沿いにある道路、バスが6台ほど一時停車できるスペースがあり、機関車の奥に無料のお手洗いがあります。そのほぼ向かいに伸びる道をまっすぐ行くと、旧市街に出てきます。


一体この機関車は何者でしょう?


「ヴァルハラ・バーン」と呼ばれるこの蒸気機関車は、1889年から1968年まで、ここシュタットアムホーフから、東に向かって23,48kmに渡って運行していたものです。ここから10kmほど離れたところにある、ヴァルハラ神殿を目掛け、その後もずっとヴォアード(Woerd an der Donau)まで伸びる路線がありました。ここにあるこの機関車は、1908年に製造され、1960年まで運行していたもので、技術的重要文化財に指定されているものです。最高速度が、時速25km、後の時代には35km。100馬力。
ルートヴィッヒ1世が造らせたヴァルハラ神殿は、当初そこに行くための交通手段が乏しく、訪問客が非常に少なかったのだそうですが、このヴァルハラ・バーンに救われたようです。


この蒸気機関車はスピードが出ないので、乗客が途中で降りてはキノコを採取し、また機関車に乗り込んだ、とも言われています。


この機関車の向かいは、こんな感じです。

IMG_3085.JPG


ここを入って行くと旧市街にたどり着きます。もしあなたが、初めてこの街にいらっしゃる添乗員さんで、運悪く現地ガイドなしでこの街にたどり着いたのなら、こちらに向かってください。


ちなみに、バスターミナルには、お花が飾られています。今年はベゴニアとゼラニウム。

IMG_3088.JPG

IMG_3089.JPG


バスが西からここに入ってくるか、東からここに入ってくるか、またはシュタットアムホーフのメインストリート(まさに、これから歩いて行く方向から)から来るかは、その時によって異なりますが、遠目に見ると、こんな感じです。(西側から見たところです)

IMG_3087.JPG


おまけに大聖堂の写真を一枚。黄金に輝く大聖堂。撮影時間は、18時頃。10月いっぱいは、大聖堂の内部見学は、18時までです。

IMG_3097.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2017年10月17日
« 前の記事「秋晴れ続き」へ
»次の記事「三位一体教会」 へ
おすすめ記事
レーゲンスブルク特派員 新着記事
バイエルン州歴史博物館のオープンは、2019年6月5日!
レーゲンスブルク大学構内にあるイタリアン、Das Unikat
レーゲンスブルク大学にあるコンサート会場、アウディマックス
レーゲンスブルクの劇場
世界遺産都市、レーゲンスブルクは美しい!【オススメの写真撮影スポット】
もし、土曜日の午前中、レーゲンスブルクの旧市街にいるなら、是非ドナウ市場に行こう!
大聖堂の側にあるカフェの一つ、La Chapelle
道路が凍結しています

ドイツ ツアー最安値


2019/2/21更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レーゲンスブルク特派員

    レーゲンスブルク特派員
    吉村 美佳
    鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集